投稿日:2021年11月26日
更新日:2024年4月26日

自毛植毛で髪を抜いた部分は生えてくる?傷跡や痛みは?

Last Updated on 2024年4月26日 by shinwa-ladies.jp

薄毛治療の1つとして注目されている自毛植毛。
自毛植毛を検討されている方にとっては、自毛植毛のリスクについて十分に理解しておきたいところでしょう。

特に自毛植毛をすることで抜いた部分の髪は生えてくるか気になるかと思います。
また、手術したところの傷跡や手術後の痛みも気になるかと思います。
今回は自毛植毛で髪を抜いた部分は生えてくるのか、また傷跡や痛みはどうなのかを解説します。

女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまでご相談ください

そもそも自毛植毛とは

自毛植毛は薄毛治療の一つで、自らの後頭部・側頭部あたりの薄毛が進行しにくい部分の髪を、薄毛が進行している部分へ髪を移植することです。

自毛植毛は自分の髪を移植するものであるため、人口毛やウィッグなどとは異なり全体になじむので、見た目に違和感がないことが特徴として挙げられます。
また、自分の髪を移植することで移植先への拒絶反応が少なくなり、安定して移植先に定着します。

自毛植毛には2種類あり、FUT法とFUE法と呼ばれる手術方法があります。

【関連記事】
自毛植毛とは?メリット・デメリットと向いている人の特徴
ヘアライン矯正とは?メリットや具体的な流れ、費用を紹介

自毛植毛で抜いた部分はどうなるのか

自毛植毛の手術後、新たに髪の毛は生えてくるのでしょうか。
また、抜いた部分の傷跡はあるのでしょうか、痛みは伴うのでしょうか。

自毛植毛の手術後の影響としては、FUT法、FUE法によって異なります。
ここからは、自毛植毛手術後の影響を、FUT法とFUE法の場合に分けてそれぞれ解説します。

【自毛植毛後の影響】

FUT法での自毛植毛後

FUT法とは、後頭部の毛髪を皮膚ごと線状に切り取って移植する方法で、自然な仕上がりを追求した手術方法であり、FUE法と比較すると生着率が良いのが特徴です。

後頭部や側頭部のドナーを採取し、1つ1つのドナーの間に丁寧にメスを進めて採取していくという手術方法です。

傷跡や見た目

まず、FUT法の場合、
手術後には線状の傷ができますが、見た目に影響がないように傷跡を縫合し傷を目立たせなくしています。線状の傷痕部分には毛が生えません。

坊主頭や短髪の方は傷が見えてしまうこともありますが、ある程度髪の長さがある場合は見た目に影響しないでしょう。

手術後の痛み

手術はメスを使って皮膚を切り取りますが、手術中は麻酔をするため痛みを感じることはほとんどありません。
ただし、手術後は痛みを伴うこともあるでしょう。

FUT法では切開をして縫合も行うので縫合した箇所に引きつれるような痛みが生じる場合があるのです。
また、FUTは施術からおよそ2週間以内に抜糸も必要なので、手術後しばらくは少しの痛みが伴います。

FUE法での自毛植毛後

FUE法とは、メスを使わずに株を繰抜いて移植する植毛方法です。
皮膚を切らずに専用の細いパンチでドナーを採取するため、傷跡が目立ちにくいというのが大きな特徴です。

FUT法と比較すると一度に採取できる株数も多く、毛根へのダメージが少ないので、特に女性におすすめの自毛植毛となります。

傷跡や見た目

FUE法の場合もFUT法と同様に、抜いた部分から新たな髪の毛は生えてきません。
手術後、髪を抜いた部分に点状で小さい傷跡ができますが、傷跡が小さいため坊主頭や短髪ではない限り目立つことはないでしょう。

しかし、FUE法では側頭部や後頭部の全体からまんべんなくドナーの採取を行うため、ボリューム感が少しだけなくなる可能性はあります。

手術後の痛み

FUT法とは違いメスを使用しないため、手術中の痛みはほとんどありません。
なお、手術後に関しても痛みを感じることはあまりないでしょう。

ただし、手術を行う際には局所麻酔を行うため、麻酔による副作用が出る可能性もあります。

自毛植毛で移植した髪の毛は抜け落ちる?

ここまでで、自毛植毛で抜けた部分の髪がどうなるかを解説してきましたが、移植した部分への影響はどうなるかが気になるところですよね?

移植した部分への影響として挙げられるのが、ショックロスと脱落です。
どちらも自毛植毛後に髪が抜けてしまう現象となりますが、ショックロスが一過性の抜け毛であるのに対して、脱落は抜けたまま回復しないという特徴を持っています。
それぞれもう少し踏み込んで解説します。

ショックロス

ショックロスとは、手術後に植毛付近の既存毛が短期的に抜け落ちてしまうことです。
手術から数カ月経過した頃に髪が抜け始めますが、一過性の現象なので後に回復します。
また、誰しもに起こる症状というわけではなく、人によって毛が抜け始める時期や抜ける量にも差異があります。

ショックロスが起きた場合でも、1年ほど経過すれば元に戻る確率が高いです。
ショックロスは一過性のものであり、髪の成長サイクルが進めばまた発毛が始まるのでご安心ください。

ショックロスの原因

ショックロスが起こる明確な原因は未だ判明しておりません。
有力なセオリーとしては、手術時に使用する麻酔やメスによって頭皮・毛根へのダメージが影響した結果、髪の毛が生え変わるサイクルに乱れが生じてしまうためなのではないかと言われております。

ショックロスが起きる確率

ショックロスは約20%の確立で起こり、特に女性になりやすいと言われております。

ただし、手術前にあらかじめショックロスが起こるかどうかを判断することはできません。
さらに、複数回に渡って手術をしたとしても、その時々で抜ける髪の量や抜け毛が発生する時期が変わることがあります。
例えば一回目の手術ではショックロスが起きなかったが、二回目の手術ではショックロスになったという症例も珍しくありません。

ショックロスの対処法

ショックロスの対処法は薄毛を隠すことで、薄毛の隠し方は主に2パターンあります。

1つ目の対処法はケラチンパウダーを使うことで、短期的なケアとして有効です。
ケラチンパウダーをふりかけ、短期的に髪にボリューム感を演出することができます。
パウダーと聞くと、毛穴への影響が気になるかと思いますが、ケラチンパウダーはひとつひとつが毛穴より大きくできているため、毛穴詰まりを起こすことはありません。

しかし、敏感肌の方は頭皮がかぶれる可能性があるので注意する必要があります。
ケラチンパウダーには刺激の少ないものもあるため、自身に合ったものを選びましょう。

2つ目の対処法はかつらや帽子を着用することです。
また、もともと髪が長い方は周囲の髪でカモフラージュすることもできます。

ショックロスの予防策

ショックロスの予防策としては、ミノキシジルや育毛剤を使用するのは良いでしょう。
ショックロスの原因は手術の影響から来ていると考えられているので、手術後に使うミノキシジルや育毛剤でショックロスを予防できる可能性は考えられます。
医学的に実証されている予防策ではないですが、症状の予防措置としては有効性があると考えられます。

脱落

脱落とは、手術後に、移植毛そのものが抜け落ちてしまう現象です。
ショックロスとは違い、脱落は抜けた髪がそのまま生えて来ないことが特徴として挙げられます。

自毛植毛の生着率とは植毛後の髪がきちんとなじむ確率のことを指します。
手術方法や医師の腕によって生着率は前後するものの、およそ9割というかなり高い確率で生着します。
しかし、逆に言うと5%~10%で脱落が起きてしまうということになります。

ショックロスと異なるポイントは、症状が起こる場所と髪の回復の有無です。
脱落は移植毛そのものが抜けるのに対し、ショックロスは移植毛の付近にある既存毛が抜けます。
また、脱落は髪が抜けたら新しく生えることはないですが、ショックロスはあくまで一過性の抜け毛のため回復します。

脱落の対処法

脱落の可能性は5%~10%とかなり低いですが、やはり確実に防ぎたいところです。
脱落を防ぐためにできることは3つあります。

1つ目の対策は、頭皮環境を清潔に保つことです。
皮脂や埃などの汚れで毛穴が詰まってしまっていたり、頭皮に雑菌が繁殖してしまったりしていると自毛植毛後の生着率を引き下げる要因になります。
頭皮の状態を良好に保つためには頭皮への刺激が強すぎないシャンプーを使用し、優しく丁寧に洗うことが大切です。

2つ目の対策としては、頭皮のマッサージを行うことが挙げられます。
頭皮のマッサージを行うと、血行が良くなり、髪を育てるために必要な栄養素が毛根に行き渡りやすくなります。
マッサージは習慣化することで脱落の予防につながるでしょう。

3つ目の対策は、手術後しばらくは極力患部に触れないことです。
自毛植毛の手術後は、頭皮が全体的にダメージを負っていますが、中でも移植した部分の髪は頭皮になじもうという働きをしています。
患部のかさぶたが自然に取れるまでは、極力触れないことを徹底しましょう。

親和クリニックについて

当院が大事にしていることは、安全で確実な結果を残す治療、すなわち科学的根拠を踏まえた植毛手術の提供です。
薄毛治療の選択肢は多岐にわたります。その中でも当院では、患者さま一人ひとりの心身のご負担を最小限に、効果を最大限に感じられる治療を提供する為には、科学的なエビデンスに基づくことが第一と考え、治療効果の検証と改善を続けております。
また、患者さまに治療について安心、信頼していただくためには、科学的根拠に基づいた治療をいつでも提供できる実績が不可欠です。このため、当院の全スタッフは知識と技術力を高めるために日々研鑽を重ねております。

親和クリニックが選ばれる理由

刈り上げない治療方法を確立

従来の自毛植毛では、移植元となる後頭部の髪を採取しやすいようにバリカンで短く刈り上げるのが一般的です。

しかし当院では、移植元を刈り上げない治療方法を確立しているので、施術後も周囲に自毛植毛をしたことがバレにくくなります。

刈り上げない自毛植毛 NC-MIRAI法

高度な技術で理想通りの植毛を実現

親和クリニックforレディースでは、自毛植毛を行う際に一切メスを使わず、医療器具メーカーと共同開発した、超極細のマイクロパンチブレードを用いて施術を行います。

さらに高度な技術をもった医師が、状態の良い移植株を見極め、一本一本生え癖を考慮し丁寧に移植株を採取するため、ご希望のデザインに合わせて植毛ホールを作成することが出来ます。

こだわりの器具×高度な技術を持った医師による精密な手作業が、満足感のある仕上がりを実現します。

痛みや腫れが出にくい、丁寧な施術

植毛ホールの作成に使用するパンチブレードは、世界最小級の0.63mm~0.65mmを使用。

メスを使う従来の手術に比べ、術後の腫れや痛みがほとんど出にくくなります。

手術時にも、患者様の体質に合わせて細かく調整した麻酔をかけることで、痛みに最大限配慮し体への負担を減らします。

生着率が高く、植毛した髪がしっかりと生えてくる

当院の施術では、医師×複数の看護師によるチーム医療によって、時間をかけず一気に植毛治療を行います。

そのため、頭皮に負荷がかからず植毛したほとんどの毛が生着し、理想通りの自毛植毛を成功させることが期待できます。

徹底したホスピタリティで皆様をお迎えいたします

当院では、皆様のご不安に徹底的に寄り添います。医師による診察では、自毛植毛のデメリットを隠すことなく、ご納得頂けるまで説明いたします。

また悪質な勧誘等は一切行いません。

皆様が安心して自毛植毛を受けてただけるよう、全力でサポートいたします。

親和クリニックが選ばれる理由

親和クリニックの医師・カウンセラーへのインタビュー

親和クリニックで勤務する医師とカウンセラーへ、普段の業務内容や親和クリニックの特徴について、インタビューを実施いたしました。

親和クリニック 医師 水村奈央

女性は「美」への意識が高いので、仕上がりにも強いこだわりをお持ちの方が多くおられます。
患者様のご希望に添えられるように、自毛植毛のメリットだけではなく、注意しておきたいポイントや、仕上がりのイメージなどをしっかりとご説明できるように心がけています。
自毛植毛手術を受けた患者様から「思っていたイメージと違う」と思われては、施術する意味がありませんからね。

よくあるケースを紹介させていただくと、後頭部に生えている太い髪の毛を、細い髪の毛が生えているおでこの生え際に移植すると、髪の毛の太さに違いがでることがあります。
患者様によっては「違和感がある」といわれる方もおられるんですね。
そのようなときは、あらかじめ「ここに太い毛を移植すると違和感がでるかもしれません」「違和感を減らすのであれば、この部分の移植をおすすめします」とお伝えします。

自毛植毛は、患者様の一生にかかわってくる手術です。
1年でも2年でも、時間をかけていただいて構わないので、治療を受けるかどうかをじっくりお考えいただければと思います。

わたしは、医師というものは、常に患者様のことを第一に考え、患者様が抱えるお悩みを解決するために全力を尽くすものだと考えています。
わたしどもの治療で患者様のお悩みが解消されるだけでなく、美容や人生のサポートができれば、これほどの喜びはありません。

親和クリニック 水村医師へのインタビューはこちら

親和クリニック カウンセラー 溝口

わたしの仕事は、患者様の相談役です。
初めてご来院されてから、手術の一年後まで、サポートさせていただいております。

毎日、さまざまな患者様がご来院し、一日のカウンセリングはだいたい5~62~3名ほど。
初回のカウンセリングでは、まずヒアリングを行います。
これは、患者様がどのようなことで悩んでいらっしゃるのか、また、治療を通じてどのようなゴールを迎えたいのかをわたくしどもが把握するためです。
患者様のお悩みやご希望を伺ったうえで、適切な治療内容をご提案します。

当院にご相談に来られる方は、いま、このページをご覧になられている皆さんと同じようなお悩みを抱えられている方がほとんどです。
少しでも薄毛のお悩みがあるようであれば、わたくしどもが全力でサポートいたします。

自毛植毛の手術を受けていただければ、一年後には、きっと笑顔で過ごされているでしょう。
毎日悩むよりも、一度ご相談に来ていただくほうが絶対に安心です。
まずはわたしたちに、お悩みをお聞かせください。

親和クリニック カウンセラー 溝口さんへのインタビューはこちら

自毛植毛で抜いた部分の毛は生えないが見た目に大きな変化はない

いかがでしたでしょうか。

自毛植毛で抜いた部分の髪は生えてはこないものの、見た目の影響はほとんど出ないように施術されることがご理解いただけたかと思います。
また、手術した箇所の傷跡や手術後の痛みに関しても、FUT法とFUE法の両手術方法ともに大きな影響が出るものではないことがわかりました。

髪の毛を移植した部分への影響としてはショックロスと脱落があります。
ショックロスは約20%の確率で起きるものですが、治るものなので不安に感じる必要はありません。
一方、脱落は約5%~10%の低い確率で起きるものですが回復するものではありません。

しかし、頭皮のケアをしっかりと行えば回避することのできる症状なので、しかるべき対策を取りましょう。

親和クリニックでは「最小の傷・痛み」「最速の植毛技術」「最適なスタイルの実現」をモットーに女性の薄毛を治療しています。
女性で自毛植毛に興味のある方は、ぜひ親和クリニックにご相談ください。

親和クリニックでは、自毛植毛をお一人お一人にあった施術で行っております。
まずはカウンセリング予約から、お気軽にご相談ください。

また、当院ではヘアライン矯正のご相談も受けて付けております。

女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

音田正光

【経歴】

医学博士。福島県立医科大学大学院修了後、米国留学、日本医科大学老人病研究所等で一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事したのち、植毛手術を開始。
最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は1000例超、その後はFUE手術にて症例数2,000例以上の実績を持つ。平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。
得意な自毛植毛手術は、ハイスピードメガセッション、Super Dense Packingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷跡への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形の修正術。

部位・目的別 自毛植毛

クリニック紹介

親和クリニック 新宿院
新宿院直通0120-2323-24
(受付時間 9:30~19:00)
診療時間 10:00~19:00
完全予約制・年中無休
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-12-4 アコード新宿5F

親和クリニック 銀座院
銀座院直通0120-3888-77
(受付時間 10:00~19:00)
診療時間 10:00~19:00
完全予約制・年中無休
〒104-0061
東京都中央区銀座7-3-7 ブランエスパ銀座 3階

親和クリニック 大阪院
大阪院直通0120-1212-16
(受付時間 9:30~19:00)
診療時間 10:00~19:00
完全予約制・年中無休
〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-20
桜橋IMビル2F

親和クリニック 名古屋院
名古屋院直通0120-3737-57
(受付時間 9:30~19:00)
診療時間 10:00~19:00
完全予約制・年中無休
〒451-0045
愛知県名古屋市西区名駅2-34-20
CK23名駅前ビル6F

親和クリニック 福岡院
福岡院直通0120-6767-69
(受付時間 9:30~19:00)
診療時間 10:00~19:00
完全予約制・年中無休
〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前3-30-1 タイセイビル7F