薄毛に繋がる悪習慣と対策をご紹介!

若い時にはあまり気にならない髪の毛ですが、歳を取るごとに段々と髪の毛は薄くなってきます。

私たちが普段とっている何気なく習慣や食事が薄毛を悪化させる要因になっていることをご存じでしょうか。 今回は薄毛を悪化させてしまう習慣と対策をご紹介していきます。

薄毛の原因とは?

まず、薄毛の原因・メカニズムについてご紹介します。

毛髪の量が減ってしまい、地肌が見えてしまう状態のことを一般的に「薄毛」といいます。

薄毛になる原因として考えられるものはパターンがいくつかあるのですが、血流が悪くなることで成長が阻害されてしまう「血液循環の不良」、男性ホルモンの影響で毛乳頭細胞の分裂が抑えられる「男性ホルモン」、皮脂が多く分泌されることで毛穴がつまったり、炎症が起きることで成長が阻害されてしまう「脂漏」などが代表的なものとして挙げられます。

これだけではなく、遺伝的な問題や肥満などの体質の問題なども薄毛に関わってくるので、薄毛を改善したい場合は診察を受けて自分の頭皮・頭髪の状態を確認する必要があります。

薄毛に繋がる習慣とは?

薄毛の原因やメカニズムを前項でご紹介しましたが、日頃から頭髪を労わることが一番の薄毛対策です。 シャンプーやリンスで髪を労わっていても、私たちが何気なくとっている行動で頭髪に悪い影響を与えてしまうことがあります。 頭髪・頭皮に悪影響をあたえてしまう、代表的な習慣をご紹介します。

熱いお湯で髪を洗う・直射日光を浴び続ける

熱いお湯で髪を一気に洗うのはNG習慣です。熱いお湯で洗うのは気持ちが良いのですが、お湯の温度が38℃を超えると頭皮を守っている油分まで流されてしまいます。

フケや痒みの原因にもなってしまうので、髪を洗う際はなるべくぬるま湯で洗うようにしましょう。 頭皮は熱には弱いので、直射日光を浴び続けるようなことも極力控えましょう。

ストレス・睡眠不足

ストレスや睡眠不足の状態だとホルモンバランスや自律神経が乱れ、髪の成長サイクルにも悪影響を与えてしまいます。

生きていく上でストレスはつきものですし、ストレスがうまく解消できないことで睡眠不足に陥ってしまうこともあるので中々解消するのは難しいところですが、まずは「何時までに帰る」「遅くでも何時までには寝る」という目標をたてて実行するのが良いでしょう。

食生活の乱れ・運動不足

カロリーが高いものや油分・糖分が多く含まれたものを食べ続けると、不健康なだけではなく、中性脂肪が増えることで毛細血管がつまり髪にも悪影響を与えてしまいます。

髪の毛に栄養が行き届かずに成長が止まってしまうことにもなるので、緑黄色野菜やビタミンなどを積極的に摂取しましょう。

また、日常生活に運動を取り入れることも薄毛の対策に繋がります。 まずはウォーキングなど、気軽にできるものから実施して、健康には気を配っていくようにしておきましょう。

日頃の習慣を見直すことが大切

薄毛に良くない習慣をご紹介しましたがいかがでしたか。 薄毛は個人の遺伝や体質だけではなく、日頃の習慣や食生活も深く結びついています。 「ストレスをためず、なるべく早めに寝る」「日常生活に運動をとりいれる」「バランスよく食べる」など、健康的な習慣をとることが薄毛対策に繋がります。

習慣を変えることでストレスを抱えてしまうのは本末転倒なので、まずは自分にとって無理のない範囲から実施していくことがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました