薄毛対策にかかるコストとそれぞれの方法を比較

薄毛が気になってきたら、薄毛が進行しないように予防や対策を行うことが大切です。

ここでは、薄毛対策にかかるコストを方法別に比較しながら、自分自身で対策を行う際の注意点についても紹介していきます。

薄毛対策にかかるコストを比較

薄毛対策には、クリニックで治療する方法から外科手術までさまざまな方法があります。それぞれにかかる費用をみていきましょう。

ヘアケアや育毛剤は毎日の習慣に

ヘアケア剤、育毛剤を薄毛対策に取り入れる場合、毎日の習慣にしなければ思うような効果が出ない可能性があります。

育毛効果のあるヘアケアアイテムは、市販のシャンプーやトリートメントよりもやや割高。1本あたり数千円が目安となります。

育毛剤は5,000円~数万円と幅があり、ヘアケア剤と同様に1年以上継続して使う必要があります。

内服薬や外用薬は継続が不可欠

クリニックで処方される内服薬や外用薬は、1回きりで終わるものではなく継続して治療を続ける必要があります。

毛髪はヘアサイクルにしたがって抜けかわるため、1年近くのヘアサイクルに沿って治療の効果を見ていなかければなりません。

特に内服薬は体質や生活習慣との関わりによって、患者さんごとに効果の出方が異なるため、継続して治療にあたっていくことが大切です。

女性用の内服薬として処方されている「パントガール」は、1ヶ月分7,000円程度が相場。1年飲み続けるには定期的な来院と診療が必要になるため、1年間で8万円以上の費用がかかります。

育毛剤は国内で市販されているものは通販や店頭で購入できますが、クリニックでは海外製品も手に入れることができます。

価格は製品によって異なりますが、数千円~2万円以内に収まるケースが多いです。

植毛手術は高額だが再治療の必要がない

植毛手術は1本ずつ毛を移植する手術で、外科的治療のため麻酔や術後のアフターケアが必要になります。

1本あたりの価格はクリニックごとに異なり、300円以上~1,000円未満がもっとも多い価格帯となります。

薄毛の範囲が広い方は1,000本~2,000本の埋め込みが必要になりますが、1回の治療を予算の範囲で済ませて、2回3回と手術を受けることも可能。

1本500円の植毛を1,000本行う場合60万円がかかりますが、麻酔や薬の処方など別途発生する費用も加わるため、60万円~70万円程度が相場となります。

基本的に一度移植をしたあとは再治療の必要がないため、継続して通院できない方にも適しています。

自己流ではコストがかさむ可能性も

薄毛治療は、自宅でヘアケアを行ったり育毛剤を継続的に使用したりと、日常生活の中で行うことも可能です。

自分で薄毛対策を進める際の注意点として、育毛剤やヘアケア製品が肌に合わない可能性があります。

また、肌に合わないものを使い続けることで、薄毛の改善効果がみられない可能性にも注意してください。

効果の出ない製品を使い続けることは、コストだけがかさんで結果につながらないばかりか、かえって肌を刺激し薄毛が進行するおそれもあります。

過去に自分で薄毛対策をして失敗した方、思うように効果が出るか不安な方は、専門医への相談をおすすめします。

薄毛治療を専門とするクリニックでは、患者さん一人ひとりの薄毛の症状・程度・原因・体質などを診断し、それぞれに合った方法を提案。

処方薬と外用薬の併用や、育毛効果が期待できるドクターズコスメの購入も可能なので、薄毛に関する悩みを気軽に相談できます。

専門医の診察はメリットが大きい

薄毛治療の専門医は、患者さんの性別や遺伝的体質を背景に、それぞれの原因をみながら最適な対処法をアドバイスします。

一度診察を受けておけば原因を見つめやすくなり、ライフスタイルの注意事項や見直すべき点もチェックできます。

薄毛が進行してきたと思ったら、ぜひ専門のクリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました