【女性の薄毛】前頭部が薄くなる原因と対策

「前頭部や頭頂部の髪が薄くなってきた」
女性の髪にこのような変化が見られた時、なにかしらの脱毛症になっている可能性があります。
では、いったいどのような原因で前頭部や頭頂部が薄くなってしまうのでしょうか。
本記事では、女性の前頭部や頭頂部が薄くなってしまう原因と対策方法、そして薄毛の種類について解説します。

女性の前頭部や頭頂部が薄毛になる原因・仕組み

女性の薄毛は頭部全体のボリュームがなくなり、その中でも前頭部や頭頂部が薄くなりやすいという特徴があります。
男性は頭部の特定の箇所が極端に薄毛になりやすいのに対して、女性は頭部全体が薄くなる傾向があります。

女性の前頭部や頭頂部の薄毛になる原因は現在でも特定されていません。
その中でも有力と考えられている原因の種類は、大きくわけて2つあります。一つが生理的なもので、もう一つが生活習慣によるものです。

生理的な原因は、例えば更年期の加齢による女性ホルモンの作用や出産による女性ホルモンの作用の変化が挙げられます。
生活習慣の影響とは、例えば睡眠不足や過度なダイエット、偏った生活などが挙げられます。
その他の原因としてはストレスや遺伝が考えられます。

では、女性の前頭部や頭頂部の薄毛の原因について詳しく解説します。考えられる原因は大きく6つあります。

原因①加齢による女性ホルモンの作用の変化

まず1つ目の原因としては加齢が挙げられますが、こちらは生理的な原因の一つです。
女性は40代ごろから女性ホルモンの作用が変化します。

女性はエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの働きによって美肌や髪の毛の成長など女性らしい身体づくりがされています。

女性が年齢を重ねるとエストロゲン分泌量が減少し、前頭部や頭頂部だけでなく全体的に髪の毛が成長しづらくなってしまうのです。
特に閉経する40代ごろから変化が見られるようになり、それに伴いヘアサイクルも変化します。
前頭部や頭頂部はもちろん全体的に生えてくる髪の毛にハリ・コシ、そしてボリュームがなくなってきます。

原因②出産によるホルモンバランスの乱れ

2つ目の原因は、出産です。こちらも生理的な原因の一つになります。
出産後はホルモンバランスが乱れやすく、女性の抜け毛や薄毛の原因となります。

薄毛の発症に個人差はあるものの、産後2カ月後くらいから発症し、落ち着くまでに数カ月、長い場合は1年間ほど要します。
出産後は女性の髪の成長を促進するエストロゲンが急激に減少するため、女性のホルモンバランスが乱れ髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

なお、出産後の薄毛はエストロゲンの減少のみが原因とされるわけではなく、ストレスや頭皮環境の悪化によるものもあるとされています。

原因③睡眠不足

3つ目の原因は睡眠不足です。これは生活習慣の乱れに関する原因の一つです。

睡眠をとることは健康的な髪にするために欠かせません。
前頭部や頭頂部などはもちろん全体の髪の成長を促す成長ホルモンは、血行を良くする作用やタンパク質を増やす作用が含まれていて、入眠してから3時間の間に最も多く分泌されます。
3時間経過すると、分泌された成長ホルモンが全身をめぐるようになります。

そのため、睡眠時間が十分に確保されない場合、成長ホルモンが十分に分泌されなかったり、分泌されても全身に行き渡らず髪に栄養分が行き届かなくなったりすることで、結果的に抜け毛や薄毛につながってしまうのです。

原因④過度なダイエット

4つ目の原因は過度なダイエットです。こちらも生活習慣の乱れに関する原因の一つです。
無理なダイエットや急激なダイエットをすると前頭部などの髪に必要な栄養分が不足してしまうという理由で抜け毛や薄毛につながってしまうのです。

髪に必要な栄養分はさまざまですが、タンパク質や脂肪分はとても重要です。
髪はケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されているので、タンパク質は髪に必要不可欠な栄養分となります。
また、脂肪分は頭皮に必要な皮脂の分泌作用があるので、こちらも必要不可欠です。

原因⑤偏った食事

5つ目の原因は偏った食事をとることです。同様に生活習慣の乱れに関する原因の一つとなります。
コンビニ食やジャンクフード、加工食品などが中心の食事をしているとビタミンや鉄、亜鉛、タンパク質などが不足します。

鉄が不足すると貧血を起こす可能性が高まり、酸素や栄養を運ぶ血の役割が低下してしまいます。
また、亜鉛の不足は髪の成長の元になる毛母細胞の分裂が上手く機能させなくなります。

このように、前頭部などの髪に必要な栄養分が何かしら不足しているだけで髪の育成が正しくされないリスクがあるのです。

原因⑥ストレス

6つ目の原因としてはストレスが挙げられます。
ストレスは自律神経を乱したり、ホルモンバランスを乱したりします。
自律神経が乱れると、体内の栄養分の巡りが悪くなります。
また、ホルモンバランスの乱れは頭皮の毛穴を防ぐような悪影響を及ぼしてしまいます。

このような形でストレスは体の不調をもたらし、前頭部などの抜け毛や薄毛につながる原因となります。

女性の薄毛の種類

薄毛が起こる原因によって女性の薄毛の種類が分けられます。
女性の薄毛には大きく分けて4つの種類があり、びまん性脱毛症・分娩後脱毛症・批糠(ひこう)性脱毛症・円形脱毛症が該当します。
それぞれどのような特徴や症状があるのかを解説します。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、前頭部などの一部分ではなく頭髪全体の髪がまばらに抜け、ボリュームが失われることが特徴の薄毛の一種です。

びまん性脱毛症は女性の薄毛で最も多い薄毛の種類となっていて、多くの女性を悩ませています。
男性に多い男性型脱毛症(AGA)とは異なり、前頭部や頭頂部など一部分が薄くなるのではなく、頭髪全体の髪がまばらに抜けるため発症したことに気づきにくいのが特徴です。

主な症状としては抜け毛や髪のボリュームが少なくなること、髪のハリ・コシの喪失が挙げられます。

発症原因はさまざまで、加齢によるホルモンバランスの乱れやストレス、生活習慣の乱れによる血流悪化や栄養不足が挙げられます。
また、誤ったヘアケアをしてしまうことで発症することもあります。

加齢によるホルモンバランスの乱れは40代になってからは逆らえない生理的現象です。
必要以上にホルモンバランスが乱れないように生活習慣を良くすることや過度なストレスを抱えないことが重要です。

生活習慣の乱れによって血流悪化や栄養不足につながり、ホルモンバランスにも作用するとびまん性脱毛症を発症することがあります。
生活習慣の乱れは年齢によるものではないため、20代~30代の若い人にも脱毛症になる可能性は十分にあります。
ただし、生活習慣は改善することで抜け毛や薄毛に対処することができます。

誤ったヘアケアもびまん性脱毛症につながる原因となります。
シャンプー中に爪を立てたり、シャンプー液を泡立てずに使用したりすると頭皮環境を悪化させ、頭皮に炎症が起きてしまい抜け毛や薄毛につながるのです。
また、ドライヤーの熱風を頭皮の近くに当てたり、頭髪の同じ部分に長時間当てたりすると頭皮がダメージを受け、頭皮環境を悪くしてしまいます。

分娩後脱毛症

分泌後脱毛症は、産後に起きる抜け毛や薄毛です。

個人差はあるものの、産後2カ月後あたりから発症し、数カ月から1年かけて症状がなくなります。

妊娠中はお腹の中の子どもに栄養分を分け与えており、出産後に髪の成長に必要な女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少します。
その結果、ホルモンバランスが乱れ、抜け毛や薄毛につながりやすくなるのです。

批糠(ひこう)性脱毛症

ひこう性脱毛症は、乾燥したフケよって引き起こされる脱毛症です。

シャンプーの洗い方が強すぎる・洗う回数が多すぎる・すすぎ残しがある・頭皮に合ったものが使えていないなどの問題から引き起こされることが多いです。
また、整髪料も同様に間違った使い方をすると発症する原因となります。

このようにシャンプーや整髪料を誤った使い方をするとフケが大量に発生します。
やがて発生したフケは頭皮の毛穴をふさぎ、毛穴で炎症が起きます。
炎症が起きた結果、髪の成長を阻害し、抜け毛や薄毛につながるのです。

初期症状としてはフケの発生が見られ、やがてかゆみや赤みができ、末期にはかさぶたとなって現れます。
このような症状が最終的に抜け毛や薄毛となって表れます。

円形脱毛症

円形脱毛症とは、文字通り円形や楕円形に髪が抜け落ちる脱毛症です。

他の脱毛症とは違い、ある日突然何の前触れもなく髪が抜けてしまう症状で、男性よりも女性に多いのが特徴です。
脱毛する場所は1か所だけのこともあれば、同時に数か所の場合もあります。

発症の主な原因はストレスやアレルギー疾患による免疫機能の異常だと考えられています。
強すぎるストレスや長期間のストレスは血管を収縮させ、身体に栄養を行き届かせることをさまたげ、免疫に異常をもたらします。
免疫の異常は自らの毛根の細胞を攻撃するという不具合を生じさせ、その結果円形脱毛症を引き起こすとされています。

薄毛の対策方法

脱毛症にはさまざまな種類があることがわかりました。
では、前頭部や頭頂部の薄毛の対策をする方法はあるのでしょうか。
前頭部や頭頂部の薄毛の対策方法は以下の通りです。

対策①十分な睡眠をとる

1つ目の対策方法は7~8時間の十分な睡眠をとることです。

睡眠中は前頭部などの髪の毛の成長を促す成長ホルモンが分泌され、身体に巡ります。
成長ホルモンが分泌され、身体に巡らせる時間として有効的なのが7~8時間とされているため、一日7~8時間の睡眠をとることを習慣化しましょう。

対策②無理なダイエットはしない

2つ目の対策方法は無理なダイエットや急激なダイエットをしないことです。
痩せたいと思うあまり、過度な食事制限をする女性が多い傾向があります。

過度な食事制限をすると前頭部や頭頂部の髪に必要なタンパク質や亜鉛などの栄養分が不足するリスクがあるので良くありません。
ダイエットは無理せずにゆっくりと減量を目指しましょう。

対策③有酸素運動をする

3つ目の対策は有酸素運動をすることです。
例えば、ジョギングや水泳などが当てはまります。

運動不足は筋肉が凝り固まり血行不良の原因となるため髪に良くありません。
有酸素運動をすることは酸素を使い筋肉を動かすことにつながるので血行に良く、前頭部などの髪に良い影響を与えます。
有酸素運動をすることで血流を良好に保ちましょう。

対策④バランスの取れた食事をする

4つ目の対策は、バランスの取れた食事をすることです。
前頭部や頭頂部の髪を維持・成長させるためには多くの栄養素が必要となり、偏った食事をすると抜け毛や薄毛につながるリスクが高まります。

特にビタミンや鉄、亜鉛、タンパク質などは前頭部などの髪を維持・成長させるために必要な栄養素となっております。
1日三食バランスよく食事し、栄養素を過不足なく摂取しましょう。

対策⑤ストレスを軽減させる

5つ目の対策は、ストレスを軽減させることです。
ストレスを抱えることで血行を悪くし、前頭部や頭頂部などの髪に必要な栄養素を運べなくなったり、ホルモンバランスが乱れて頭皮の毛穴をふさいで髪に悪影響をもたらしてしまったりします。

完全にストレスを解消することを難しいと思いますが、ストレスで抜け毛や薄毛になると、より強くストレスを抱えてしまう悪循環に陥るリスクもあるため、ストレスはなるべく抱えないようにしてみましょう。

対策⑥頭皮のマッサージをする

6つ目の対策は、頭皮のマッサージです。
頭皮のマッサージは血行を促進する作用やストレスを軽減する作用があります。
マッサージのコツは爪を立てずに指で頭皮をつかむようにして動かすことです。
今日から実践できることなので、ぜひ試してみてください。

対策⑦シャンプーの使い方を見直す

7つ目の対策は、シャンプーの使い方を見直すことです。
シャンプーの洗い方が強すぎたり、すすぎ残しがあったりすると脱毛症につながります。
ゴシゴシ洗わないことを意識し、また、すすぎ残しがないように洗い流すことが重要です。

また、頭皮に合ったシャンプーを使うことも重要で、前頭部や頭頂部などの抜け毛や薄毛に悩まれている場合は保湿成分が配合されているシャンプーを選ぶことがおすすめです。

対策⑧ブラッシングを丁寧に行う

8つ目の対策は、ブラッシングを上手に行うことです。
普段何気なくしているブラッシングには女性の髪にツヤや潤いを与える効果があります。
頭皮に分泌される皮脂は潤いの成分となるため、ブラッシングをすることで髪の根元から毛先まで潤いを与えてくれるのです。

使用する際は力を入れずにブラッシングの重さを利用して根元から毛先にかけてとかしましょう。
1日3回の使用回数がおすすめで、皮脂やフケを定期的に除去してメンテナンスを行うことも重要です。

対策⑨育毛剤を使う

9つ目の対策は、育毛剤の使用です。
育毛剤は髪の状態を健康に保つために使用されるものです。
発毛剤とは違い、髪を生やす作用があるものではないことには注意してください。

種類にもよりますが、主に皮脂・水分のバランスを整える効能や血行を促進させる効能があります。
こういった効能が髪にハリ・ツヤを与えます。
髪の健康状態を良好に保つためにも育毛剤を使ってみてはいかがでしょうか。

前頭部の薄毛対策は健康的な生活を送り、ヘアケアを丁寧にすることが大事

いかがでしたでしょうか。
女性の前頭部や頭頂部の薄毛の原因は加齢などの生理的な原因や睡眠不足、過度なダイエット、偏った生活など、生活習慣の悪さによるものだとわかりました。

また、薄毛が発症する原因によって脱毛症の種類がいくつかに分類され、前頭部や頭頂部を含む頭髪全体の髪がまばらに抜けるびまん性脱毛症、産後に起こりやすい分娩後脱毛症、フケが原因になって引き起こされる批糠(ひこう)性脱毛症、そして何の前触れもなく突然できる円形脱毛症がありました。

しかし、こういった脱毛症になるのを防ぐためにも対策方法はたくさんあります。
一言でいえば、衣食住における規則正しい健康的な日常生活を送ることや頭皮や髪のヘアケアを丁寧にすることが対策方法と言えるでしょう。

前頭部や頭頂部の薄毛にお悩みの方は適切な対策方法を取ることで薄毛を改善しましょう。

親和クリニックでは「最小の傷・痛み」「最速の植毛技術」「最適なスタイルの実現」をモットーに女性の薄毛を治療しています。
女性で薄毛に悩まれている方は、ぜひ親和クリニックにご相談ください。

親和クリニックでは、自毛植毛をお一人お一人にあった施術で行っております。
まずはカウンセリング予約から、お気軽にご相談ください。
女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

タイトルとURLをコピーしました