自毛植毛の施術方法にはどんなものがあるのか


自毛植毛の施術方法は、いくつかの種類があることをご存じでしょうか。
できれば自分にあった施術を選びたいものですよね。
今回は、代表的な自毛植毛の施術法の種類と、それぞれの施術法にいった特徴があるのかをご紹介しています。自毛植毛をご検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ニードル法

細い植毛針を使って、穴あけと植え込みを行って植毛するのがニードル法です。
一定の範囲をドナーとして採取せず、毛髪を一本一本使用するのが特徴です。

ニードル法のメリット

植毛針で穴あけ・植え込みを同時に行うので、施術の工程が少ないのがメリットです。
移植痕が目立ちにくいので、「傷跡をあまり残したくない」「周りに極力知られたくない」という場合におすすめできます。

ニードル法のデメリット

移植することが髪の毛の種類が限られてきて、移植後の毛は細い毛になります。
髪のボリュームが少なく、地肌が見えやすいのがデメリットだといえるでしょう。
また、料金も比較的高額で、生着にもやや時間がかかってしまうので注意が必要です。

ストリップ法

後頭部にメスをいれてドナーの採取を行い、移植を行う施術法です。
移植部には小さなスリットを作り、採取したドナーをピンセットで差し込んでいきます。
多くのクリニックで実施されている自毛植毛法です。

ストリップ法のメリット

ドナーの採取範囲が広いため、手術時間が短く、施術の負担が双方にとって少ないのが特徴です。
また、料金も他の施術法に比べると安く設定されているのもメリットだといえるでしょう。
結合する為、移植後の見た目の仕上がりが特に違和感の少ない施術法です。

ストリップ法のデメリット

メスでの採取になるので、縫合跡がのこります。吸収されない糸で結合した場合には、抜糸が必要な場合もあります。
また、縫合した部分は毛が生えてきませんので注意しておく必要があります。
また、他の施術とは比較すると、麻酔後の痛みが強めなので注意しておきましょう。

ダイレクト法

チューブ型のパンチを利用してドナーを採取します。
移植する箇所に新たに毛穴を作成して、そこにドナーを植え込んでいきます。
毛穴が無くなってしまった箇所であっても、毛穴を作成することができるのが特徴です。

ダイレクト法のメリット

移植先の毛穴が均一になるので、仕上がりが良いと言われています。
メスを使わないので、他の施術法と比べると痛みが少なく、また手術跡もほとんど目立たないのがメリットだといえるでしょう。

ダイレクト法のデメリット

範囲が限られているので、植毛の量が多い場合にはあまり向いていません。
広範囲の植毛や、大量の植毛だと対応できないことがあるので、注意しておく必要があります。

自分にあった施術法を選ぶことが重要

自毛植毛の施術方法の中で、特に代表的なものをご紹介しましたがいかがでしたか。
自毛植毛は期待できる効果や安全性に優れていますが、その施術法は様々です。
髪の量や頭皮の状態によって適切な施術法は異なってきますし、料金や医師の技術もさまざまです。
痛みが少ないもの、大量の毛でも対応できるもの、施術時間が少ないもの、コストが安いもの…など、それぞれの施術法のメリット・デメリットを確認した上で、最適なものを選択するようにしましょう。
また、一つのクリニックではなく、複数のクリニックを比較することをおすすめします。
自身の頭皮の状態が分からない、とういった施術が最適なのかわからない、というケースも多いかと思いますので、まずはクリニックに行ってカウンセリングを受けてみてください。

タイトルとURLをコピーしました