薄毛の予兆と症状を知って効果的に予防しよう

男性を中心に、近年では女性にも深刻な問題となっている「薄毛」の問題。

疾患や遺伝、加齢などさまざまな原因が考えられますが、薄毛対策を行う前にどのような予兆が起きるのかについて、詳しくみていきましょう。

薄毛の予兆とは?どんな症状があるのか

薄毛の予兆と、それぞれの詳しい状態を紹介します。

短い毛が抜けてくる

髪の毛は「ヘアサイクル」と呼ばれる周期にしたがって、生えては抜け落ちていきます。

正常なヘアサイクルであれば、髪の毛は太くしっかりと育ってから抜け落ちるものですが、太く長い毛にまじって短い毛が抜けてきたときは要注意。

十分に生えきっていない状態で抜け毛となっている可能性が高く、薄毛の予兆である場合があります。

細い毛が何本も抜ける

成長しきっていない短い毛と同様に、成長はしたものの栄養が不十分であるために細くなってしまった毛が何本も確認できるようなケースも、薄毛を疑うことができます。

細い毛はそれ自体抜けやすく、ブラッシングやシャンプーなどちょっとした刺激でも抜けてしまうため、頭皮にとどまっている時間が短く、抜けてなかなか生えてこないと薄毛になってしまいます。

ごっそりと髪の毛が抜ける

原因は人によってさまざまですが、ごっそりと髪の毛が抜ける場合は薄毛になりやすい状態といえます。頭髪をチェックして、一部あるいは分け目部分などが異様に薄くなっていないか確認を。

頭皮トラブルが起きる

頭皮が赤くなり炎症を起こしたり、ニキビや角質が発生する、フケがたくさん出る、洗ったあとでもベタつく…といったトラブルがみられる場合、髪が正常に成長しにくく薄毛になりやすい頭皮環境になっている可能性があります。

女性の薄毛の原因と特徴

女性が薄毛になる原因と症状は、大きく分けて以下の通りです。

  • 疾患
  • 薬剤の影響
  • 妊娠・出産
  • 加齢(遺伝)
  • ストレス
  • 栄養不足(ダイエットの影響も含む)
  • ホルモンバランスの影響

妊娠・出産は一時的にホルモンバランスが乱れるため薄毛になりやすいですが、ホルモンの状態が落ち着けば元に戻っていきます。ホルモンバランスの影響も同様に、婦人科でのケアで改善する可能性があります。

現代人に多い原因としては「ストレス」「栄養不足」が挙げられ、どちらも頭皮に十分な血液や栄養素が回らないことから薄毛になっていきます。

ダイエットのしすぎは栄養不足を引き起こし、体にも大きなストレスがかかります。普段から心と体の状態をチェックし、食事や休息を十分にとってケアしていくことが大切です。

薄毛の予兆を見つけたら早期治療が大切

薄毛の予兆かも?と思ったときは、まず栄養や休息をたっぷりととりましょう。ホルモンバランスの影響で顔にニキビができたり、体調不良が起きる場合は婦人科へ相談を。

その他、疾患や薬剤の影響が考えられる方はかかりつけの病院や医師、薬剤師にご相談ください。

薄毛の原因を知って早急に対処を

若い人でも決して無縁ではない薄毛の問題は、予兆を見つけたら早めに改善に取り組んでいくことが大切です。

健康で太く長い髪の毛を作るためにも栄養をしっかりと摂り、シャンプーやトリートメントをしっかりと行って、ブラッシングも丁寧にすることがポイント。

必要に応じて育毛専門のクリニックを受診するなど、薄毛の状態や原因に合った頭皮ケアを実施してください。

タイトルとURLをコピーしました