自毛植毛をするとくせ毛になるのか?

安全性・確実性が高いことから、薄毛治療として自毛植毛は依然として高い人気を得ています。デリケートな頭皮・毛髪の問題ですが、自毛植毛後にくせ毛になったという話を聞くことがあります。自毛植毛の際にくせ毛になることがあるのか、なぜくせ毛になるのか、などをご紹介しているので、自毛植毛にご興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

そもそも自毛植毛とは何なのか?

まず、自毛植毛とはどういうものなのかをご説明します。 薄毛対策にはいくつか治療方があります。

毛を編み込むことで髪のボリュームを増やす「増毛」、頭皮に栄養を与えて成長を促す「育毛」、そして髪の毛が薄くなっている箇所に穴をあけて、毛を植え込むことで髪の量を増やす「植毛」が存在します。

さらにこの植毛は2パターンあり、自分の毛を移植する「自毛植毛」と、人工毛を移植する「人工植毛」に分かれています。 人工植毛だと拒絶反応があったり、効果が薄いケースが多いことからあまり推奨されておらず、近年では自毛植毛が人気の治療になっています。

自毛植毛でくせ毛になることがあるのか?

自毛植毛がどういうものなのかを前項でご紹介しましたが、自毛植毛の際にくせ毛になってしまうことがあります。 髪を移植する際は移植元のドナーの性質を引き継ぐことになります。

移植元がくせ毛の場合は移植先もくせ毛となりますが、移植元が直毛でも移植先がくせ毛のようにウェーブすることがあります。

これは髪のサイクルへの順応や、毛根のダメージ、手術の技術によって起こるものだといわれており、人によっては直毛に戻るまで数年単位でかかることがあります。 ただ、くせ毛といってもチリチリしたようなものではなく、軽くウェーブがかかったような状態です。
自毛植毛はあくまでも「手術」である為、術後に頭皮が腫れてしまう、頭皮が痒くなる、皮膚が突っ張った感じがする…といった違和感を感じることがあります。

ただ、ほとんどの場合が一時的なものですので、ほとんどの場合は自然治癒してしまうので、安全性が高いのが特徴です。術後に何かしらの違和感が出てきた場合は、「早寝早起きを心掛ける」「食生活を改善する」など、頭皮にとってメリットのある習慣を心掛けることで、より治癒力を高めることが期待できます。

薄毛が気になる場合は自毛植毛がおすすめ

自毛植毛の概要や自毛植毛の際の注意点などをご紹介しましたがいかがでしたか。 安全性や効果が高く、薄毛の解消に高い効果が期待できる自毛植毛ですが、治療とはいっても「手術」なので、デメリットや術後のダウンタイムなどが存在します。

特に頭髪や頭皮は特にデリケートな部分なので、絶対に失敗したくないという思いが強いのではないでしょうか。 自毛植毛のあとに「施術前は直毛だったのに髪がウェーブしている」「頭の皮膚が突っ張っていて気になってしまう」といった声が挙がることは珍しくありません。

自毛植毛を受ける際は、不安な部分や懸念していることを担当医の方にしっかり伝えて、少しでも心の中の疑問を減らすようにした方が良いでしょう。 料金やアクセスの良さだけでクリニックを決めるのではなく、いくつかのクリニックに相談してみて比較検討してみるのがおすすめです。

また、薄毛を悪化させないためにも、施術後の治癒効果をより高めるためにも、健康的な生活や習慣をぜひ心掛けてみてください。 特に栄養の偏りや、運動不足、シャンプーをあまりしない…というのは頭皮にとってもよくないので、常に頭皮を労わるようにしておくのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました