ノコギリヤシは女性が飲んでも大丈夫なのか?注意点も紹介

薄毛の予防に効果があるとされている「ノコギリヤシ」という植物をご存じでしょうか。
ノコギリヤシはサプリメントや飲み物で摂取できるものの、薄毛の治療に役立てられるのかどうかは疑問に感じますよね。

そこで本記事では、ノコギリヤシは女性が飲んでも大丈夫かどうかといった疑問に対する答えとあわせて、摂取することで期待できる効果や注意点などを紹介します。
薄毛の症状にお悩みの女性の方は、ぜひ最後までご覧ください。

ノコギリヤシとは

ノコギリヤシは、アメリカ南東部に生育するヤシ科の植物です。
英語名は「ソウパルメット(Saw Palmetto)」ですが、扇形の葉がノコギリのようにギザギザとしていることから、日本では「ノコギリヤシ」とよばれています。

薄毛の予防や健康増進などに効果が期待できるとされており、アメリカをはじめとする諸外国では古くから健康食品として親しまれています。

ノコギリヤシは女性が飲んでも大丈夫なのか

ノコギリヤシは、男性の薄毛の予防や健康増進を目的として使われるイメージが強いため、「女性は飲まないほうがよいのか」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から申し上げますと、ノコギリヤシは女性の方が飲んでも問題ないとされています。
ノコギリヤシの成分が凝縮されているサプリメントや飲料は「栄養補助食品」に位置づけられているため、女性の方が摂取しても副作用が生じるということはほとんどありません。
ただし、ノコギリヤシを摂取することで期待できる、薄毛の予防や健康増進などの効果は、女性よりも男性のほうが実感しやすい傾向にあるようです。

また、ノコギリヤシの臨床研究は男性を中心に行われており、女性の臨床研究はデータの数が多くありません。
そのため、薄毛の予防や改善に確実性を求められている方や臨床研究のデータが少ないことに不安を感じられている方は、ほかの治療方法を視野に入れましょう。

ノコギリヤシを飲まないほうがよいとされている人

前項で紹介したとおり、女性の方がノコギリヤシを摂取することにより、身体に重篤な副作用が生じることはほとんどありません。
しかし、以下の条件に該当する方はノコギリヤシを飲まないほうがよいとされているため、注意しましょう。

条件①妊娠中あるいは授乳中の方

妊娠中あるいは授乳中の方は、ノコギリヤシの摂取を避けなければなりません。

ノコギリヤシに含まれている成分は、体内のホルモンバランスに影響を与えます。
ホルモンバランスの乱れは、お腹の中の赤ちゃんの成長によくない影響を与えたり、母乳がうまく出なくなったりする事態を引き起こす要因とされています。

お腹の中の赤ちゃんの成長やお子さまの発育のためにも、妊娠中あるいは授乳中の方は、ノコギリヤシを摂取することはやめましょう。

条件②小さなお子さま

ノコギリヤシは、ホルモンの分泌に影響を与える作用があることから、成長ホルモンの分泌を阻害する可能性もあるとされています。
身体の成長によくない影響を与えたり、免疫力を下げたりする可能性が考えられるため、小さなお子さまもノコギリヤシの摂取は避けなければなりません。

条件③ホルモン補充療法(HRT)を受けている方

更年期障害を改善するために「エストロゲン」という女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法」を受けている方も、ノコギリヤシを摂取してはいけないとされています。
なぜなら、ノコギリヤシに含まれている成分が体内のホルモンに作用することで、治療の効果に影響を与える可能性があるからです。

治療の効果がでない、あるいは効果がでるまでに時間がかかるといった事態を防ぐためにも、ホルモン補充療法を受けている方はノコギリヤシの摂取を避けましょう。

条件④消化器疾患や高血圧症がある方

ノコギリヤシを摂取すると、ごくまれに頭痛や吐き気、腹痛などの副作用の症状が現れることがあります。
これらの症状は、消化器疾患や高血圧症がある方によく現れるようです。

また、消化器疾患がない場合であっても、胃腸が弱い方がノコギリヤシを摂取すると、消化器の活動や血圧値に影響を与える可能性もあるため、注意が必要です。

条件⑤抗血小板薬や抗血液凝固薬を服用している方

可能性は低いものの、ノコギリヤシを摂取すると、出血時に血が止まりにくくなる「出血傾向」という副作用が生じることもあります。
そのため、血液の流れをサラサラにする抗血小板薬や抗血液凝固薬を服用している方がノコギリヤシを摂取すると、出血傾向の症状が悪化する可能性が考えられます。

この出血傾向の症状が悪化すると、めまいや息切れ、貧血などの症状が現れる場合もあるため、抗血小板薬や抗血液凝固薬をノコギリヤシと併用することは避けましょう。

ノコギリヤシを摂取することで期待できる効果

ノコギリヤシを摂取することで期待できる効果には以下のようなものがあります。

効果①薄毛の予防

ノコギリヤシは、薄毛の予防に効果があるとされています。
なぜなら、ノコギリヤシに豊富に含まれている成分には、薄毛を進行させる体内の物質の働きを抑える作用があるためです。

人間の前頭部や頭頂部には「5αリダクターゼ」という酵素が存在します。
5αリダクターゼは男性ホルモンと結びつくと、脱毛を促進させる「ジヒドロテストステロン(DHT)」という物質に変化し、薄毛の症状を進行させてしまうのです。

ノコギリヤシには、この5αリダクターゼの働きを阻害するとされている、オレイン酸やβシトステロール、オクタコサノールなどの成分が豊富に含まれています。
これらの成分を長期的に摂取し、体内のホルモンバランスを整えることが、結果的に薄毛の予防につながるとされています。

効果②健康増進

ノコギリヤシに含まれている成分は、身体の調子を整え、健康を増進する効果があるとされています。

ノコギリヤシを摂取することで期待できる効果は以下のとおりです。

成分名 摂取することで期待できる効果
オレイン酸 LDL(悪玉)コレステロールの低下
リノール酸 肌トラブルの防止、心臓病の予防
βシトステロール LDL(悪玉)コレステロールの吸収を抑制
オクタコサノール 持久力の向上、ストレスの緩和、筋肉痛の軽減
ビタミンE 動脈や血栓の予防、肌トラブルの防止

上記で挙げたものはあくまでも一例であり、ほかにもさまざまな効果が期待できます。

また、メーカーが製造・販売しているノコギリヤシのサプリメントや飲料によって、含まれている成分はそれぞれ異なります。

効果③排尿障害の緩和

頻尿や残尿感、排尿痛といった排尿障害を緩和する効果が期待できるという点も、ノコギリヤシの特徴の1つです。

「効果①薄毛の予防」で紹介した「ジヒドロテストステロン」という物質は、体内で過剰に生成されると、頻尿や残尿感などを引き起こすとされています。

ノコギリヤシには、ジヒドロテストステロンの生成量を抑える作用もあるとされているため、排尿障害の緩和や予防に役立てられるでしょう。

ノコギリヤシh摂取することで生じる可能性がある副作用

ノコギリヤシは、薄毛の予防や健康増進などに効果が期待できるとされているものの、副作用があるのかどうかという点は気になりますよね。

結論から申し上げますと、ノコギリヤシを摂取することで副作用が生じる可能性は低いとされています。
ただし、1日あたりの摂取量の目安である320~340mgを超えて摂取を続けた場合や、体質が合わない方が摂取した場合などは、まれに以下のような副作用が生じることがあります。

ノコギリヤシを摂取することで生じる可能性があるとされている副作用

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 便秘
  • 下痢
  • めまい
  • ふらつき
  • 鼻炎
  • 発疹
  • 出血傾向

ノコギリヤシを摂取したあとに、上記で挙げた症状が現れた場合は、ただちに使用を中止して、しかるべき医療機関で診察を受けましょう。

ノコギリヤシを飲むタイミング

ノコギリヤシは栄養補助食品に該当するため、基本的に飲む時間は指定されていません。
ただし、体内への吸収率および消化器への刺激を抑えるという観点から、空腹時の摂取は避けましょう。

また、ノコギリヤシに含まれている成分は体内の男性ホルモンに作用するため、夕食後に摂取すると、夜に眠っているあいだに男性ホルモンの分泌量が増大するとされています。
そのため、ノコギリヤシの効果をより高めたいとお考えの方は、夕食後あるいは就寝前などのタイミングに摂取することをおすすめします。

ノコギリヤシは女性が飲んでも大丈夫だが効果が実感できない可能性もある

いかがでしたでしょうか。

ノコギリヤシは、薄毛の予防や健康増進などに効果が期待できるとされています。
栄養補助食品に該当するため女性の方が飲んでも問題はありませんが、妊娠中の方やホルモン補充療法を受けている方などは、使用を避けなければなりません。

また、ノコギリヤシは女性の臨床研究があまり行われておらず、データの数も多くないため、薄毛治療に確実性を求めているという方は、別の治療方法を視野に入れましょう。

薄毛の症状にお困りの女性の方は、親和クリニックforレディースにお問い合わせください。
自毛植毛の施術をはじめとした、高い効果が期待できる薄毛治療を行っております。
まずは無料カウンセリングでご相談ください。
また、当院ではヘアライン矯正のご相談も受けて付けております。

【経歴】

医学博士。福島県立医科大学大学院修了後、米国留学、日本医科大学老人病研究所等で一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事したのち、植毛手術を開始。
最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は1000例超、その後はFUE手術にて症例数2,000例以上の実績を持つ。平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。
得意な自毛植毛手術は、ハイスピードメガセッション、Super Dense Packingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷跡への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形の修正術。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました