抜け毛が気になったら脂漏性脱毛症?症状と対策について解説!


脂漏性脱毛症という言葉を知っていますか?
「最近髪が抜けやすくなった。」「フケが増えている。」「髪がべたつくことが多い。」などの症状があった場合は、脂漏性脱毛症の場合があります。

脂漏性脱毛症についてとその対策について紹介していきます。

女性の脂漏性脱毛症とは?

脂漏性脱毛症とは頭皮の皮脂が過剰分泌されることにより髪が抜け落ちてしまう脱毛のことです。
何等かの原因により過剰に分泌された頭皮の皮脂が毛穴をふさいでしまうことで、皮脂を食べる毛穴にいる常在菌が異常繁殖します。繁殖した菌による刺激によって、毛穴や毛根で炎症が発生し、ダメージを受けた髪の毛がやがて抜け落ちてしまうことにより起こります。

女性の場合は加齢やホルモンバランスの崩れによって皮脂が過剰分泌されることにより、脂漏性脱毛症が発生する場合があります。

脂漏性脱毛症の症状

初期症状

初期段階の症状としては、フケが増えた、頭皮が脂っぽいと感じる程度のため、この段階では強い自覚症状もありません。
また、フケに関して、周囲から指摘されることはデリケートな内容のため多くなく、気づかずにいる方も多いようです。

中期

中期になると、フケが増し、かゆみや炎症がおきてきます。炎症によるストレスも発生してきます。

後期

生活に支障をきたすほどの大量のフケ、かゆみが発生します。
このころから、髪が細くなりはじめ、抜け落ちが見られるようになります。

生活習慣を見直せば改善できる

食生活の改善

焼肉やラーメン、揚げ物のような脂質やカロリーが高い食生活が多い方は脂質の取りすぎによる皮脂の発生が考えられます。
脂質やカロリーが高めの食事を控え、抗炎症作用のあるビタミン・ミネラルを取るようにすることや、皮脂の調節をする働きを持つビタミンB2を多く含む食事を多くすることで、食生活から皮脂の過剰分泌を改善できます。

睡眠や休息をしっかりととる

睡眠や休息をしっかりととることによって、ホルモンバランスの調整・ストレスの軽減をしましょう。ホルモンバランスの崩れやストレスが原因の場合は、これにより皮脂の過剰分泌が改善できます。

シャンプーの仕方を変える

脂漏性脱毛症は皮脂の過剰分泌が原因ですが、洗浄力の強いシャンプーで皮脂を洗い落しすぎても、本来必要な常在菌まで洗い流してしまい、かえって皮脂を大量に発生させてしまう場合もあります。
頭皮への刺激が弱い、アミノ酸シャンプーで優しく洗い流しましょう。

皮脂の過剰分泌が減っても薄毛が改善されない場合は?

脂漏性脱毛症は、ステロイド外用薬・抗真菌薬などにより、炎症を改善することができます。
しかしながら、炎症が収まっても薄毛が改善されない場合があります。

そのような場合には、発毛治療や自毛植毛などがおすすめです。薄毛の対策は症状によって、最適な治療方法がありますので、まずは一度クリニックへ行って診断してもらうとよいです。

自分に合った治療方法で薄毛を改善し、日々を楽しく過ごしましょう!

タイトルとURLをコピーしました