薄毛に悩む女性が病院を受診する際は何科に行けばよい?

薄毛に悩みを抱える女性の方のなかには、病院で診察を受ける際に何科に行けばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
相談する先がわからないと、薄毛の進行がはじまった早いタイミングでの受診ができなくなってしまいますよね。

本記事では、薄毛に悩む女性が病院を受診する際は何科に行けばよいのかを紹介します。

薄毛に悩みのお悩みのある女性の方はぜひ参考にしてください。

女性が発症する可能性のある薄毛の種類

女性が発症する可能性のある薄毛の症状には、下記の種類があります。

女性が発症する可能性のある薄毛の種類

  • FAGA(女性男性型脱毛症)
  • 円形脱毛症
  • びまん性脱毛症
  • 産後脱毛症
  • 抜毛症
  • 傷跡による脱毛

FAGAは頭頂部、もしくは全体的に均一に髪が抜けていく女性特有の薄毛の症状です。
主な原因として加齢による女性ホルモンの減少やストレスが挙げられます。

円形脱毛症は円形に近い形で髪が抜ける症状で、ストレスや自己免疫異常などの原因によって起きる症状です。
頭の一か所で起きる単発型やいくつかの場所で起こる複数型などの種類があります。

びまん性脱毛症はゆっくりと薄毛が進行するという特徴があり、FAGAと症状が似ています。
主な原因は、栄養不足や貧血、甲状腺疾患などです。

産後脱毛症はホルモンバランスの乱れが原因で、出産後に抜ける毛の量が増えるという症状です。
一定の期間を過ぎると時間の経過とともに、抜け毛の症状も落ち着く傾向にあります。

抜毛症は、過度なストレスによって自分で髪を抜いてしまう病気で、自分の意思では抜くことをやめられないため、改善には時間が必要です。

傷跡による脱毛は、主に切開を行う美容整形によって起きます。
切開を行ったことで傷が残り、その傷のある場所からは髪が生えてこなくなります。

女性の薄毛に対する施術の2つのアプローチ方法

女性の薄毛に対する施術のアプローチは、医療系と非医療系の2つの種類に分けられます。

医療系のアプローチ方法は、専門の薄毛クリニックや病院などの医療施設で受けられる投薬治療や自毛植毛の施術などです。
一方、非医療系のアプローチ方法には、増毛サロンなどで受けられるウィッグの装着やヘアケアなどの方法があります。

医療系のアプローチは、頭皮の環境を根本から改善して薄毛を治療するものですが、対して、非医療系のアプローチは薄毛を目立ちにくくすることが中心です。

医療系と非医療系のアプローチを併用することで悩みをより解決できる可能性があります。
たとえば、根本的な薄毛の原因を改善したいのであれば、医療系のアプローチがおすすめです。
一方で、もし予定に合わせて薄毛を目立ちにくくしたい場合には、非医療系のアプローチであるウィッグを被ることで、一時的ではあるものの、すぐに見た目の悩みを解決できます。

医療系のアプローチで薄毛の根本的な原因の改善を行い、非医療系のアプローチで急な予定が入った場合の薄毛対策を行いましょう。

女性の薄毛は何科に相談すればよいのか

では、女性が薄毛を感じはじめた場合、病院のなかで何科に相談すればよいのでしょうか。
各科ごとに詳しく紹介します。

相談先①皮膚科

皮膚科では、皮膚の炎症やかゆみだけでなく薄毛の相談もできます。
女性に多く見られるFAGAやびまん性脱毛症の症状においても、皮膚科で治療が可能です。

特に円形に近い形で髪が抜ける円形脱毛症は、皮膚科での診察が推奨される症状にあたるため、まずは皮膚科に相談しましょう。

相談先②内科

内科では薬の処方を中心に、薄毛を治療してもらうことが可能です。

しかし、内科は幅広い病気に対応しているため、薄毛治療の専門的な知識を持った医師がいないケースがほとんどです。
そのため、受けられる治療や処方してもらえる薬の種類も薄毛治療専門のクリニックと比べると少ない場合があります。

薄くなった髪のボリュームを増やすというよりも、薄毛の進行を抑える治療が中心になり、発毛効果を求めている場合には内科への相談だけでは不十分なため注意しましょう。

相談先③心療内科

心療内科では、主に心にかかわる病気の診察を受けられます。

薄毛の原因の1つにストレスがありますが、自身ではストレスを感じている原因を解消することは難しいかもしれません。
そのような場合には、心療内科への相談を検討するとよいでしょう。

しかし、女性の薄毛はストレス以外にもホルモンバランスの乱れや生活習慣などさまざまな原因があり、原因の特定が難しいこともあります。
心療内科はあくまで心の病のプロであるため、薄毛の原因によっては心療内科への相談だけでは不十分な場合があることは覚えておきましょう。

相談先④産婦人科

出産後の薄毛に悩んでいる場合は、産後脱毛症の可能性があるため、産婦人科に相談しましょう。

産後脱毛症は出産から1年程度で徐々に改善していくことがほとんどではありますが、期間を過ぎても改善が見られない場合には一度相談してみることがおすすめです。

また、慣れない育児でストレスを抱えて薄毛が進行する女性もいます。
そのような場合でも、多くの出産を経験した女性を診察してきた産婦人科が、相談する先の候補の1つとして適切だといえます。

薄毛治療の専門クリニックを受診する3つのメリット

ここまで女性の薄毛は何科に相談すればよいのかを紹介してきましたが、女性の薄毛治療の実績が多い場所に相談したいと考える方は多いのではないでしょうか。
その際は、薄毛治療の専門クリニックでの受診がおすすめです。

薄毛治療の専門クリニックでの受診をおすすめするメリットは、以下のとおりです。

薄毛治療の専門クリニックを受診する3つのメリット

  • 女性の薄毛治療の実績が豊富
  • 専門的な薄毛の知識をもった医師が常駐している
  • 薄毛治療の専門クリニックでしか受けられない治療がある

薄毛治療の専門クリニックでは、これまでに数多くの女性の薄毛治療を成功に導いてきた実績があるため、薄毛を改善するためのノウハウが蓄積されています。
実績が豊富な薄毛治療の専門クリニックに相談することで、安心感を得られるという点は大きなメリットといえるでしょう。

また、一般の病院では薄毛に関する専門知識を持った医師はあまり在籍していませんが、薄毛治療の専門クリニックでは専門知識を持った医師の診察を受けることが可能です。
薄毛の専門知識を持った医師が治療を行うことで、薄毛治療の成功の確率は高まるといえます。

さらに、自身の健康な髪の毛を、薄毛が気になる部分に移植する「自毛植毛」とよばれる治療も、基本的には薄毛治療の専門クリニックでしか受けられません。
自毛植毛は、日本皮膚科学会のガイドラインでも推奨されている薄毛の治療方法であるため、薄毛を安全かつ根本的に改善したい方に特におすすめです。

病院では一般的な投薬が中心ですが、薄毛治療の専門クリニックであれば最先端の薄毛治療が受けられます。

親和クリニックforレディースでの自毛植毛の治療の手順

親和クリニックforレディースでは、自毛植毛の実績が豊富です。
当院の女性の自毛植毛治療の手順は、下記のとおりです。

親和クリニックforレディースでの自毛植毛の治療の手順

  • カウンセリング
  • 診察
  • 術前処置
  • 移植株の採取
  • 移植ホールの作成
  • 採取した毛髪の移植
  • 術後の処置
  • 手術翌日の洗髪サービス
  • アフターケア

当院の最大の特徴として、NC-MIRAI法での治療が挙げられます。
自毛植毛は、後頭部の髪を刈り上げてから移植株を採取して薄くなった箇所に移植をするという方法が一般的です。

髪を刈り上げることに抵抗を感じる女性の患者様も多くいらっしゃいますが、当院のNC-MIRAI法であれば、後頭部を刈り上げずに自毛植毛を行うことが可能です。

また、移植した直後の髪はまだ不安定でデリケートな状態であるため、ゴシゴシと強く洗うとせっかく移植した髪が抜けてしまうこともあります。
そのため、当院では、専門的な技術を持ったスタッフが優しく髪を洗うとともに、自宅での洗髪方法もレクチャーする手術翌日の洗髪サービスを無料で提供しています。

より詳しくNC-MIRAI法や治療の流れを知りたい女性の方は、親和クリニックforレディースの無料カウンセリングまでお問い合わせください。

無料カウンセリングはこちらから

親和クリニックforレディースで自毛植毛の施術を受けられた患者様の声

親和クリニックforレディースにて自毛植毛の治療を行い、ご満足頂いた方のお喜びの声を2つ紹介します。

40代 女性 K.M.様

ほかのクリニックで頭頂部の薄毛治療を受けていたのですが、あまり回復が見られず、実績の多かった親和クリニックforレディース様に相談して自毛植毛を受けました。

術後1週間程度で痛みも引いて、問題なく終わったので安心しました。
6か月が経過する頃には、見違えるほど髪のボリュームも増えたので、本当に相談してよかったです。

50代 女性 Y.M.様

前髪のボリュームを増やしたいと思い、親和クリニックforレディース様のカウンセリングを受けました。
さまざまな方法をご提案いただいたなかから、髪を刈り上げずに移植できるNC-MIRAI法を選びました。

移植後はボリュームアップが実現し、前髪の生え際が生え揃ったことでおでこが狭くなり、小顔効果も得られたので本当に感謝しかないです。

その他症例についてはこちらのページをご覧下さい

女性の薄毛で病院を受診する際に何科にいけばよいのか迷った場合は薄毛治療の専門クリニックがおすすめ

いかがでしたでしょうか?

女性が発症する可能性のある薄毛の種類には、FAGAやびまん性脱毛症などのさまざまな種類があります。

薄毛を相談する先には皮膚科や内科があり、薄毛の種類によっては心療内科や産婦人科での相談も可能です。
しかし、薄毛治療の専門知識を持った医師がいることや、クリニック独自の治療も受けられることから、薄毛治療の専門クリニックへの相談がおすすめです。

親和クリニックforレディースでは、これまで多くの女性の薄毛を改善してきた実績が豊富にあります。
薄毛の状況に合わせて最適な治療法をご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

【経歴】

医学博士。福島県立医科大学大学院修了後、米国留学、日本医科大学老人病研究所等で一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事したのち、植毛手術を開始。
最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は1000例超、その後はFUE手術にて症例数2,000例以上の実績を持つ。平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。
得意な自毛植毛手術は、ハイスピードメガセッション、Super Dense Packingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷跡への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形の修正術。
タイトルとURLをコピーしました