薄毛に悩む女性必見!薄毛の原因と対策方法

近年、女性でも悩む方が多くなっている薄毛。
髪の毛が薄くなってしまうと誰しもが不安に駆られます。

女性の薄毛は男性の薄毛と原因や特徴が異なると言われておりますが、何が違うのでしょうか。
この記事では、女性が薄毛になる原因とその対策方法について解説します。

女性が薄毛になってしまう原因

女性は40代ごろから女性ホルモンの作用に変化が起き、抜け毛や薄毛につながりやすくなります。
それでは、女性ホルモンは具体的にどのように髪の毛に影響するのでしょうか。
また、薄毛になる原因は女性ホルモンの作用以外にあるのでしょうか。

女性が薄毛になってしまう原因は以下の通りです。

原因①加齢によるヘアサイクルの変化

1つ目の原因としては、加齢によるヘアサイクルの変化が挙げられます。一般的に女性の髪は男性と違って、歳を重ねても髪の長さはある程度保たれます。
しかし、ヘアサイクルの変化によって年齢を重ねるごとに髪の毛一本一本が細く軟らかくなり、ハリ・コシ・ボリュームが無くなってくるのです。

若いときには女性ホルモンの濃度が高く抜け毛・薄毛が目立ちにくいですが、40代からヘアサイクルの変化が見られるようになります。
40代からは、閉経などの影響から女性ホルモンの分泌量が減るため、それにつれて成長期の毛髪の割合が減少し、休止期の毛髪の割合が増加するのです。

そして、女性ホルモンの分泌量が低下すると、男性ホルモンの分泌量が増加していきます。
一般的に、若いときの女性の男性ホルモンの量は、男性の20分の1程度ですが、閉経を迎えると男性ホルモンの分泌量が相対的に増加することで薄毛が進行するのが原因と考えられています。

細く軟らかい髪が増え、ハリ・コシ・ボリュームのある髪の毛が減るため、結果的に薄毛になっていく傾向があります。

原因②生活習慣の乱れや過度のダイエットによるもの

2つ目の原因として、睡眠不足による自律神経の乱れや偏った食生活、過度なダイエットが挙げられます。

睡眠不足による自律神経の乱れや偏った食生活、過度なダイエットは女性ホルモンのバランスが崩壊することにつながります。
通常、髪の毛は毛細血管から栄養を受け取って生成されますが、生活習慣の乱れによって必要な栄養が髪の毛に行き渡らなくなってしまうのです。
そうなると、髪の毛にツヤがなくなったり脱毛が進行したりします。

これらのことから、ダイエットをするときは、無理なダイエットや急激なダイエットを控えましょう。
過度な食事制限などの無理なダイエット、急激なダイエットをすることで、髪の毛の維持や成長に必要な栄養分が不足し薄毛の原因となってしまいます。
また、髪のみならず、健康にまで悪い影響を及ぼしてしまいます。
運動と食事をバランスよくしたダイエット方法にしましょう。

原因③遺伝によるもの

3つ目に考えられる原因としては遺伝が挙げられます。
女性の薄毛の原因は遺伝によるものは少なく男性の方が圧倒的に多いですが、親族で薄毛の女性が多い場合は、薄毛になる可能性もあります。

しかし、女性の場合、実際に薄毛の原因となるのは女性ホルモンの作用や生活習慣が多数を占めているので、遺伝による影響はそこまで気にしなくて良いでしょう。

原因④ストレスによるもの

4つ目の原因としてはストレスが考えられます。
強いストレスや長期間のストレスを抱えると自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、といった悪影響がみられます。

自律神経の乱れは頭皮に十分な栄養が行き渡るのをさまたげ、ホルモンバランスの乱れは頭皮の皮脂の過剰分泌を引き起こし頭皮環境を悪化させます。
頭皮環境が悪化するだけで薄毛の原因になるとは言い切れませんが、髪の毛の成長の妨げになる要素は出来るだけ排除したいですよね。
また、体内の亜鉛が減少することは、髪の毛を作っている成分を失うことを意味するため、抜け毛や薄毛の原因につながるでしょう。
このようにストレスはさまざまな形で体に不調をもたらし、抜け毛や薄毛につながる原因となるのです。

女性の薄毛の対策方法

では、薄毛を改善するためにはどのような対策をとればいいのでしょうか。
対策方法は4つありますが、その中でも生活習慣を改善することで対策になるものと、頭皮のケアを入念に行うことが対策になるものに分けられます。
それぞれの対策方法を解説します。

対策方法①睡眠時間を確保する

1つ目の対策としては、睡眠時間を十分に確保することが挙げられます。
髪の毛に良い作用を与えるのが睡眠中に得られる成長ホルモンなのですが、成長ホルモンは若返りホルモンとも呼ばれています。

というのも、成長ホルモンは全身の細胞の合成反応を促進し、肌細胞の代謝活性などによる若返り効果を発揮します。
髪の毛が成長するメカニズムは肌と同じため髪にとっても成長ホルモンは重要と言えるのです。
成長ホルモンを十分に得るためには一日7~8時間の睡眠は確保することが望ましいです。

対策方法②タンパク質を摂る

2つ目の対策方法はタンパク質を摂ることです。
髪の毛はケラチンと呼ばれるタンパク質で作られます。
1日あたりに必要とされているタンパク質の目安は、成人男性が65〜70g、女性が55gとされているので、女性の場合1日最低55gのタンパク質を取ることで抜け毛や薄毛の対策になります。

タンパク質は肉類・魚類・卵・豆腐などから摂取できるので、1日三食バランスよく食事し、適切な量のタンパク質を摂るようにしましょう。

対策方法③シャンプーで頭皮の状態を改善する

3つ目の対策はシャンプーによる頭皮改善です。
自分に合ったシャンプーを選び、正しい洗い方で頭皮をメンテナンスすることが大切です。
自分の頭皮環境に合っていないシャンプーを使うと抜け毛が進行しやすくなるリスクがあります。

洗い方に関しては、洗いすぎやすすぎ残しがあると頭皮にダメージを与えてしまいます。
頭皮環境に合った適切なシャンプーで正しい洗い方をすれば頭皮の血行促進や毛穴のつまりの緩和などが期待できます。

対策方法④育毛剤を使用する

4つ目の対策としては育毛剤の使用が挙げられます。
そもそも育毛剤とはすでに生えている髪の毛の健康を維持していくもので、薄毛が進行していない人に向けて作られているものです。

育毛剤には2種類あります。
1つは、皮脂・水分バランスを整えたり血行を促進したりすることで、生えている髪の毛が育ちやすい頭皮環境にすることを目的とした医薬部外品。
もう1つが、頭皮や髪の毛を良好な状態に保つ化粧品に分けられます。

育毛剤を選ぶポイントは以下の通りです。

  • 血行促進成分・毛根に働きかける成分が含まれているものを選ぶこと
  • 頭皮に潤いを与える保湿成分が配合されているものを選ぶこと
  • 女性を対象としたエビデンスがあるものを選ぶこと

女性の薄毛の原因には生理的な原因と生活習慣によるものがある

いかがでしたでしょうか。
女性の薄毛の原因には加齢などの生理的なものから、生活習慣の乱れによるものなどさまざまあります。
年齢によるものであれば仕方がないですが、育毛剤などで髪の毛の状態を良好に保つことはできます。
睡眠不足や偏った食生活による抜け毛や薄毛の場合は、育毛剤を使う前に生活習慣を見直しましょう。
一日7~8時間の睡眠をとること、タンパク質を十分に摂ることから始めて、生活習慣を改善していくことが大事です。

親和クリニックでは「最小の傷・痛み」「最速の植毛技術」「最適なスタイルの実現」の自毛植毛をしております。
女性で自毛植毛に興味のある方はぜひ親和クリニックにご相談ください。

親和クリニックでは、自毛植毛をお一人お一人にあった施術で行っております。
まずはカウンセリング予約から、お気軽にご相談ください。
女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

タイトルとURLをコピーしました