女性の薄毛の原因は何?日ごろからできる予防方法についても解説


薄毛は男性でよくあるもののイメージが強いと思いますが、女性でも薄毛に悩む場合があります。女性でよくある薄毛の悩みは髪のボリュームダウンが多いですが、その原因は何か、女性で起こりやすい薄毛の原因と予防方法について解説していきます。

女性で発生する薄毛の原因は?

女性ホルモンの減少

女性ホルモンのエストロゲンは髪や地肌、体型など女性の美しさを保つ役割を持っています。この女性ホルモンの減少によってもともと体内にある微量の男性ホルモンが活性化し薄毛が引き起ります。

原因は加齢が多いですが、最近はストレス、食生活の乱れなどにより女性ホルモンが低下する方が増え、若い人でも薄毛の症状がみられるようになりました。

女性の場合は全体的に髪のボリュームが減り、均等に薄くなっていく傾向にあります。

誤ったヘアケア

髪の洗浄は過度に洗いすぎても、洗わなさ過ぎても地肌にダメージを与えてしまします。
誤ったヘアケアによって抜け毛や薄毛の原因になる場合があります。

清潔を意識して、洗浄力の強いシャンプーを使用したり、洗い方が強かったりすると頭皮の必要な皮脂まで洗い流してしまい、乾燥によってフケが発生しやすくなります。
フケの発生により毛穴がふさがってしまうと炎症を起こしてしまう可能性があります。

反対にシャンプーのすすぎ残しがある場合でも、炎症やかゆみを引き起こし抜け毛や薄毛を引き起こしやすくなります。
シャンプーは強すぎない刺激で、優しくマッサージするように洗い、しっかりとシャンプーを流すように意識しましょう。

出産による一時的な薄毛

出産は女性特有のものですが、産後女性ホルモンの周期の変化によりヘアサイクルが一時的に乱れて薄毛の症状が出る場合があります。

女性の体はエストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンがお互いに周期的に優位となり、バランスをとっています。

妊娠をすると、どちらも同等に分泌量が増加しますが、産後はこの分泌が急激に減少するので、髪が一気に抜け落ちる場合があります。これは一過性のものなので、半年ほどで解消する場合が多いです。

薄毛を予防するなら

加齢や出産による女性ホルモンの減少は避けられませんが、若い女性であれば生活習慣を見直すことで薄毛を予防することができます。

栄養に注意する

女性の場合は仕事だけではなく、育児や過度なダイエットによって栄養が不足し薄毛に影響する場合があります。
ビタミン・亜鉛・タンパク質の取れるバランスの良い食事を意識し、栄養を十分に取りましょう。

睡眠の質を意識する

発毛は睡眠時に分泌される成長ホルモンによって促されます。入眠3時間に一番成長ホルモンが分泌されるので、特にこの3時間で質の高い睡眠がとれるように意識しましょう。
寝る1時間前にはスマホを見ないようにする、ストレッチなどで気持ちや体がリラックスできる状態にするなどの工夫をするとよいです。

薄毛が改善されない場合の対応は?

薄毛を予防する対策をしても、すでに薄毛が進行してしまっていたり、生活習慣の改善でも回復が見込めない場合は薄毛の専門クリニックなどで診断してもらいましょう。
植毛や、発毛対策など、自分の状態にあった薄毛治療を行うことができます。

薄毛が気になり始めたら、早い段階でクリニックなどに相談し、髪の悩みを解決して薄毛を気にしない日々を過ごしましょう。

タイトルとURLをコピーしました