自毛植毛と内服薬の違いや特徴をチェック

自毛植毛は日本皮膚科学会が作成した薄毛治療のガイドラインにおいて、上から二番目のB評価を得た信頼性の高い治療方法です。

ここでは、薄毛治療に使われる内服薬治療と自毛植毛との近いについて詳しく紹介し、自毛植毛がおすすめなケースについてみていきます。

自毛植毛と内服薬治療を比較検討

自毛植毛と内服薬治療にはそれぞれ利点があります。双方について、詳しくみていきましょう。

自毛植毛の特徴

自毛植毛は内服薬治療に効果がない、またはすぐに目に見える結果がほしい場合に効果的な治療法です。

内服薬では結果が出るまでに時間がかかってしまいますが、自毛植毛なら手術後からすぐにボリュームアップが期待できるので、時間をかけない増毛が可能。

デメリットとしては、1本の移植にかかる単価が高く、1,000本以上のまとまった毛を移し替える場合にコストがかかってしまいます。

内服薬治療の特徴

内服薬治療はAGA(男性型脱毛症)などの薄毛に効果を発揮する治療法で、薬の力で薄毛を引き起こす因子を阻害します。

手術のように大掛かりな準備や施術の必要がなく、ダウンタイムやアフターケアも一切不要なので、痛みが苦手な方やダウンタイム期間がとれない場合でも安心です。

デメリットとして、薄毛の原因によっては期待通りの効果が現れにくかったり、内服薬が体質に合わなかったりする場合があります。

自毛植毛がおすすめなケースとは

自毛植毛がおすすめなケースについて詳しくみていきましょう。

内服薬の効果が出ない場合

体質や薬との相性によっては内服薬の効果が現れにくく、治療に通っていても効果がみられない場合があります。

薬を処方されてから数ヶ月~1年程度は内服を続けて様子をみますが、それでも改善しないときには自毛植毛を検討することになります。

突然脱毛が始まってしまった場合

ストレスや急激なホルモンバランスの変化などで一気に脱毛が始まってしまうケースでは、抜け毛の多い一部分だけが極端に薄くなってしまい、見た目に違和感が出ることがあります。

そのような場合、元の状態に近づけるために内服薬を処方されても、すぐに毛は生えてこないため自毛植毛がスピーディな方法になります。

内服薬治療も一緒に行いたい場合もある

内服薬治療は、現在日本皮膚科学会が最高ランク(もっとも効果的)として認めている治療法です。

男性型脱毛症は内服薬の服用で大きく改善するともいわれており、女性の抜け毛や薄毛にもパントテン酸カルシウムやケラチンを含む内用薬が処方される場合があります。

薄毛治療を行うとき、はじめから自毛植毛を勧められるわけではありません。脱毛の原因に応じて最適な治療法を探し、内服薬で改善する場合はそちらを優先的に行うこともあります。

それでも改善がみられない場合は自毛植毛を組み合わせて、著しく毛髪が少ない部分に植毛を施していくことで、無理なく髪をボリュームアップしていくことが可能です。

自毛植毛はまとまった本数を移植する施術なので、コストの面からも一度にたくさんの植毛を行えない方も少なくありません。そのような状況では、内服薬と組み合わせてコストをかけずに育毛を行うこともできます。

治療の特徴やコスト面で比較を

内服薬には内服薬の良さが、自毛植毛には一度にボリュームアップが期待できるというメリットがあります。

それぞれの特徴や費用などを考え、最適な治療法をクリニックと相談してください。

タイトルとURLをコピーしました