発毛剤は薄毛に効果があるのか?効果の高い薄毛対策は?


薄毛にお悩みの方は多くいらっしゃるかと思いますが、発毛剤がどういったものなのか、薄毛治療の方法として、どういったものが高い効果があるのかをご存じでしょうか。
薄毛治療として多くの方が思いつく、「発毛剤」の特徴や、効果の高い薄毛治療についてご紹介していきます。
薄毛にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

発毛剤の特徴とは?

「発毛剤」とは、脱毛箇所の発毛を促進させる為に、髪の毛が薄い部分に新たに毛を生やすことを目的に作られたものです。
主に、頭皮の血行を促進させることで、細胞全体に栄養を与えることで、発毛を促進します。
また、新たに毛を作り出す「毛包」という部分を活性化させることで、新しい髪の生成を促す効果があります。
発毛剤には、髪を生やすため成分として、厚生労働省に認可されている成分の「ミノキシジル」が配合されています。

このミノキシジルは、発毛剤にのみ配合が認められているので、育毛剤には配合されていません。
具体的な効果としては「血流を改善させて、細胞に栄養を行き渡らせる」「毛の成長を促進させ、髪を太くする」があり、新しい毛を生やす際に活躍してくれます。
ただし、発毛効果が高い薬剤を使用すると、皮膚が腫れてしまったり、痒みや痛みがでたり、頭痛などの症状が出るなどの、副作用が出てしまうこともあります。
また、あくまでも髪の毛の成長を促すことを目的としているので、既に毛根が死んでしまっている箇所については、まったく効果がでないので注意が必要です。

発毛剤を使用しても、薄毛が改善されない場合は、クリニックなどで治療を受けることになります。

薄毛対策に効果の高い「自毛植毛」とは?

上記でご紹介した通り、既に毛根が死んでしまっている(髪の毛がまったく生えない)場合については、発毛剤などでは効果があらわれません。
その際は、クリニックなどで「自毛植毛」の施術を受けることをおすすめします。

自毛植毛とは、後頭部や側頭部に生えている髪を毛根ごとドナーとして採取し、額のM字部分や頭頂部のつむじの部分などの、髪の毛が薄くなっている部分に移植する外科手術です。
髪が生え揃うまで数か月かかりますが、自然な仕上がりであることや、高い効果が期待できることから、薄毛治療としては、近年では高い人気を得ています。

育毛剤や発毛剤を使用しても効果がでない、育毛剤を使用すると皮膚に異常がでてしまう、という場合は、自毛植毛を検討してみるのがおすすめです。

薄毛治療は最適なものを選択することが大切

発毛剤の特徴や、効果の高い薄毛治療である「自毛植毛」の概要をご紹介しましたが、いかがでしたか。
薄毛治療は様々な種類がありますが、コストや時間をなるべくかけない為にも、なるべく早い段階で最適治療法を選択できるのが理想だといえるでしょう。

とはいえ、自分の毛根や頭皮がどうなっているのかは、自分では気付きにくいと思います。
自毛植毛などの薄毛治療を実施している多くのクリニックが、カウンセリングを行っているので、まずはどういった治療法が最適なのかを確認するためにも、医師の方とお話をしてみるのがおすすめです。
「毛根がないのに発毛剤を使い続けてしまった」といったことがないように、最適な治療法を見つけるようにしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました