植毛と増毛の違いとは?どちらを選ぶのが良いのか?


効果の高い薄毛対策・薄毛治療として知られている植毛や増毛ですが、この二つにどういった違いがあるのかご存じでしょうか。
人によって増毛が適している場合、植毛が適している場合があるので、あまり調べずに実施してしまうと思わぬトラブルに繋がってしまうこともあります。
増毛と植毛のそれぞれの特徴、メリット、デメリットなどをご紹介していきますので、薄毛にお悩みの方や、植毛や増毛をご検討の方は、是非ご参考下さい。

増毛とは何か?

増毛とは人工的に髪の毛を増やすことです。
一般的には既存の毛髪に人毛・人工毛を結びつけたり、シートを頭皮に付けることで髪のボリュームを増やす方法がとられています。
増毛のイメージは、女性が着用する「エクステ(エクスンション)」に近いものがありますが、エクステはあくまでもファッションの一環として着用されることが多いです。
増毛はファッションではなく、「薄毛対策」として扱われているので、性質が異なっています。

増毛のメリット

増毛の代表的なメリットとして、下記のようなものが挙げられます。

・すぐに効果が感じられる
・かつらよりも仕上がりが自然で取れにくい

効果を実感するのに時間がかかる育毛剤・増毛材・植毛と異なり、増毛は施術後にすぐに効果を感じることができるのが最大のメリットです。
また、自分の毛髪を生かして髪のボリュームを増やすので、かつらよりも違和感が少なく、とれにくいのも特徴です。

増毛のデメリット

増毛の代表的なデメリットとして、下記のようなものが挙げられます。

・メンテナンスの費用と手間がかかる
・頭皮や毛髪に負荷がかかる
・毛髪が少ないと実施できない

増毛後も元の毛髪は伸び続けますので、定期的にメンテナンスを行う必要がありますし、シャンプーの際にも注意を払う必要があります。
また、髪を編み込んだり接着する際に、頭皮や既存の毛髪にダメージを与えてしますので、髪が痛んでしまったり、髪がのびにくくなる可能性が考えられます。

植毛とは何か?

植毛には「自毛植毛」と「人工植毛」がありますが、現在では自毛植毛が主流になっています。
自毛植毛とは、健康な毛髪が生えている皮膚(=毛根)をドナーとして採取し、毛が薄くなっている部分に植え付けることで髪のボリュームを増やす施術であり、薄毛治療の中では特に高い効果が期待されています。

植毛のメリット

植毛の代表的なメリットとして、下記のようなものが挙げられます。

・自分の髪の毛を頭部全体に増やすことができる
・メンテナンスや維持費が不要
・ヘアアレンジが自由にできる
・植毛したところは生涯にわたって自分の髪が生えてくる

かつらや増毛と異なり、やはり自分の髪の毛を活かして髪のボリュームを自然に増やすことができるのが、植毛の最大のメリットでしょう。
ドナーが定着すればヘアアレンジやカラーリングも自由にできますし、増毛と違って特殊なメンテナンスを行う必要もありません。

植毛のデメリット

植毛の代表的なデメリットとして、下記のようなものが挙げられます。

・ドナーの定着や発毛までに時間がかかる
・施術の際や施術後に痛みなどを感じることがある

効果・安全性共に高い自毛植毛ですが、増毛とは異なり即効性はありませんので、髪のボリュームが増えたと実感するまでに時間がかかります。
また、植毛は麻酔やメスを使用した施術になるので、施術の際や施術後に痛みや赤み、腫れなどの症状がでる可能性があります。

自分にあった手法をとることが大切

同じ薄毛治療でも、増毛と植毛では特徴が全く異なります。
「効果をすぐに感じたい」「気軽に髪の毛を増やしたい」場合は増毛、「時間がかかっても自分の髪の毛を増やしたい」「メンテナンスはしたくない」という場合は植毛、といった感じで、それぞれの性質を確認した上で自分にあった治療法を実施するのが良いでしょう。
増毛も植毛も、施術法や費用には幅がある為、まずはクリニックでカウンセリングを受けるのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました