頭頂部の植毛について

MIRAI法による頭頂部への自毛植毛

施術前
1年後

30代 女性
移植株数:2,000株 費用:¥2,200,000(税込)

症例一覧

分け目や頭頂部についてこのようなお悩みはありませんか?

  • 後ろに立たれると頭を見られているような気がする・・・
  • お辞儀するとなにか思われているのではと考えてしまう・・・
  • 汗をかいても帽子を長時間外せない・・・
  • 洗髪時に抜け毛を気にしてしまう・・・

頭頂部の薄毛とは

頭頂部の薄毛は、生え際や額と異なりある程度意識しないと目が届かない部分のため、自分では、なかなか気づけません。
前頭部から頭頂部にかけて地肌の透け感が目立っている場合は、すでに脱毛が進行しているといえます。びまん性は頭部全体の髪の毛が細くなり脱毛し、毛穴の休止期の割合が全体の30%以上になることによって、透け感の状態が分かるようになります。
遺伝だけではなくストレスやホルモンバラスの乱れで薄毛になる可能性がある際は、頭頂部を鏡でチェックすることで、薄毛の進行を早期に発見することができます。

頭頂部の薄毛の原因

頭頂部の薄毛には、びまん性脱毛症が大きく関係しています

女性型脱毛症で考えられる要因は、びまん性脱毛症になります。

びまん性脱症は、頭部全体的にボリュームがなくなり、特に頭頂部や分け目など透け感が出ることによって、気になりだします。
30歳ごろの発症が多く、遺伝だけではなくホルモンバランスの乱れやストレスや食生活など原因は様々なため特定が困難です。

側頭部や後頭部より薄毛になりやすい

女性のびまん性脱毛症は、頭部全体がびまん性脱毛症になりますので、どの部位も同じ密度になります。
ただヘアスタイルを作る際に、どうしても髪の毛の流れや分け目などができるため、その部位が目立つことによって透け感が感じ取れます。

側頭部や後頭部は、髪の毛が下方向に同じ向きで伸びていきますので、さほど薄毛も気にならない部位になります。

頭頂部の薄毛を起こしやすい生活習慣

喫煙は毛細血管を収縮させる働きがあります。血行が悪くなるとが毛細血管から十分に血流が行き渡らなくなります。

ストレス

髪の成長に必要な成分である亜鉛は、ストレスを感じると消費されてしまいます。またストレスはホルモン分泌にも影響を与えるため毛髪の成長にも影響します。

睡眠不足

髪の成長を促す成長ホルモンは午後10時から午前2時頃までに多く分泌されます。睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が減少するため、髪の成長に必要なホルモンが不足することになります。

乱れた食生活

栄養バランスが悪い食事は髪の成長を妨げます。

運動不足

運動不足によって血行が悪くなり、毛根の成長に必要な栄養素が毛細血管から運ばれにくくなります。

シャンプーやヘアケアの影響

肌に合わない液剤を使用することで、フケが出たり、頭皮に赤みが出てしまうこともあります。
このような生活習慣の乱れは、粃糠(ひこう)性脱毛症や脂漏(しろう)性脱毛症を引き起こすこともあります。

頭頂部の自毛植毛の実績

頭頂部への植毛施術は、豊富な経験や高度な技術力が必要となります。
頭頂部にある既存の毛髪や毛根を傷つけないよう、毛と毛の間に移植ホールを作成します。自然な毛流になるよう移植する技術を必要となれます。
自然な頭頂部への植毛は、親和クリニックの独自の技術力によるものです。

頭頂部の自毛植毛手術
当院の特長

女性の頭頂部への自毛植毛手術は、全体の髪の毛が細いためショックロス(植毛後、一時的に髪が抜ける現象)が生じやすい部位になります。自毛植毛を専門で行っているクリニックでも比較的難易度の高い手術となります。当院における頭頂部の自毛植毛手術の特長としては以下が挙げられます。

  • 頭頂部の植毛症例数が豊富
  • 後頭部を刈り上げない自毛植毛治療を確立
  • 植毛専門医が施術を行う
  • 術後の洗髪サービスなどアフターケアも万全
親和クリニックでは、総院長の音田医師をはじめとして植毛専門医が、他院では断られてしまうケースもあるつむじ植毛手術も多数実施しております。

大量移植を可能にする技術

手術時間を長引かせないために医師と看護師のチーム医療で植毛手術を行います。時間が長くなればなるほど定着率が悪くなり、仕上がりに関係してきますので、迅速且つ正確に移植を行うことが求められます。
親和クリニックでは一度でできる大量植毛を得意としており、自毛植毛(MIRAI法)では3,000株の移植をまた刈り上げない自毛植毛(NC-MIRAI法)では2000株の手術が可能となります。

難しいとされる頭頂部への植毛症例も豊富

頭頂部は程度にもよりますが範囲が比較的広くなるため、全体に移植するためには少ない移植数では効果がでにくくなります。
迅速で大量の植毛を実現するためには、医師や看護師の技術力と経験値が問われます。
親和クリニックでは、他院では難しいと言われている高密度の植毛手術の症例数が多く、医師・看護師ともに経験が豊富な点が特長です。

頭頂部の薄毛進行対策法

頭頂部・つむじの薄毛治療には、大きく分けて薬治療と自毛植毛治療の2つがあります。
また薬による治療は、外用薬による治療が中心となります。

1. 日常生活の見直し

頭頂部やつむじの薄毛には、女性型脱毛症(びまん性)と生活習慣やホルモンバランスの乱れなど大きく関係しているため、まずは日常生活を見直すことが薄毛改善の第一歩になります。

  • 禁煙
  • 栄養バランスの良い食事
  • 適度な運動
  • ストレスのない生活
  • 頭皮にあった洗髪剤の使用

現代社会ではなかなか難しい部分もありますが、健康的な生活を送り、薄毛の原因となる要因を取り除いていくことが大切です。

2. 医薬部外品の活用

ドラッグストアには沢山の育毛剤が販売されています。効果を求めるのであれば専門的な医療機関での薄毛治療をお勧めします。医療機関まで受診することが難しいようであれば、医薬部外品など活用されても良いかと思います。

3.医療機関の活用

確実に薄毛対策を行いたい場合には、専門の医療機関での薬による治療や自毛植毛治療が最も確実でありお勧めです。
女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディース
タイトルとURLをコピーしました