薄毛の原因や対策として、誤っている情報は?

年齢とともに目立ってくる薄毛。薄毛になる原因や、薄毛対策として、多くの噂が飛び交っていますが、中には誤った情報や薄毛を促進させてしまうものもあります。薄毛の原因と、薄毛の対策の中で誤った情報をご紹介しています。

薄毛の原因として誤解されている情報とは?

薄毛の原因として、よく誤解されている情報をいくつかご紹介します。

飲酒

飲酒が髪の成長を妨げる、薄毛になるというのは誤りです。
適度のアルコールの摂取は毛髪が抜ける要因とはなりませんが、飲み過ぎると体に悪い影響を与えてしまいます。
また、アルコールを摂取することで体調を崩してしまったり、頭痛を感じてしまうことでストレスを感じ、そういったことが間接的に薄毛の原因になる可能性があります。

白髪を抜く

白髪を抜くと白髪が増える、というのは誤りです。
毛母メラノサイトの機能が低下することで、メラニン色素を含まない毛となったものが白髪です。
加齢と共にメラノサイトの幹細胞の少なくなってくるので、白髪は増えていきます。
また白髪が目立つ部分を重点的に抜いてしまうと、髪の毛が薄くなってしまうので注意しておきましょう。

同じ髪型は避ける

同じ髪型を続けるとは、髪に負荷がかからず薄毛になりにくい、というのは誤りです。
ずっと同じ髪の分け目を続けたり、髪の毛を常に束ねるような、髪に負荷がかかる髪型を続けていると薄毛になりやすいと言われています。
髪の分け目は適度に変えたり、常に引っ張り負荷をかける髪型はなるべく控える様に務めましょう。

薄毛対策として誤解されている情報とは?

薄毛の対策として、よく誤解されている情報をいくつかご紹介します。

海藻を食べると髪の毛が増える

ワカメなどが髪の毛に良い、髪の毛が増えるという噂をよく聞きますが、こちらは誤りです。
昆布やヒジキは、その黒っぽい見た目から連想された迷信だと言われています。
健康には良い食べ物なので、栄養バランスを整えることで、髪にとって若干のプラスに働く可能性は考えられます。

頭皮をブラシで叩いてマッサージする

適度に頭皮をブラシなどで叩いてマッサージするのは、頭皮の血行を促進させるため問題はありません。
しかし、頭皮に傷がつく程に行うと、瘢痕性脱毛症と呼ばれる、毛が生えない症状に陥ってしまうことも考えられるため、
頭皮を叩いてマッサージするのは適度に行う方が良いでしょう。

薄毛がどうしても気になる時は、自毛植毛がおすすめ

薄毛の原因や対策として、よく誤解されている情報をご紹介しましたが、いかがでしたか。
薄毛を解消する為に実施していたことが、実は頭皮にダメージを与えてしまっていた、逆効果だった、といったことがないように、日頃から適切なケアをするようにしましょう。

ただ、日頃からケアを徹底していても、どうしても遺伝や生活習慣などの関係で薄毛になってしまうことはあります。
その際は、自毛植毛などの効果の高い薄毛対策治療を受けてみるのがおすすめです。

自毛植毛を実施している、殆どのクリニックではカウンセリングを行っているので、まずは相談してみるのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました