自毛植毛の効果でおでこを狭くすることができるのか

女性は男性よりも薄毛になりにくいと言われていますが、それでも年齢とともに髪の毛や生え際は薄くなってきます。
中には「最近おでこの広さが目立ってきた」「年を取ってからおでこの生え際が目立っている気がする」
と感じている方も多いのではないでしょうか。

実はおでこを狭くするための薄毛治療として、自毛植毛が効果的だと言われています。

この記事では、自毛植毛やさまざま薄毛対策でおでこの広さを狭くできるのか、生え際を目立たなくすることができるのかを解説していきます。
現在自毛植毛を検討されている方や、おでこの広さにお悩みの方はぜひご参考下さい。

自毛植毛とは何か

まず自毛植毛がどのような治療なのかをご紹介します。

自毛植毛とは、健康な毛髪が生えている後頭部の頭皮をドナーとして採取して、毛が薄くなっている部分に植え付ける薄毛治療法です。
髪が多い部位の毛髪組織を髪が薄い部位に移植することで髪全体のボリュームを増やすことが可能なので、効果・安全性ともに高い人気の高い治療法になっています。

自毛植毛は、多くのクリニックで行われている施術でもあるので、数ある治療法の中でも技術がしっかりと確立されているのも特徴です。
また、ドナーとして採取されるのは後頭部や側頭部の毛髪組織で、傷跡は回復して目立たなくなるのでそこまで目立つことがありません。

ただし、移植元となる毛髪組織を採取した傷跡からは毛が生えてこないことや、施術の際の麻酔が切れた後には若干の違和感を感じることがあるのが注意点として挙げられます。
但し、痛みに関しては、麻酔が切れた後痛みを感じる事が無いようお薬の処方がありご心配する事はございません。

自毛植毛でおでこを狭くする方法

自毛植毛はおでこを狭くするのにも効果的とされています。

自毛植毛で採取した毛髪組織の移植先は、主に髪の毛が薄くなりやすいおでこや頭頂部となります。
特におでこは生え際が薄くなりやすく薄毛が目立ちやすい部分なので、おでこの生え際に植毛して薄毛を解消する人は多くいます。

また、おでこを狭くするために自毛植毛を行う際は、
ボリュームを出すために頭部の奥の方には太い髪の毛を、生え際のラインには細め~普通の太さの髪の毛を移植することで、より自然な仕上がりにすることができます。

それだけではなく、生え際のラインには丸みもたせるとより女性的になり、植毛の密度にグラデーションを意識するとボリュームを出しやすくなります。

上記の点から自毛植毛はおでこを狭くするのに効果的と言えますが、実は自毛植毛以外にもおでこを狭くする方法があります。
以下に、自毛植毛以外でおでこを狭くする3つの方法を簡単に紹介します。

方法① 育毛剤

育毛剤は毛を育てる効果が期待できる治療薬です。

頭皮の血行を改善させて頭皮に栄養を送り込むことで薄毛を予防し、髪の毛の成長を促す効果があります。
人により育毛剤を使うことで薄毛を改善できる場合があります。

方法② 発毛剤

発毛剤は髪の毛を生やすことを目的に作られた医薬品です。

新しい髪の毛を増やすために、髪の成長期を伸ばし、抜け毛や薄毛のトラブルを改善させる効果があります。
円形脱毛症や牽引性脱毛症などの脱毛症の場合は、発毛剤で改善させることができることがあります。

おでこを狭くする方法③ウィッグ・かつら

直接的な治療ではありませんが、女性用のウィッグやかつらも、おでこを隠すのに効果的です。

安全・手軽に増毛が可能で、一度作成すればいつでも着用することができるのが特徴です。
しかし、維持させるためにメンテナンスが必要なことや、ヘアスタイルが限定されてしまうというデメリットもあります。
また、強風や衝撃で外れてしまうことや、暑い日は蒸れてしまうこともあるので、着用する際には注意が必要になっています。

育毛剤と発毛剤の違いとは

有名な薄毛対策・薄毛治療には、育毛剤・発毛剤がありますが、自毛植毛と比較した際にどれほどの違いがあるのでしょうか。
自毛植毛と、育毛剤・発毛剤にどのような違いがあるのかを紹介します。

育毛剤と自毛植毛の違い

育毛剤は文字通り「毛を育てる」効果がある治療薬です。
頭皮の環境を整えることで髪の毛の成長を促す効果があるので、育毛剤で薄毛を改善させることも可能です。

しかし、育毛剤はあくまでも「既に生えている髪の毛の成長を促す」ことを目的に作られた治療薬なので、既に毛根が死滅している場合は効果がありません。
また、効果には個人差があるので、毛根が残っている状態で育毛剤を使用しているのにも関わらず、効果が現れないこともあるので注意が必要です。

一方、自毛植毛であれば毛根が死滅している部分であっても髪を増やすことができます。
自分の 毛髪組織を移植するので拒否反応なども出にくく、高い発毛効果が期待できる治療になっています。

発毛剤と自毛植毛の違い

発毛剤は「髪の毛を生やす」効果がある医薬品です。
脱毛症や抜け毛を改善させる効果が期待されていて、育毛剤よりも強力な成分が多く含まれています。
毛根が弱っている状態や薄毛がそこまで進行していない場合は、発毛効果を期待することができます

しかし、一時的に血圧を下げるミノキシジルなどの成分が含まれているので、使用後に具合が悪くなってしまうことがあります。
また、育毛剤と同じように、使用しても必ず効果があらわれる訳ではないので注意が必要です。

一方、自毛植毛は薄毛を解消する効果が高く、ほとんどの場合で発毛効果が期待できます。
軽度の薄毛であれば発毛剤で改善されることもありますが、確実に髪の毛を増やしたいのであれば、自毛植毛を選択するのが良いでしょう。

おでこを狭くしたいのであれば自毛植毛が効果的

いかがだったでしょうか。

おでこを狭くするにはさまざまな方法がありますが、最も高い効果が期待できるのは自毛植毛だといえるでしょう。

育毛剤や発毛剤は気軽に始めることができますが、人によっては効果がでないことや、成分が体質に合わないと具合が悪くなってしまうことがあります。

ウィッグやかつらは即効性が高く気軽に着用することができますが、ヘアスタイルが限られていることや、維持するためにメンテナンスが欠かせないといったデメリットがあります。

親和クリニックでは、お一人おひとりの頭皮の状態を確認した上で、最適な治療法を提案しています。
最高水準の設備と植毛手術で薄毛を治療できる体制を整えておりますので、現在薄毛にお悩みの方は、ぜひカウンセリングにお越しください。

親和クリニックでは、自毛植毛をお一人お一人にあった施術で行っております。
まずはカウンセリング予約から、お気軽にご相談ください。
女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

タイトルとURLをコピーしました