投稿日:2020年11月30日
更新日:2023年3月9日

薄毛対策にかかるコストとそれぞれの方法を比較

Last Updated on 2023年3月9日 by shinwa-ladies.jp

薄毛が気になってきたら、薄毛が進行しないように予防や対策を行うことが大切です。

ここでは、薄毛対策にかかるコストを方法別に比較しながら、自分自身で対策を行う際の注意点についても紹介していきます。

薄毛対策にかかるコストを比較

薄毛対策には、クリニックで治療する方法から外科手術までさまざまな方法があります。それぞれにかかる費用をみていきましょう。

ヘアケアや育毛剤は毎日の習慣に

ヘアケア剤、育毛剤を薄毛対策に取り入れる場合、毎日の習慣にしなければ思うような効果が出ない可能性があります。

育毛効果のあるヘアケアアイテムは、市販のシャンプーやトリートメントよりもやや割高。1本あたり数千円が目安となります。

育毛剤は5,000円~数万円と幅があり、ヘアケア剤と同様に1年以上継続して使う必要があります。

内服薬や外用薬は継続が不可欠

クリニックで処方される内服薬や外用薬は、1回きりで終わるものではなく継続して治療を続ける必要があります。

毛髪はヘアサイクルにしたがって抜けかわるため、1年近くのヘアサイクルに沿って治療の効果を見ていなかければなりません。

特に内服薬は体質や生活習慣との関わりによって、患者さんごとに効果の出方が異なるため、継続して治療にあたっていくことが大切です。

女性用の内服薬として処方されている「パントガール」は、1ヶ月分7,000円程度が相場。1年飲み続けるには定期的な来院と診療が必要になるため、1年間で8万円以上の費用がかかります。

育毛剤は国内で市販されているものは通販や店頭で購入できますが、クリニックでは海外製品も手に入れることができます。

価格は製品によって異なりますが、数千円~2万円以内に収まるケースが多いです。

植毛手術は高額だが再治療の必要がない

植毛手術は1本ずつ毛を移植する手術で、外科的治療のため麻酔や術後のアフターケアが必要になります。

1本あたりの価格はクリニックごとに異なり、300円以上~1,000円未満がもっとも多い価格帯となります。

薄毛の範囲が広い方は1,000本~2,000本の埋め込みが必要になりますが、1回の治療を予算の範囲で済ませて、2回3回と手術を受けることも可能。

1本500円の植毛を1,000本行う場合60万円がかかりますが、麻酔や薬の処方など別途発生する費用も加わるため、60万円~70万円程度が相場となります。

基本的に一度移植をしたあとは再治療の必要がないため、継続して通院できない方にも適しています。

自己流ではコストがかさむ可能性も

薄毛治療は、自宅でヘアケアを行ったり育毛剤を継続的に使用したりと、日常生活の中で行うことも可能です。

自分で薄毛対策を進める際の注意点として、育毛剤やヘアケア製品が肌に合わない可能性があります。

また、肌に合わないものを使い続けることで、薄毛の改善効果がみられない可能性にも注意してください。

効果の出ない製品を使い続けることは、コストだけがかさんで結果につながらないばかりか、かえって肌を刺激し薄毛が進行するおそれもあります。

過去に自分で薄毛対策をして失敗した方、思うように効果が出るか不安な方は、専門医への相談をおすすめします。

薄毛治療を専門とするクリニックでは、患者さん一人ひとりの薄毛の症状・程度・原因・体質などを診断し、それぞれに合った方法を提案。

処方薬と外用薬の併用や、育毛効果が期待できるドクターズコスメの購入も可能なので、薄毛に関する悩みを気軽に相談できます。

親和クリニックについて

科学的根拠×技術力=最高水準の植毛治療

当院が大事にしていることは、安全で確実な結果を残す治療、すなわち科学的根拠を踏まえた植毛手術の提供です。
薄毛治療の選択肢は多岐にわたります。その中でも当院では、患者さま一人ひとりの心身のご負担を最小限に、効果を最大限に感じられる治療を提供する為には、科学的なエビデンスに基づくことが第一と考え、治療効果の検証と改善を続けております。
また、患者さまに治療について安心、信頼していただくためには、科学的根拠に基づいた治療をいつでも提供できる実績が不可欠です。このため、当院の全スタッフは知識と技術力を高めるために日々研鑽を重ねております。

親和クリニックが選ばれる理由

刈り上げない治療方法を確立

従来の自毛植毛では、移植元となる後頭部の髪を採取しやすいようにバリカンで短く刈り上げるのが一般的です。

しかし当院では、移植元を刈り上げない治療方法を確立しているので、施術後も周囲に自毛植毛をしたことがバレにくくなります。

刈り上げない自毛植毛 NC-MIRAI法

高度な技術で理想通りの植毛を実現

親和クリニックforレディースでは、自毛植毛を行う際に一切メスを使わず、医療器具メーカーと共同開発した、超極細のマイクロパンチブレードを用いて施術を行います。

さらに高度な技術をもった医師が、状態の良い移植株を見極め、一本一本生え癖を考慮し丁寧に移植株を採取するため、ご希望のデザインに合わせて植毛ホールを作成することが出来ます。

こだわりの器具×高度な技術を持った医師による精密な手作業が、満足感のある仕上がりを実現します。

痛みや腫れが出にくい、丁寧な施術

植毛ホールの作成に使用するパンチブレードは、世界最小級の0.63mm~0.65mmを使用。

メスを使う従来の手術に比べ、術後の腫れや痛みがほとんど出にくくなります。

手術時にも、患者様の体質に合わせて細かく調整した麻酔をかけることで、痛みに最大限配慮し体への負担を減らします。

生着率が高く、植毛した髪がしっかりと生えてくる

当院の施術では、医師×複数の看護師によるチーム医療によって、時間をかけず一気に植毛治療を行います。

そのため、頭皮に負荷がかからず植毛したほとんどの毛が生着し、理想通りの自毛植毛を成功させることが期待できます。

徹底したホスピタリティで皆様をお迎えいたします

当院では、皆様のご不安に徹底的に寄り添います。医師による診察では、自毛植毛のデメリットを隠すことなく、ご納得頂けるまで説明いたします。

また悪質な勧誘等は一切行いません。

皆様が安心して自毛植毛を受けてただけるよう、全力でサポートいたします。

親和クリニックが選ばれる理由

親和クリニックで施術を行った方の症例

 

施術前
1年後

50代 女性
移植株数:1,000株 費用:¥2,520,000(税込)

症例一覧はこちら

親和クリニックの医師・カウンセラーへのインタビュー

親和クリニックで勤務する医師とカウンセラーへ、普段の業務内容や親和クリニックの特徴について、インタビューを実施いたしました。

親和クリニック 医師 水村奈央

女性は「美」への意識が高いので、仕上がりにも強いこだわりをお持ちの方が多くおられます。
患者様のご希望に添えられるように、自毛植毛のメリットだけではなく、注意しておきたいポイントや、仕上がりのイメージなどをしっかりとご説明できるように心がけています。
自毛植毛手術を受けた患者様から「思っていたイメージと違う」と思われては、施術する意味がありませんからね。

よくあるケースを紹介させていただくと、後頭部に生えている太い髪の毛を、細い髪の毛が生えているおでこの生え際に移植すると、髪の毛の太さに違いがでることがあります。
患者様によっては「違和感がある」といわれる方もおられるんですね。
そのようなときは、あらかじめ「ここに太い毛を移植すると違和感がでるかもしれません」「違和感を減らすのであれば、この部分の移植をおすすめします」とお伝えします。

自毛植毛は、患者様の一生にかかわってくる手術です。
1年でも2年でも、時間をかけていただいて構わないので、治療を受けるかどうかをじっくりお考えいただければと思います。

わたしは、医師というものは、常に患者様のことを第一に考え、患者様が抱えるお悩みを解決するために全力を尽くすものだと考えています。
わたしどもの治療で患者様のお悩みが解消されるだけでなく、美容や人生のサポートができれば、これほどの喜びはありません。

親和クリニック 水村医師へのインタビューはこちら

親和クリニック カウンセラー 溝口

わたしの仕事は、患者様の相談役です。
初めてご来院されてから、手術の一年後まで、サポートさせていただいております。

毎日、さまざまな患者様がご来院し、一日のカウンセリングはだいたい5~62~3名ほど。
初回のカウンセリングでは、まずヒアリングを行います。
これは、患者様がどのようなことで悩んでいらっしゃるのか、また、治療を通じてどのようなゴールを迎えたいのかをわたくしどもが把握するためです。
患者様のお悩みやご希望を伺ったうえで、適切な治療内容をご提案します。

当院にご相談に来られる方は、いま、このページをご覧になられている皆さんと同じようなお悩みを抱えられている方がほとんどです。
少しでも薄毛のお悩みがあるようであれば、わたくしどもが全力でサポートいたします。

自毛植毛の手術を受けていただければ、一年後には、きっと笑顔で過ごされているでしょう。
毎日悩むよりも、一度ご相談に来ていただくほうが絶対に安心です。
まずはわたしたちに、お悩みをお聞かせください。

親和クリニック カウンセラー 溝口さんへのインタビューはこちら

専門医の診察はメリットが大きい

薄毛治療の専門医は、患者さんの性別や遺伝的体質を背景に、それぞれの原因をみながら最適な対処法をアドバイスします。

一度診察を受けておけば原因を見つめやすくなり、ライフスタイルの注意事項や見直すべき点もチェックできます。

薄毛が進行してきたと思ったら、ぜひ専門のクリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

また、当院ではヘアライン矯正のご相談も受けて付けております。
女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

まずはカウンセリング予約から、お気軽にご相談ください。

音田正光

【経歴】

医学博士。福島県立医科大学大学院修了後、米国留学、日本医科大学老人病研究所等で一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事したのち、植毛手術を開始。
最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は1000例超、その後はFUE手術にて症例数2,000例以上の実績を持つ。平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。
得意な自毛植毛手術は、ハイスピードメガセッション、Super Dense Packingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷跡への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形の修正術。