若ハゲの原因とは?対策から効果的な治療まで

薄毛は高齢者の方だけの問題ではなく、20代や30代でも薄毛が目立つ「若ハゲ」の方も増加傾向にあります。放置しておくと症状が悪化してしまったり、治療するのに時間や料金がかさんでしまうことも考えられます。この記事では若ハゲの原因や対策をご紹介しているので、同症状でお悩みの方や薄毛対策をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

若ハゲとは何か?若ハゲの原因は?

そもそも「若ハゲ」とは何なのかをご存じでしょうか。 AGA(男性型脱毛症)の中でも、20~30代の若年層の男性に起こる「若年性脱毛症」のことを俗に若ハゲと呼びます。

若ハゲのタイプは大きく分けて3つあり、頭頂部がハゲる「O字型」、こめかみがハゲる「M字型」、額が後退してハゲる「U字型」が挙げられます。

また、男性だけではなく女性の方に症状が現れることもあります。 その原因は様々で、遺伝や体質などによるものや、男性ホルモン影響などが代表的なものとして挙げられますが、生活習慣の乱れ、ストレスなどの様々な要因が影響しています。 若ハゲでお悩みの場合は、まず自身のタイプがどれなのか、何が原因になっているのかを確認するために、クリニックに相談にいかれることをおすすめします。

若ハゲの対策方法は?

若ハゲのタイプや原因などを前項でご説明しましたが、どういった対策方法があるのかをご紹介します。

健康に気を遣う

健康に気をつかうことこそが若ハゲの対策方法です。 かなり広義な言葉ですが、健康に良い習慣や食事をとることを心掛けると良いでしょう。

具体的には

・バランスよく食べて、脂っこいものや糖分を取りすぎないようにする

・定期的に運動をする

・ストレスをためない

・早寝、早起きを心掛ける

などです。

頭皮・毛髪を労わる

頭皮や毛髪にも普段から気を配っておくことが大切です。

具体的には

・シャンプーをすすぎ残さない

・高温(38℃以上)で髪を洗わない

・直射日光や帽子はなるべく避ける

・整髪剤をつけすぎず、夜には洗い流す

などが挙げられます。

シャンプーのすすぎ残しや、高熱は頭皮には不可がかかります。 髪にとってなるべく悪影響がないように、普段の習慣にも気を配っておきましょう。

若ハゲの治療方法は?

若ハゲが進行してしまった場合は治療が必要になります。 毛根が死んでしまっている場合や、髪の毛自体が少ない場合は増毛や育毛の効果は薄れてしまいます。 そんなときは、髪の毛が薄くなっている箇所に穴をあけて、毛を植え込むことで髪の量を増やす「植毛」を行うのが良いと言われています。

また、植毛は自分の毛を移植する「自毛植毛」と、人工毛を移植する「人工植毛」に分かれていますが、人工植毛だと拒絶反応があったり、効果が薄いケースが多いことから、近年では自毛植毛が主流になっています。 まずはクリニックでカウンセリングを受けて、自分の若ハゲがどの段階なのかを確認した上で、最適な治療方法を確認するようにしましょう。

若ハゲは治療できる時代に

若ハゲの説明や、原因・対策などをご紹介しましたがいかがでしたか。 その症状や原因はそれぞれ異なるので、まずは自分がどのタイプなのか、どういった治療が必要なのかを確認することが大切です。

対策をせずに放っておくと進行してしまうので、「最近髪が薄くなってきたな」「おでこが広くなっている気がするな」と感じることがあれば、まずはクリニックで相談してみることをおすすめします。 早期で発見・治療できるのに越したことはないので、もし髪の毛を残しておきたい場合は今のうちから生活習慣や栄養には気をつけておくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました