植毛とは?育毛や発毛との違いと女性の薄毛対策におすすめの理由は?


薄毛の悩みを改善する方法として、「植毛」という言葉を耳にすることは多いのではないでしょうか。しかし、「植毛」についてしっかりと理解している人は意外と少ないと思います。

今回は薄毛対策に挙げられる「発毛」や「育毛」との違いも含めて、植毛について解説していきます!
植毛について理解したうえで、今の自分の薄毛に最適な対策をしていきましょう。

植毛とは?

薄くなってしまった頭皮に髪の毛を直接埋め込んでいく施術方法を植毛といいます。
自毛植毛の場合は一度植えると、抜け落ちてもまた毛が生えてくるので、半永久的には生やすことができます。
この施術は医療行為にあたりますが、植毛手術は基本的に保険の適用外になります。
「円形脱毛症」など、病気に対しての医療行為と認められた場合については、保険が適用されることもあります。

植毛の種類

植毛には「人工植毛」と「自毛植毛」があります。
人工の毛を植え付ける人工植毛の場合は、人によってはアレルギーや拒絶反応が発生するリスクがあるので、あまりお勧めできません。
しかしながら、自毛植毛であれば、自分の毛根を皮膚ごと移植する施術方法のため、拒絶反応が起きる心配もなく、自然な仕上がりにすることができます。

「育毛」や「発毛」との違い

薄毛の対策として、植毛、育毛、発毛がありますが、これらはそれぞれ定義が異なります。
「育毛」と「発毛」はそれぞれどういうものかを見ていきましょう。

育毛

育毛は文字の通り、「毛を育てる」対策になります。
今存在している毛に対してアプローチをし、毛の成長を助け育てていくことを目的としています。
髪はあっても細くてすぐに抜けてします人におすすめの対策で、生活習慣の改善や、育毛剤・育毛シャンプー・マッサージなどにより改善をします。

発毛

発毛とは、抜け落ちた髪の毛を新たに生やすことを指します。
今後は得てくる毛に足して、薬などによってアプローチし、毛の生成を促していく薄毛対策になります。生えてくる毛が育ちやすくなるための土壌づくりと考えるとよいでしょう。
外用薬や内服薬の使用などにより対策をしていく、薬物治療が中心です。

発毛治療は半年以上治療を続けなければ効果が実感できにくいこと、医薬品の服用による副作用のリスクがあることがデメリットとして挙げられます。

女性の薄毛対策に植毛がおすすめの理由

薄毛の対策は様々ですが、女性には植毛がおすすめです。

医薬品による副作用の心配がない

発毛治療のように医薬品を服用して薄毛の対策をする方法もありますが、薬物を服用する以上、副作用のリスクはありますが、植毛は毛を頭皮に植えていく方法なので、薬の服用の必要がなく薄毛対策をすることができます。

自毛植毛で施術をすれば、拒絶反応も起こらずリスクが低く薄毛対策ができます。

自然な仕上がりにできる

植毛は一度施術すると、抜け落ちることはあっても取り外しはできません。本来の髪と一体化して見えるため、植毛が自然に見え薄毛対策をしていることが分かりにくいです。

ヘアアレンジも安心

薄毛対策でウイッグを使用する場合もありますが、その場合はヘアスタイルをアレンジの幅がどうしても狭くなってしまいます。
植毛の場合は本来の髪と一体化するため、その日の気分に合わせて好きなようにアレンジすることができます。
薄毛対策をしても、おしゃれを楽しみたい女性にはピッタリの対策です。

女性で薄毛対策をするなら植毛がおすすめ!

植毛は頭皮に毛を植えることで、自然な仕上がりにすることができ、薬品などによるリスクもない薄毛対策です。
薄毛対策をしながらも、自然で、おしゃれを楽しみたい女性なら植毛で薄毛対策をするのが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました