自毛植毛は周りにばれてしまうのか?


薄毛対策として人気・効果の高い自毛植毛ですが、料金や施術方法だけではなく、周りの人にばれてしまうことを、不安に感じられている方も多くいらっしゃるかと思います。
自毛植毛は周りにばれてしまうのか、ばれないための対策はあるのか、についてご紹介していくので、薄毛対策でお悩みの方や、これから自毛植毛をご検討されている方は参考にしてみてください。

自毛植毛は比較的ばれにくい

結論から申し上げますと、自毛植毛は施術の特性上、周囲にばれることはあまり多くありません。
自毛植毛は毛髪が生えている健康な皮膚を、毛髪が少ない箇所に移植する施術です。
数か月、数年かけて髪の毛を増やしていくものになっているので、周囲に違和感を与えることはそこまでありません。
しかし、ケースによって周りの人に気付かれてしまったり、違和感を与えてしまうこともあるので注意が必要です。

自毛植毛がばれてしまうケースと対策方法

自毛植毛はどういう場合でばれてしまうのでしょうか。
周囲にばれてしまうケースや、対策方法についてご紹介します。

傷跡によりばれてしまう可能性がある

自毛植毛は「施術」なので、頭皮には多少の傷跡が残ります。
また、植毛時には髪を刈り上げるため、手術跡や頭皮の状態を見られることで、ばれてしまうことがあります。
刈り上げる面積を少なくすることで、傷跡をなるべく目立たないようにしているクリニックなどもあるので、もしばれることが不安な場合は、クリニックに相談しておくのが良いでしょう。

髪色の違いなどでばれてしまう可能性がある

自毛植毛では、皮膚の移植後に自分の髪が生えるため、自然な毛量になります。
あまり多いケースではありませんが、施術前に髪の毛を染めているなど、地毛ではない色で周囲の髪と色が異なる皮膚を移植すると、違和感が生じてしまうことがあります。
また、施術後に一時的に髪にウェーブがかかることもあります。
そのため、「髪の色になんか違和感があるな」「なんであそこだけ髪がウェーブしているんだろう」と、周囲に思われてしまう可能性もあります。

施術前は髪を染めることは控え、なるべく違和感を与えないことを心掛けておきましょう。

行動でばれてしまう可能性がある

「普段休みをとっていないのに、いきなり有給をとるようになった」「いきなり会うのを拒むようになってしまった」といったことがあると、周りに気付かれてしまうことがあります。
その上で、SNSなどで自身の画像を投稿すると「なんだか髪の毛が増えているような…」と、違和感を与えてしまうことがあります。
「普段から休みを定期的にとる」「施術後にはあまり不用意に行動しない」など、施術前・施術後の行動には気を付けておきましょう。
気兼ねなく話せる友人や家族であれば、事前に施術を受けることを話しておくのも良いでしょう。

クリニック選びは慎重に

自毛植毛が周りにばれてしまうケースや、対策法についてご紹介しましたがいかがでしたか。
効果や安全性が高いのが自毛植毛の特徴ですが、あまり周囲には知られたくないものですよね。
クリニックによっては、刈り上げない施術や、傷跡を目立たないようにするための対策をところもあります。
料金やエリアだけではなく、複数のクリニックをしっかりと比較検討して、最適な業者を選択できるようにしておきましょう。
多くのクリニックがカウンセリングを設けているので、まずは複数のクリニックでカウンセリングを受けてみて、自身にあった最適なところを選択するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました