ストレスで抜け毛を引き起こす?メカニズムと予防法

「最近抜け毛が気になる」という方は、もしかしたらストレスが原因かもしれません。ストレスは頭皮環境を悪くし、抜け毛や薄毛を引き起こすと言われています。女性でも十分起こり得ることですから、メカニズムや対策法を知っていつまでも健康的な髪を維持しましょう。女性の方は必見です。

ストレスで抜け毛が増えるメカニズム

抜け毛や薄毛と聞くと男性に多いイメージがありますが、実際は女性でも抜け毛や薄毛といった髪のトラブルが多いと言われています。なかでもストレスが原因の抜け毛が多く、誰で起こり得ることです。ここではストレスで抜け毛が増えるメカニズムについて説明します。

自律神経が乱れる

ストレスが溜まると自律神経が乱れ交換神経が活発になります。交感神経が活発になると頭皮の血行が悪くなり抜け毛を引き起こすと言われています。健康的な髪は血液がまんべんなく行き届いています。しかしストレスが溜まると必要な栄養が髪に届けられなくなるため抜けやすくなるのでしょう。

ホルモンバランスが乱れる

さらにホルモンバランスも乱れます。女性ホルモンが安定した状態ですと髪は健康的でツヤがありスクスクと育ちます。しかしストレスで男性ホルモンが優位になってしまうと健康的な髪が育ちにくくなり、また皮脂分泌も過剰になってしまうでしょう。抜け毛以外にも「最近頭皮がにおう」という方は要注意です。雑菌が繁殖しフケかゆみの原因にもなります。

亜鉛が不足する

不健康な髪はケラチンが正常に生成されなくなると抜け毛を引き起こします。ケラチンは亜鉛によって作られますから、当然不足するとケラチンは生成されなくなってしまいます。

睡眠不足によるもの

しっかり体を休ませ十分な睡眠を取ると髪も健康になります。その逆は髪を不健康にし、抜け毛に繋がります。特に22時~翌朝2時はゴールデンタイムといって髪や肌に良い成分(成長ホルモン)が分泌されます。睡眠不足はこれが正常に分泌されないため抜け毛や薄毛を引き起こしやすくなるのでしょう。

ストレスによる悪循環が抜け毛を進める原因に

誰でもストレスを受けると身体に悪影響を及ぼします。それは髪も同様で、ストレスを受け続けるとどんどん抜け毛を悪化させてしまいます。もちろんそれだけではありませんが、元々健康的な髪の持ち主が突然抜け毛を引き起こすのは、やはりストレスがもっとも大きな原因になるでしょう。

ストレスを溜めないためにも対策や予防が大切です。

すぐに始められる抜け毛対策・予防方法

ストレスによる抜け毛は、ストレスを軽減してあげると改善されるケースがほとんどです。ここではすぐに始められる抜け毛対策と予防方法を紹介します。誰でも簡単にできるので、抜け毛で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

生活習慣を見直す

ストレスを抱えている人は生活習慣が乱れがちです。食生活が悪かったり睡眠不足だったりと負のスパイラルに陥りがちですから、まずは生活習慣を見直しましょう。規則正しい食事をし、早寝早起きを心がけます。不規則な生活を改めるだけでずいぶん違います。

血行を促進する

ストレスは血行不良にもなりやすいので、適度な運動やゆっくり湯船に浸かるなどして血行を促進してあげましょう。血行が良くなると頭皮の血液の流れも良くなります。

ヘアケアを改める

誤ったヘアケアは頭皮や髪にストレスを与えると言われています。過剰なシャンプーや髪に合わないトリートメントは髪の栄養も逃げてしまいます。シャンプー後の自然乾燥もNGなので、しっかりドライヤーで乾かしてあげましょう。雑菌繁殖も防げ、抜け毛防止にも繋がります。

ストレスによる抜け毛は回復する

抜け毛といっても原因はさまざまですが、ストレスによって抜け毛を引き起こしている場合はストレスを軽減してあげると回復すると言われています。ただ抜け毛の状態によっても回復期間は異なりますので、すぐに生えてこないからといって諦めないでください。

タイトルとURLをコピーしました