20代・30代女性が薄毛となる原因と4つの対策方法

自毛植毛や発毛剤など、女性が薄毛治療を受けることも増えてきました。

一般的に髪の本数は加齢とともに減少していきますが、人によっては20代・30代から薄毛の症状が進行することもあります。
しかし、髪の成長を妨げる行動や習慣を見直し、髪の成長を促すケアを行うことで、薄毛を予防したり薄毛の進行を抑えたりする効果が期待できます。

そこでこの記事では、20代・30代の若い女性の方に向けた、薄毛が進行する原因や対策方法をご紹介します。
現在薄毛にお悩みの方や、薄毛治療を考えている方はぜひご参考下さい。

20代・30代女性の薄毛の原因とは

薄毛が進行するようになるのは、必ずしも歳をとってからとは限りません。
20代・30代の若い女性であっても、薄毛に悩んでいる方や、薄毛治療を行っている方は決して少なくありません。

20代前後の女性であっても薄毛になる、代表的な原因を3つご紹介します。

原因①強いストレス

精神的に強いストレスを感じることは、薄毛を悪化させる大きな原因となっています。

人間は強いストレスを感じることで、自律神経やホルモンバランスが乱れてしまいます。
その結果、髪の毛を育てる頭皮に十分な栄養や酸素が行き届かなくなり、髪が正常に育たず髪の毛が抜け落ちるようになります。

また、ストレスにより食欲不振・暴飲暴食の状態になってしまうと、髪の発育を妨げるだけではなく、内臓機能を低下させてしまう可能性があります。
内臓機能が低下してしまうと、血行不良や肌荒れを起こしてしまい、髪にとっては良くない環境になってしまうので注意しておく必要があります。

原因②ヘアカラーなどのダメージ

ヘアカラーを何度も行うことで、薄毛の症状が進行する場合があります。

実はヘアカラーの際に使うヘアカラー剤には、刺激が強い成分が多量に含まれています。
このヘアカラー剤は髪につく分には特に問題ないのですが、頭皮に付着することで頭皮を強く刺激します。

その結果、毛穴の炎症を起こしたり、毛穴を塞いでしまったりすることで正常な発毛を妨げてしまいます。
特に皮膚が弱い人の場合だと、強い痛みやかゆみ、かぶれなどの症状があらわれることもあるので注意が必要です。

また、ヘアカラーをした直後に薄毛が進行することが無くても、数年後にいきなり抜け毛が多くなったといった事例もあります。
なるべく刺激の少ないヘアカラー剤を使用することや、ヘアカラーの回数を減らすなどの工夫が必要になってきます。

原因③食生活や生活習慣の乱れ

食生活や生活習慣が乱れることで、薄毛の症状が進行する場合があります。

過度なダイエットでカロリーや栄養の摂取量が減ると髪が正常に育たなくなります。
また、カロリーや栄養バランスを無視した暴飲暴食を続けると、内臓機能などの低下により抜け毛が進行する場合があります。

特に、外食やレトルト食品が多い場合は脂質やカロリーが高くなりやすく、髪の成長に欠かせないタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が不足しがちになります。

20代・30代女性ができる薄毛対策

既に薄毛の症状が進行している場合、これから薄毛にならないためには何をすれば良いのでしょうか。
20代・30代のうちからできる薄毛対策の中でも、特に体表的なものを4つご紹介します。

対策①ストレスをため込まない

ストレスを抱え込むと気が落ち込んでしまうだけではなく、薄毛を悪化させる要因にもなってしまいます。
強いストレスを感じると、体の自立じ神経が乱れて髪の毛に栄養が伝わりにくくなってしまいます。

また、ストレスを抱え込むとうつ病や体調不良になることもあるので、打ち込める趣味や気晴らしになるような楽しみを見つけるようにしましょう。

ストレスの原因が分かっている場合は、なるべくストレスにならないように事前に対策をとることをおすすめします。
上司や近所付き合いがストレスであればなるべく距離を置く、貯金が悩みになっていてストレスになっているのであれば無駄遣いをやめるなど、心を軽くするために前向きに行動していくのが良いでしょう。

生きていく上でストレスは避けて通ることはできないので、自分なりにストレスと上手く付き合う方法を模索することが重要です。

対策②生活の改善

食事はカロリーや栄養バランスに気を配り、髪の成長にとって良いものを摂取するようにしましょう。

脂質や油分が多いスナック菓子、着色料や保存料などの添加物が多く使われている食品はなるべく控え、ビタミンやミネラルが多く含まれている緑黄色野菜や魚類を多く取り入れるのが理想的です。
好き嫌いせず、なるべくバランス良く食べることを心がけて下さい。

また、髪の毛を構成しているタンパク質(アミノ酸)・亜鉛・ビタミンなどの栄養素を積極的に摂取するのもおすすめです。
食材名の一例を挙げると、タンパク質を摂取するならチーズ・鶏むね肉などです、
亜鉛を摂取するなら牡蠣・豚レバーなど、ビタミンを摂取するなら納豆・緑黄色野菜などが良いでしょう。

ちなみに「卵」はタンパク質、亜鉛、ビタミンをバランス良く含んでいる食材なので積極的に取り入れるようにしましょう。

対策③適度な運動を取り入れる

生活習慣の見直しとして欠かせないのは、やはり適度な運動です。

日常生活に適度な運動を取り入れることで体内の血行が促進されます。
血行が良くなることで頭皮に酸素や栄養が届きやすくなり、抜け毛を防止する効果が期待できます。
また、適度な運動はストレスの発散にもつながっているので、運動で汗を流すことで気分をリフレッシュさせることができます。

ただし、肉体への負荷が強い運動や、筋トレなどの無酸素運動を行うのはあまりよくないとされています。
無酸素運動を行うとテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが分泌されるのですが、このテストステロンには抜け毛のリスクを高める効果があると言われています。

日常生活に取り入れる運動は、なるべく体への負荷が少ないウォーキングやジョギングなどを選択するようにしましょう。

ポイント②肌に合ったシャンプーを使う

肌に合わないシャンプーや刺激が強いシャンプーを使い続けると、抜け毛が進行する場合があります。

肌に合わないシャンプーを使うことで、頭皮が炎症を起こしたり、かゆみがでたり、フケがでたりするような症状があらわれます。
特に肌が弱い人はこのような症状が出やすいといわれているので、なるべく刺激が少ない製品を選ぶようにしましょう。

また、シャンプーの際の洗い方やすすぎ残しにも注意が必要です。
しっかり頭皮を洗浄するために長時間擦り続けて洗う人もいますが、この洗い方は頭皮を乾燥させてしまうので逆効果とされています。
指の腹を使ってマッサージをするように洗い、洗い流す際はすすぎ残しがないようにしましょう。

髪や頭皮を綺麗にするシャンプーが抜け毛の原因になってしまっては本末転倒なので、自分にあったシャンプーを選択するようにしましょう。

20代・30代女性での薄毛対策は日常生活の改善で可能

いかがだったでしょうか。

20代・30代の若い女性の方であっても、強いストレスを感じたり、カラーリングをやりすぎてしまったり、食生活が乱れることで薄毛が進行することがあります。

また、髪の毛が薄くなった際にそのまま放置してしまうと、薄毛の症状が進行して取り返しがつかなくなることもあります。
おでこや頭頂部の髪の毛が薄くなったと感じたら、生活習慣や食生活を見直しや、日常正確に運動を取り入れるようにしましょう。

もし、上記の対策を試してみても効果が現れない場合は、親和クリニックのカウンセリングを受けてみて下さい。
親和クリニックでは、お一人おひとりの頭皮に応じた、最適な治療法を提案しています。
最高水準の設備と植毛手術で薄毛を治療できる体制を整えておりますので、薄毛にお悩みの方や自毛植毛を検討している方は、一度カウンセリングにお越しください。

親和クリニックでは、自毛植毛をお一人お一人にあった施術で行っております。
まずはカウンセリング予約から、お気軽にご相談ください。
女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

タイトルとURLをコピーしました