植毛と増毛の違いとは?メリット・デメリットを解説

現在、薄毛にお悩みの方のなかには、
「薄毛を改善したいけど、植毛と増毛どちらを選べばよいのかわからない」
とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
植毛と増毛は、具体的な施術方法やメリット・デメリットなどさまざまな要素が大きく違うため、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

そこで本記事では、植毛と増毛の違いをわかりやすく解説します。
薄毛にお悩みの方はぜひ最後までご覧ください。

植毛とは

植毛とは、毛が抜けている部分の頭皮に毛穴を植え付ける医療行為のことです。
医療行為のため、クリニックで専門の医者によって手術を受けることになります。

自身の毛穴を移植する「自毛植毛」と、人工的な毛を植え付ける「人工毛植毛」の2種類がありますが、現在は自毛植毛が主流です。

それぞれの詳しい内容については以下より解説していきます。

自毛植毛

自毛植毛とは、頭皮の薄毛が目立つ部分に、自身の後頭部の毛を頭皮の細胞ごと移植する方法です。

自身の健康な髪の毛を、細胞ごと移植するため、たとえその毛が抜けてしまっても、ほかの部分の髪の毛と同様にまた新しい毛が生えてきます。

親和クリニックforレディースの自毛植毛について詳しくはこちら

人工毛植毛

人工毛植毛とは、ポリエステルやナイロンといった化学繊維で作られた人工の毛を頭皮に植え付ける方法です。
自毛植毛とは違い、人工のものを体内に入れるため、この方法は身体への負担も大きく、基本的には推奨されていません。
アメリカの一部の州では法律で禁じられているほどです。

日本国内においても、日本皮膚科学会が提示している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」で人工毛植毛は“行うべきではない”とされています。

増毛とは

増毛とは、自分の髪の毛以外の毛、いわゆる“つけ毛”を外側から装着し、髪の毛が生えているように見せる方法のことです。
身体に対して直接的に何らかの措置を行うわけではないため、医療行為には該当しません。

増毛にはさまざまな種類があります。
ここでは、増毛でよく用いられる4つの方法を紹介します。

かつら

増毛の方法として最も知名度が高いのは、かつらを装着するという方法ではないでしょうか。

頭全体を覆うタイプのものもあれば、前髪や頭頂部など特定の部分のボリュームアップに使うタイプもあります。
また、使われている素材も、比較的安価で手に入る人工毛と、自然な見た目の人毛から選べます。
本記事で紹介する増毛の方法のなかでは比較的試しやすい反面、ちょっとした衝撃や動きなどでズレてしまうことが多いという点はデメリットといえるでしょう。

編み込み式

一般的なかつら(ウィッグ)は、4箇所についているクリップを使って頭に取り付けます。
しかし、激しく動いた場合などは徐々にクリップの位置がズレるため、いつの間にか不自然な見た目になってしまうということもあります。

編み込み式増毛、または編み込み式ウィッグとは、髪の毛に直接かつらを編み込むことで、従来のクリップ式のかつらの短所であったズレやすさを軽減できる方法です。

かつらがズレてしまうという不安を感じずに過ごせるという点は大きなメリットですが、同時にデメリットもあります。
なぜなら、かつらが簡単に外れないということは、言い換えると自分で外すこともできないためです。
24時間かつらを装着した状態で過ごすことになるため、入浴時も頭皮をしっかりと洗うことができません。
また、かゆみを生じた際も専用の道具を使わなければ、かくことができないため人によってはストレスに感じることが多いでしょう。

結着式

結着式の増毛とは、元から生えている自身の髪の毛1本ごとに対し、4本程度の人工毛を結びつけることで髪の毛のボリュームを増やす方法です。
自身の髪の毛を生かすため、自然な見た目に仕上がるという特徴があります。

しかし、地毛に人工毛を結びつけるため、かえって髪の毛に負担がかかり、抜けやすくなってしまう可能性があるという点はリスクだといえるでしょう。
また、地毛が伸びてくると違和感が目立つため、頻繁なメンテナンスが必要です。

接着式

接着式増毛とは、粘着性の高いテープのような素材を使って、頭皮にかつらを貼り付ける方法です。
一度、地毛をすべて剃ってスキンヘッドの状態にし、その上にかつらを貼り付けます。
結着式と同様に、ズレることがほとんどないため安心して過ごすことができます。

しかし、そのデメリットはとても大きいです。
頭皮に直接テープを貼り付けるため、強い負担がかかってしまいます。
頭皮に負担がかかるということはそれだけ薄毛になってしまうリスクも高いということですので、長期的な利用は控えたほうがよいでしょう。

植毛と増毛の違い

ここからは、植毛と増毛のさまざまな違いのなかでも、特にわかりやすい5つの違いを解説していきます。

なお、植毛には自毛植毛と人工毛植毛がありますが、ここでは日本皮膚科学会のガイドラインでも推奨されている方法である自毛植毛を基準に扱います。

違い①方法

まず、植毛と増毛で大きく異なるのは、その方法です。

植毛は医療行為に該当するため、クリニックで問診や検査を行い、その結果をもとに適切な手術が医師によって行われます。
自毛植毛では、自身の頭皮に健康な髪の毛を皮膚の細胞ごと移植するため、施術後は半永久的に髪の毛が生え続ける効果が得られるという点が大きな特徴です。

対し、増毛は医療行為には該当しないため、サロンなどで行われます。
人工毛か人毛かの違いはありますが、いずれの場合も自身の頭皮に直接施術を施すのではなく、あくまでも一時的に外側から頭皮を覆って薄毛部分を隠すだけの方法です。
そのため、自身の毛や頭皮が根本的に健康な状態になるというわけではありません。

植毛は、薄毛を「治す」ための医療行為で、増毛は薄毛を「隠す」ための手段と表現するとわかりやすいのではないでしょうか。

違い②効果が出るまでの所要時間

実は自毛植毛の施術を受けても、すぐに髪の毛が生えてくるわけではありません。
移植した頭皮の細胞が元の頭皮に生着するために4か月程度の期間を要するため、この期間を終えてからやっと理想のヘアスタイルを楽しめるようになります。

一方で、増毛の場合はどの方法を選んでも、施術したその日に効果が得られます。

違い③メンテナンスの有無

自毛植毛では、移植した細胞が頭皮に定着さえすれば、あとはほかの部分と変わらず髪の毛が生えてくるため、施術後の定期的なメンテナンスは不要です。

一方で増毛の場合は、地毛は自然に伸びていくのに対し増毛した部分は伸びないため、施術から時間が経つと見た目が不自然になってしまいます。
そのため、見た目が自然になるように定期的にメンテナンスを行うことが欠かせません。
当然、メンテナンスのたびに費用もかさんでしまいます。

違い④費用

植毛と増毛では、費用面も大きく異なります。

まず、自毛植毛を行う場合の費用の目安は80万~150万円程度です。
薄毛の進行度合いによっても費用は異なりますが、これは頭頂部もしくは額のどちらかの薄毛をしっかりと治療する場合の目安を想定しています。

増毛の場合も、どの方法を選ぶかによって費用は異なりますが、今回はかつらを作る場合と結着式の増毛を行う場合の目安をそれぞれ紹介します。

かつらを作る際にかかる費用の相場は1個あたり50万~100万円程度です。
一見、思ったよりも安いと感じられるかもしれませんが、かつらはスペアを用意してローテーションで使用していくことが前提とされています。
また、長期間使用して形が崩れてきた場合は買い替える必要もあるでしょう。
そのため、安くても200万円以上の費用がかかることが想定されます。

そして、結着式の増毛を行う際は、5年間継続すると仮定した場合、費用の相場はトータルで100万円程度です。

それぞれ比較すると、コストパフォーマンスが高い方法は自毛植毛であることがわかります。
80万~150万円は安い費用ではありませんが、その後継続的にお金がかかることがなく、髪の毛が生え続ける状態になるため、トータルで見ると費用が安いのは自毛植毛なのです。

違い⑤適している人

ここまでで紹介してきた内容を踏まえると、植毛と増毛はそれぞれ適している人も違うということがわかります。
以下に、それぞれ具体的にどんな人が向いているのか、その条件をまとめました。

自毛植毛が向いている人

  • 根本的に自分の髪の毛の状態を治療したい人
  • コストを抑えて薄毛を改善したい人
  • 施術から効果が出るまで時間がかかっても問題ないという人
  • 自分の薄毛を「隠す」ということに心理的な抵抗がある人

増毛が向いている人

  • 根本的な治療ではなく、あくまでも一時的なもので構わないという人
  • すぐに髪の毛の見た目を改善したい人
  • 自分の薄毛を「隠す」ということに抵抗がない人

自毛植毛のメリット・デメリット

自毛植毛にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
それぞれ比較したうえで、自分に合っているかどうか判断してみましょう。

自毛植毛のメリット

  • 自然な仕上がりになる
  • 半永久的に髪の毛が生え続ける
  • 頭皮や髪の毛へのダメージが少ない

自毛植毛のデメリット

  • 施術後1週間は安静に過ごす必要がある
  • 効果を得られるまでに時間がかかる
  • 薄毛の範囲が広い場合は複数回の施術が必要な場合がある
  • 移植できる地毛が残っていなければ施術できない

自毛植毛の最大のメリットは、なんといっても自然な仕上がりで、その効果が半永久的に得られるという点です。
自分自身の髪の毛を移植するため、見た目に違和感が出ません。
また、医療行為で尚且つ人工毛植毛とは異なり自分自身の毛を使うため、身体への負担が少ないため安心できます。

一方で、即効性がないという点は人によってはデメリットといえるでしょう。
さらに、施術後1週間は、移植した髪がきちんと生着するように、頭皮への刺激となるような行為は避けなければなりません。
たとえば、激しい動きを伴うスポーツや、血の巡りを促進させる飲酒、また身体にとって刺激となる辛い食べ物や飲み物も控える必要があります。

【関連記事】自毛植毛とは?向いている人の特徴とメリット6選

増毛のメリット・デメリット

増毛のメリット・デメリットについても以下にまとめました。

増毛のメリット

  • 施術後、すぐに効果を得られる
  • 施術後の行動の制限がない
  • 短期間の効果のみでよい場合は安価で済ませられる

増毛のデメリット

  • ランニングコストがかかる
  • 頭皮や髪の毛に負担がかかる可能性が高い
  • 「薄毛を隠して生きていく」ということを受け入れる必要がある

増毛の場合は、自毛植毛とは違い、すぐに効果が得られるという点が大きなメリットです。
また、基本的には施術後に禁止されている行為はないため、当日からいつも通りの生活を送ることができます。

一方で、継続的なメンテナンスが必要になるためトータルコストがかかってしまうという側面もあります。
また、どの方法を選んでも頭皮や髪の毛に多少なりとも負担はかかるため、長期的に見るとむしろ薄毛が進行してしまうリスクもあるのです。
さらに、増毛は根本的な薄毛の治療にはならないため、人によっては自分の薄毛を隠しながら日々を過ごしていくことに対しストレスを感じてしまうかもしれません。

そのため、長期的に効果を得たい場合に、増毛はあまり向いていないといえるでしょう。

とはいえ、1回ごとの費用は比較的安く、短期間の利用であれば頭皮への負担も最小限に抑えられるため、この点を活かせる状況であればデメリットはそれほど感じないでしょう。
たとえば、母校の同窓会で数十年ぶりに仲間に会う日や、一生に一度の結婚式など、「その日だけでも見た目を良くしたい」という場合であれば増毛はとてもおすすめできます。

植毛と増毛の大きな違いは「根本的な治療であるかどうか」

今回は、植毛と増毛の違いを解説いたしました。

植毛と増毛の根本的な違いは、医療行為であるかどうかという点です。
医療行為である自毛植毛では、自身の薄毛を根本的に治療できるため、施術後も半永久的に髪の毛が生えてくるという効果が得られます。
対し、増毛は薄毛の状態を隠すことで一時的に見た目を変えるという効果のみが得られる方法です。

それぞれ向いている状況やメリット・デメリットが異なるため、ご自身に合った方法を選んでみましょう。

自毛植毛に興味のある方は、無料カウンセリングでご相談ください。
薄毛治療の実績が豊富な医師が、適切な治療方法を提案いたします。

また、当院ではヘアライン矯正のご相談も受けて付けております。

女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

【経歴】

医学博士。福島県立医科大学大学院修了後、米国留学、日本医科大学老人病研究所等で一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事したのち、植毛手術を開始。
最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は1000例超、その後はFUE手術にて症例数2,000例以上の実績を持つ。平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。
得意な自毛植毛手術は、ハイスピードメガセッション、Super Dense Packingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷跡への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形の修正術。
タイトルとURLをコピーしました