自毛植毛は医療費控除の対象となるのか?


効果・安全性ともに優れる自毛植毛は、数ある薄毛治療の中でも、特に高い人気を博してします。
ただ、数千円~数万円で実施できる育毛剤や発毛剤とは異なり、自毛植毛の費用は数十万円~数百万円が費用の相場となっているので、なるべくコストを抑えたいと考えている方も多くいらっしゃるかと思います。
この記事では、自毛植毛は医療費控除の対象となるのか、自毛植毛のコストを抑える方法があるのか、についてご紹介していきます。
自毛植毛を検討している方は、是非参考にしてみて下さい。

自毛植毛は医療費控除の対象なのか

結論から申し上げますと、基本的に自毛植毛は、医療費控除の対象とはなりません。
医療費控除とは、1年の間に支払った医療費(治療費・診察費用・医薬品費用・入院費用など)が、一定の金額以上になった場合に所得控除を受けられる制度のことを指しますが、なぜ自毛植毛が対象外になってしまうのでしょうか。

その理由としては、自毛植毛が「美容目的」を目的として治療であることが挙げられます。
医療費控除は、怪我や病気による通院、入院、治療に適用されるものなので、「髪の毛を増やす」「見た目を美しくする」ことを目的とした自毛植毛は、残念ながら医療費控除の対象から外れてしまうのです。

自毛植毛が医療費控除の対象となるケースは?

自毛植毛は基本的に医療費控除の対象とはなりませんが、自毛植毛が美容を目的としていない場合においては、医療費控除の対象となるケースもあります。
病気の症状やケースに応じて、医療費控除の対象・非対象が決まるので、事前に税務署やクリニックに確認・相談しておくようにしましょう。
自毛植毛が医療費控除の対象となるケースについて、代表的な事例をいくつかご紹介します。

病気や薬の影響で髪の毛が抜け落ちてしまった場合

病気の症状や、薬による副作用で髪の毛が抜け落ちてしまい、そちらを改善させる為に治療を行う場合などは、医療費控除の対象となる場合があります。
また、精神的な疾患が原因で脱毛状態が進行してしまい、頭皮の状態を改善させる為に、自毛植毛を施す場合も、医療費控除の対象となることがあります。

怪我や事故の影響で、髪の毛を失ってしまった場合

頭部に怪我をして手術を行った場合や、火災などで頭部に火傷を負ってしまったことで、髪の毛が生えなくなった場合は、医療費控除の対象となる場合があります。

自毛植毛のコストを抑えるには

自毛植毛は麻酔を伴う「手術」になので、数十万円~数百万円のコストが発生します。
美容を目的とした自毛植毛の場合は、医療費控除や保険を適用させることが難しいので、基本的には全額負担になることを覚えておく必要があります。
クリニックによっては、期間限定でキャンペーンなどを開催することもあるので、こまめにチェックするのがおすすめです。

料金だけで選ばないようにする

自毛植毛を受ける方の多くは、美容を目的としている為、医療保険を適用させて負担を減らすことは難しいとされています。

ただし、料金の安さを強調しているクリニックの中は、医師の技術が低く、施術を受けたのに薄毛の症状が改善されなかった…といった事例も存在します。
料金だけではなく、クリニックや、医師の評判なども含めて検討するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました