産後の抜け毛の原因とは?ピークの目安や対策方法

「出産後に、髪の毛がたくさん抜けてしまうらしい」
このような話を聞き、ご不安に感じられている女性の方もいらっしゃるのではないでしょうか?
出産後に髪の毛が抜ける症状のことを「産後脱毛症」といいます。

そこで本記事では、産後脱毛症とは具体的にどのようなものなのか、対策方法とともに解説します。
出産を控えられている方や、今まさに産後脱毛症にお悩みの方はぜひご一読ください。

産後脱毛症とは

産後脱毛症とは、その名のとおり、出産後に髪の毛が抜ける、女性特有の症状のことです。
なお、産後脱毛症は出産後に必ずと言っていいほど起きるものであり、病気ではないため、基本的には深刻に悩む必要はありません。

産後の抜け毛はいつからいつまで続くのか

産後の抜け毛が目立ち始める時期は、個人差がありますが、出産から2~3か月ほど経過したタイミングで抜け毛を自覚する方が多い傾向にあります。
そして、出産から4~6か月ほどのタイミングで抜け毛の量がピークに達し、その後半年ほどで徐々に抜け毛が落ち着き、これまで通りの状態に戻るということがほとんどです。

上記の時期はあくまでも目安ですが、もし「1年間以上ずっと産後の抜け毛が止まらない」といったことがあれば、医療機関を受診されることをおすすめします。

産後脱毛症の原因

産後脱毛症の主な原因は、妊娠や出産によるホルモンバランスの変化です。
産後脱毛症は、FAGA円形脱毛症といったほかの薄毛の症状と異なり、原因が明確になっている症状です。

なお、直接的な原因はホルモンバランスの変化ではあるものの、その後、複合的な要因によって、改善が遅れる可能性もあります。

以下では、それぞれの原因について詳しく解説します。

ホルモンバランスの変化

まず、産後脱毛症とは、実は「本来抜けるべきではない毛が大量に抜けてしまう症状」ではないということを知っておきましょう。
これはどのようなことなのかというと、妊娠中に、本来は抜けるはずだった髪の毛が抜けずに成長しつづけ、出産後のタイミングでやっと抜ける現象が産後脱毛症ということです。

女性の体内では、妊娠中に女性ホルモンの分泌が活発になります。
女性ホルモンの一部である「エストロゲン」には、髪の毛の成長を促進させる作用があるため、妊娠中は髪の毛が強く成長し、なかなか抜けない状態になるのです。

しかし、出産を終えると、身体は徐々に妊娠前と同じ状態に戻っていくため、女性ホルモンの分泌量も妊娠中と比べると減っていきます。
同時にエストロゲンも減っていくため、妊娠中に抜けるはずだった髪の毛が、このタイミングで抜けるというわけです。

さらに、出産後の時期に元々抜ける予定であった髪の毛も、当然一緒に抜けていくため、まるで一度に大量の毛が抜けてしまったかのように感じられます。

【おすすめ記事】育毛剤と発毛剤の違いは?薄毛対策には育毛剤と発毛剤のどちらがいいのか?

その他、改善を遅れさせる可能性のある原因

産後の抜け毛は、出産から1年程度経ったタイミングで自然と落ち着きますが、場合によっては1年以上経ってもなかなか症状が落ち着かないというケースもあります。

産後脱毛症の改善が遅れる原因には、たとえば以下のようなものが考えられます。

産後脱毛症の改善を遅れさせる可能性のある原因

  • 育児によるストレス
  • 睡眠不足
  • 栄養不足
  • 頭皮環境の悪化

上記の原因は、FAGAや円形脱毛症といった、産後脱毛症以外の薄毛の原因にもなりえるものです。

なかでも注意したいのは、栄養不足です。
母乳で赤ちゃんを育てる場合、母乳を通して母親の身体の栄養を赤ちゃんに与えることになります。
そのため、母親の身体に必要な栄養が不足してしまいがちになるという点には注意が必要です。
育児に追われ自分の食事を摂ることもなかなか大変な状況ではありますが、髪の毛の成長にも栄養が必要ですので、赤ちゃんだけでなくご自身もしっかりと栄養を摂りましょう。

産後の抜け毛への対策

産後脱毛症は、赤ちゃんを出産する方であれば基本的にはどのような方にも現れる症状です。
そのため、残念ながら、産後脱毛症を未然に防ぐことはなかなか難しいです。

しかし、いくつかのポイントを押さえておくことで、抜け毛の症状を抑えることや、回復を遅れさせないことはある程度可能です。
なかには、産前から行えるものもあるので、出産を控えている方もぜひチェックしてみてください。

深刻に捉えすぎない

すでに何度もお伝えしているように、産後脱毛症はそもそも、赤ちゃんを出産するのであれば、ほぼ必ず現れる症状です。
また、抜け毛が目立つのは一定の期間のみで、時間が経てば徐々に抜け毛は落ち着きます。

そのため、「みんな経験していることなんだ」と割り切り、深刻に捉えすぎないことが大切です。
あまり思い詰めてしまうと、今度はそれが精神的なストレスとなり、円形脱毛症などのほかの脱毛の症状につながるおそれもあります。

出産後の育児期間は、ただでさえ気持ちが落ち込みがちなので、完全に割り切ることは難しいかもしれません。
そのような場合は、「産後の抜け毛は誰にでも起こるもので、いずれ戻る」ということだけでも念頭に置くとよいでしょう。

食事でしっかりと栄養を摂る

髪の毛は身体の一部であるため、髪の毛が健康に育つためには身体の状態が健康である必要があります。
身体の健康のために必要な栄養が不十分な状態では、髪の毛が育たずになかなか抜け毛が改善されないといった事態にもなりかねません。
そのため、栄養バランスのよい食事を毎日3食とることを心がけましょう。

また、身体に必要な栄養素のなかでも、特に髪の毛の成長に大きく影響する栄養素があります。
抜け毛がなかなか改善されないという場合は、以下の栄養素を積極的に摂ることをおすすめします。

髪の毛の成長によい影響を与える栄養素が豊富に含まれる食べ物

  • タンパク質:肉類、乳製品、米、大豆など
  • ミネラル:海藻、牛肉、ナッツなど
  • ビタミンB群:レバー、牡蠣など

睡眠時間を確保する

赤ちゃんを育てている最中はなかなか難しいですが、十分な睡眠をとることも、髪の毛の成長には必要なことです。
育児を母親一人ですべて抱え込もうとせずに、家族や周りの人の手を借りて、ときには休むことも大切です。
赤ちゃんに付きっきりで、しばらく寝られていないという場合は、一時的にでも周囲に協力を求めて睡眠時間を確保しましょう。

育毛剤を使う

「医療機関に本格的に相談するほどではないものの、抜け毛によるボリューム不足が気になる」という場合は、市販の育毛剤を使うことで抜け毛が改善される可能性があります。

なお、育毛剤はあくまでも、将来的な薄毛を予防するためのものです。
そのため、円形脱毛症などの症状によって、二度と髪の毛が生えてこなくなってしまった場所では効果を発揮しないという点には注意しましょう。

また、薄毛予防として、産前の段階から使い始めることも可能です。
ただし、妊娠中の身体には刺激が強い成分が含まれている場合もあるため、育毛剤を使う場合は通院先の産婦人科にいちど確認しておくとよいでしょう。

頭皮にやさしいシャンプーを使う

出産前後のホルモンバランスの変化によって、一時的に体質が変化し、頭皮が敏感になる場合があります。
頭皮が敏感になっていると、少しの刺激でも髪の毛が抜けてしまう可能性があるため、頭皮への刺激の少ないシャンプーを使うことで、抜け毛の対策ができます。

産後の抜け毛の相談はどこにすればよい?

出産から1年以上経っても、なかなか抜け毛が改善されないという場合や、抜け毛が多く不安に感じられているという場合は、医療機関に相談しましょう。

産後脱毛症の際に相談できる医療機関にはいくつか種類があります。

産婦人科

出産の前後で明確に抜け毛が増えたという場合は、産婦人科に相談するという方法もひとつの手です。
なぜなら、産婦人科医は妊娠・出産にまつわる女性の身体の状態に関するあらゆる知識をもっているためです。

内科

抜け毛のほかに、体調面で不調がある場合は内科を受診しましょう。

出産後の不調だと思っていたものが、実は内臓疾患だったという場合も考えられます。
また、内臓疾患とまでいかなくとも、出産のダメージにより内臓が弱っている可能性もあるため、出産後の不調は放置せずに、内科に相談しましょう。

皮膚科

頭皮にかゆみや赤み、腫れなどがある場合は皮膚科を受診しましょう。
頭皮の環境が悪くなっているにもかかわらず、放置をしてしまうと、産後脱毛症以外の原因でさらに抜け毛が増える可能性もあります。

薄毛治療クリニック

一定の期間が経っても抜け毛が改善されないという場合や、一部の箇所のみ毛が生えてこないという場合は、薄毛治療クリニックで治療を受けることも視野に入れましょう。

薄毛治療クリニックでは、投薬治療や自毛植毛の施術など、薄毛の状態ごとに適切な治療を提案してもらえます。
特に、自身の健康な髪の毛を採取して移植する「自毛植毛」は、安全性が高く、尚且つ自然に薄毛を改善できるため、薄毛を根本的に改善したい方におすすめです。

育児期間中に自毛植毛を行った場合の注意点

産後脱毛症による抜け毛が改善されず、薄毛のままになってしまった箇所は、自毛植毛を行うことで改善できます。

なお、自毛植毛で移植した髪の毛は頭皮にすぐに定着するわけではないため、施術後1週間ほどは頭皮への刺激を避けて生活することが必要です。
そのため、お子さまと接する際は、自毛植毛を行った箇所が叩かれたり、引っ張られたりしないように気をつけましょう。

とはいえ、子どもの行動は予測がつかないものなので、ふとしたときにお子さまの手が当たってしまうこともあるかもしれません。
そのようなことがあっても、毛根へのダメージを最小限に抑えるためには、移植した箇所にガーゼを当てたうえで帽子をかぶっておくと安心です。
移植した髪の毛にもっともダメージを与えてしまう要因は、移植した箇所の摩擦なので、ガーゼを当てておけば多少の接触があってもあまり心配する必要はないでしょう。

親和クリニック for レディースの患者様の声

最後に、当院親和クリニック for レディースで自毛植毛を行った患者様からいただいている喜びのお声を紹介します。

自毛植毛をご検討されている方は、ぜひご参考になさってください。

20代M.T.さん「初めての手術で不安でしたが、効果が得られてよかったです!」

まだ20代ですが、頭頂部の毛が薄いことに悩んでいたので、勇気を出して母親と一緒に親和クリニックのカウンセリングを受けました。

初めての手術だったので最初はすごく不安だったのですが、手術の説明が丁寧だったので安心できました。
手術から1年経った現在、移植した毛が無事に生えそろって、髪の毛にボリュームが出たので本当によかったです!

30代R.N.さん「思ったほどの痛みはなく安心しました」

生え際の形がM字になっていて、男性的な印象があるので、自毛植毛でM字の部分を埋めて女性的なおでこに仕上げてもらいました。

自分の髪の毛を採取して移植するので痛そうなイメージがあって当日は緊張していましたが、思ったほどの痛みはなかったです。
術後のトラブルもなく、きれいな生え際が手に入ってとてもうれしいです!

その他症例についてはこちらのページをご覧下さい

産後の抜け毛の対策で大切なことは、心身ともに健康を心がけること

今回は、産後に目立つ抜け毛の症状である「産後脱毛症」について基本的な知識を解説しました。

産後脱毛症は、出産後にほとんどの方が経験するものなので、あまり深刻にとらえないことがまず大切です。
そのうえで、少しでも抜け毛を抑えて、尚且つ改善を早めたい場合には、心身ともに健康な生活を心がけましょう。

また、出産から1年以上経っているにもかかわらず、毛が生えてこないままの箇所があるという場合は、自毛植毛による治療をおすすめします。

親和クリニック for レディースでは、20~30代の患者様の治療も行っているため、産後脱毛症でお悩みの方でもお気軽にご相談いただけます。
まずは無料カウンセリングにてご相談ください。

女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

 

【経歴】

医学博士。福島県立医科大学大学院修了後、米国留学、日本医科大学老人病研究所等で一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事したのち、植毛手術を開始。
最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は1000例超、その後はFUE手術にて症例数2,000例以上の実績を持つ。平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。
得意な自毛植毛手術は、ハイスピードメガセッション、Super Dense Packingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷跡への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形の修正術。
タイトルとURLをコピーしました