薄毛対策に抵抗感がある人のための効果的な対策方法

育毛方法には服薬や頭皮につけるローションなどが挙げられますが、いずれも薄毛がそれほど進んでいないうちに始めるのが理想的です。

ここでは薄毛対策への一般的な人々のもつ抵抗感についてピックアップし、女性の薄毛におすすめの自毛植毛について紹介します。

薄毛対策に対する抵抗感は?

薄毛に悩む方が、一般的にある薄毛対策についてどの程度抵抗感を持っているのかをみていきましょう。

自分で行う対策はアリ

薄毛対策として行う育毛剤の使用や頭皮ケアについては、若い世代を中心にポジティブに考える人が多くみられます。

「誰にもわからないように対策をしている」という人や、「薄毛に気づいたタイミングですぐケアを始める」という人もいます。

育毛効果のあるヘアケアアイテムの使用や、髪をとかしすぎないように注意する対策方法も一般的な方法です。

専門店やクリニックでの治療は敬遠気味

「人に薄毛であることを知られたくない」「ひっそりとボリュームアップしたい」という思いから、薄毛治療を専門的に行っているクリニックや、皮膚科・ヘアサロンでの相談には抵抗を感じる意見もみられました。

期間を決めて治療を受けているが、その間は服薬を含め人に知られないようにしているといった意見も多く、できるだけ周囲に知られないために、短時間での効果を望む声もあります。

専門クリニックでの薄毛治療もやってみたい方は多い

「今後やってみたい薄毛対策」に関する調査によれば、クリニックでの治療がもっとも効果が期待できそうということで上位にランクインしています。

これは、薄毛のメカニズムや一人ひとりの薄毛の原因を踏まえて的確に対処ができるという意味でもあり、自分でひっそりと行う薄毛対策よりも、より専門的な治療に関心が高いことを意味しています。

クリニックでは原因の診断や分析のほか、症状に合わせた処置の提案やアドバイスが受けられます。

女性と男性では薄毛の原因が異なり、年齢や生活環境などによっても変わるため、それぞれに適した対策ができることは、クリニックならではのメリットといえるでしょう。

女性におすすめの自毛植毛

薄毛に悩む女性には、副作用の強い服薬ではなく「自毛植毛」がおすすめです。自毛植毛とは、自分の頭髪を使って薄くなっている部分に移植を行う最新の薄毛治療法です。

人間の頭髪は、後頭部の毛ほどストレスやホルモンに強く、影響を受けにくくなっています。

実際に頭頂部よりも後頭部の毛のほうが太く健康であるというデータもあり、健康な毛髪を頭頂部やおでこの生え際などに移植することで、即日で薄毛が治療できます。

自毛植毛は薄毛の程度と予算を兼ね合わせて移植本数を決めます。治療後は数日のダウンタイムを経て少しずつ傷跡が回復し、毛髪が皮膚に定着していきます。

植毛を行ったその日から毛髪量が増やせるので、効果の出づらい育毛剤や副作用の心配がある服薬治療よりも確実性の高い方法として注目されています。

植毛法にはいくつかの術式があり、外科手術として大掛かりに行われるものもあります。

メスを使わず穴あけパンチ式に毛根を採取していく「FUE法」は、皮膚へのダメージが少なく安全性が高いため、女性におすすめです。

即日で増毛できる自毛植毛

毛髪量は加齢とともに少しずつ減っていき、ストレスやホルモン、薬などの影響で薄毛になるケースもみられます。

ヘアスタイルを楽しみたい女性にとって、薄毛は美容の大敵。安全な自毛植毛で、薄くなってしまった部分のボリュームアップを行ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました