自毛植毛の施術には痛みがあるのか?


薄毛対策の治療として、安全性や効果の高い自毛植毛の人気がここ数年でさらに高まってきました。
しかし、自毛植毛に興味があって「施術の雰囲気が怖い」「痛かったらどうしよう」と不安感を感じて、なかなか一歩踏み出せない方も多くいらっしゃるかと思います。
今回は自毛植毛に関連する痛みについてご紹介していくので、現在自毛植毛をご検討されている方や、自毛植毛の痛みが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

施術の際には痛みがあるのか?

結論から申し上げますと、自毛植毛の治療の際は、痛みはほとんどありません。
まず、自毛植毛とは、毛髪が生えている健康な状態の皮膚をドナーとして採取し、毛量が少ない箇所にあてることで全体の毛量を増やす治療法です。
ドナーを採取する際には、メス、ニードル、パンチなどを使用しますが、いずれも麻酔を使います。
よって、メスの切開などで痛みを感じることはなく、ドナーを採取している際は「なにか硬いものがあたっているな」といった感覚しかありません。

ただし、麻酔の際の注射は、人によっては若干の痛みを感じることがあるので注意が必要です。
特に、側頭部については痛みを感じやすい箇所だといわれているので、痛みが気になる場合は、事前に医師の方に相談しておくようにしましょう。
もし、痛みを極力減らしたい、人よりも痛がってしまう、という場合は、痛みの少ない施術法や、評判の良いクリニックを選ぶなどの対策をしておいた方が良いでしょう。

施術後には痛みがあるのか?

前項では、施術の際の痛みはほとんどないことをご紹介致しましたが、施術後には痛みがあるのでしょうか。
こちらも結論から申し上げると、施術内容や、人によっては、施術後に痛みを感じることがあります。
例えば、メスを使ってドナーを採取するストリップ法という施術法がありますが、施術の数時間後には、麻酔がきれてくるので痛みを感じるようになります。
クリニックからは痛み止めも処方されますが、痛み止めを飲んでも、痛みを完全に抑えることはできません。
痛み止めを飲んでおけば、日常生活に支障が出てしまったり、夜眠れなくなってしまう…といったことはありませんが、もし痛みが続くのが怖い場合は、多めに痛み止めを処方してもらうようにしましょう。

また、施術後に抜糸をする際には、多少の痛みが伴うことにも注意しておきましょう。
皮膚に溶ける糸を使う、使わない、といった方針はクリニックや医師によって異なるので、事前に施術内容や糸の種類も確認しておいた方が良いでしょう。

自分にあったクリニックや施術法を選ぶことが重要

自毛植毛の施術の際や、施術後の痛みついてご紹介しましたがいかがでしたか。
「施術」「手術」と聞くと、恐怖感を感じてしまうかもしれませんが、事前に痛みのことや、痛みの対策について知っておくことで、ある程度の対策ができるようになってきます。
チューブ型のパンチを使用するダイレクト法は痛みが少ない、メスを使うストリップ法は施術後に少し痛みがあるがドナーの採取範囲が広い…といったように、比較・選択する対象は多くあるので、慎重にクリニックを選ぶようにしましょう。

現在、多くのクリニックが無料でカウンセリングを実施しているので、自分に最適な治療法を選択する為に、まずはカウンセリングを受けてみるのがおすすめです。
痛みについて不安なことがあれば、最適な施術法や対策法を教えてもらえるかと思いますので、少しでも不安感が払拭できるように

タイトルとURLをコピーしました