育毛剤と発毛剤の違いは?薄毛対策には育毛剤と発毛剤のどちらがいいのか?


薄毛を改善させる方法はいくつか存在しますが、私たちにとって一番馴染みがあるのは育毛剤や発毛剤ではないでしょうか。
薬局や通販サイトでも気軽に買うことができる育毛剤や発毛剤ですが、この二つにどういった違いがあるのか、具体的な特徴をご存じでしょうか。
育毛剤と発毛剤のそれぞれの特徴や、効果の高い薄毛治療法などをご紹介していくので、薄毛にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください!

育毛剤にはどういった特徴があるのか

まず、育毛剤の特徴や概要についてご紹介します。
育毛剤は字のごとく、毛を育てる効果が期待できるものです。
頭皮の血行を促したり、頭皮に育毛に効果のある栄養を与えたりする成分が含まれており、薄毛や抜け毛を予防し、毛髪を健康的にする効果があります。
ただ、育毛剤は「いま生えている髪の毛を強くする・維持する」ことを目的として作られています。
そのため、すでに頭の毛量が少なくなっていたり、髪の毛がまったくない部分がある場合は、効果があまり期待できません。
あくまでも、頭皮に栄養を与えることで毛髪の健康を維持するものだということを覚えておきましょう。

発毛剤にはどういった特徴があるのか

毛髪を維持する育毛剤とは対照的に、発毛剤は、生えていない部分の髪の毛を生やすことを目的に作られています。
壮年性脱毛症や、男性型脱毛症といった、薄毛・抜け毛などトラブルを改善するために使われることが多いです。
注意点としては、育毛剤にはミノキシジルという血圧を下げる成分が含まれているため、頭痛、めまい、動悸などの副作用がでる場合もあるので注意が必要です。

ちなみに、育毛剤は「医薬部外品」ですが、発毛剤は「医薬品」として認定されているのも特徴です。
育毛剤は「現在の髪の毛の維持するためのもの」、発毛剤は「生えていない髪の毛を増やすためのもの」と覚えておきましょう。

育毛剤や発毛剤以外の薄毛治療法は?

育毛剤と発毛剤のそれぞれの特徴や違いをご紹介しましたが、薄毛の治療として最も高い効果が期待されているのが「自毛植毛」です。
自毛植毛とは、後頭部や側頭部の皮膚組織を採取して、髪の毛が薄くなっている部分に植え替える治療になっています。
髪全体の皮膚組織全体を健康の状態にする治療になっているので、効果を実感しやすく、失敗・リスクが比較的少ないことから、効果・満足度が高い治療法として知られています。

ただし、移植元の皮膚の毛量が少ないケースでは対応できないことがあったり、育毛剤や発毛剤と違って通院する必要があるので、コスト・時間などはそれなりにかかるものになっているので注意が必要だといえるでしょう。

自分にあった最適の方法を見つけましょう

育毛剤、発毛剤、自毛植毛など、薄毛対策の治療法は様々なものがあります。
それぞれの治療法にはメリット・デメリットがあるので、まずはどういった特徴があるのか、どれくらいのコストがかかるのか、といった情報をしっかりと調べておくようにしましょう。
薄毛の症状が極度に進行している場合においては、発毛剤では対応できないことも多々あります。
どうしても改善させたい、という場合は思い切って自毛植毛を検討してみるのがおすすめです。

多くのクリニックがカウンセリングを設けているので、まずはカウンセリングで、毛髪の状態を見てもらった上で、最適な治療法を相談してみるのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました