医師紹介

DOCTOR
親和クリニックのドクター紹介

親和クリニックのドクター陣

経験豊富な医師が、患者さまの薄毛の悩みに真摯に向き合い、解決へと導きます

親和クリニックの医師は外科出身。素早く正確な手技で植毛を完了することで、高い生着率を実現します。また、研究が進む植毛・薄毛治療技術についても、常に最新の症例情報や治療方法を取り入れ、知識をアップデートしています。
無料カウンセリングでは、自毛植毛や薄毛治療について疑問や質問にご納得いただけるまで丁寧にお答えします。安心してご来院ください。

親和クリニック 医師
大河内 裕美

HIROMI OKOCHI

ドクター経歴

日本形成外科学会 認定専門医
医学博士 学位取得

経歴

平成13年 東京大学医学部 形成外科
平成15年 埼玉医科大学 形成外科 勤務
平成18年 福島県立医科大学 形成外科 勤務
平成30年 親和クリニック 勤務
親和クリニック 医師
水村 奈央

NAO MIZUMURA

ドクター経歴

日本形成外科学会

経歴

平成25年 山梨大学医学部医学科卒業
平成25年 市立甲府病院 勤務
平成27年 山梨大学医学部附属病院形成外科 入職医員
平成30年 親和クリニック 勤務
平成31年 山梨大学医学部附属病院形成外科 臨床助教

各院院長

親和クリニック 総院長
音田 正光

MASAMITSU ONDA

ドクター経歴

大学を卒業後、一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事したのち、植毛手術を開始。
最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は約1,000例超、その後もっぱらFUE手術を行う。
FUE手術の症例数は約2,000例に上る。平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。得意な自毛植毛手術は、ハイスピードメガセッション、Super Dense Packingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷跡への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形の修正術。

経歴

平成3年 福島県立医科大学医学部卒業
平成7年 福島県立医科大学大学院卒業(医学博士)米国留学
平成13年 日本医科大学老人病研究所教官
平成26年 親和クリニック新宿開設 院長就任
平成27年 親和クリニック新宿 総院長就任
親和クリニック福岡院 院長
中山 樹一郎

JUICHIRO NAKAYAMA

ドクター経歴

福岡大学 名誉教授
日本皮膚科学会 皮膚科専門医

経歴

昭和50年 九州大学医学部 卒業
平成3年 九州大学医学部 助教授
平成10年 福岡大学医学部 教授
平成26年 福岡大学医学部総合医学研究センター 教授
平成31年 福岡大学 名誉教授
平成31年 親和クリニック福岡 院長就任
親和クリニック大阪院 院長
滝田 賢一

KENICHI TAKITA

ドクター経歴

自毛植毛手術は4年間で1,500症例以上を経験。得意な手術はFUE自毛植毛手術。

経歴

平成元年 福島県立医科大学医学部卒業
平成5年 福島県立医科大学大学院卒業(医学博士)福島県立医科大学付属病院勤務
平成16年 国立病院機構福島病院勤務
平成26年 親和クリニック新宿 副院長就任
平成27年 親和クリニック大阪 院長就任
親和クリニック名古屋院 院長
福島 俊彦

TOSHIHIKO FUKUSHIMA

ドクター経歴

日本外科学会 指導医 専門医
日本内分泌・甲状腺外科学会 専門医
日本甲状腺学会 専門医
日本がん治療認定機構 暫定教育医・認定医
日本超音波医学会 専門医

経歴

平成2年 福島県立医科大学医学部卒業
平成6年 福島県立医科大学 大学院修了(医学博士)
平成6年 福島県立医科大学外科学第2講座
平成8年 福島県立大野病院勤務
平成15年 国立郡山病院勤務 医長就任
平成22年 福島県立医科大学医療工学講座、器官制御外科学講座 准教授就任
平成22年 福島県立医科大学附属病院 医療安全管理部 副部長 兼任
平成25年 福島県立医科大学甲状腺内分泌学講座、器官制御外科学講座 准教授就任
平成28年 親和クリニック 勤務
平成29年 親和クリニック名古屋 院長就任
親和クリニック for レディース
タイトルとURLをコピーしました