自毛植毛ができない人はどんな人なのか?

数ある薄毛治療の中でも、特に自毛植毛は高い効果と安全性が期待されている為、高い人気を得ています。
ですが、自毛植毛はすべての方が受けられる訳ではなく、時には不適切な薄毛治療として、逆効果になってしまう可能性もあります。
どういった人が自毛植毛に向いていないのか、自毛植毛以外にどういった薄毛治療があるのかをご紹介しています。
自毛植毛を検討されている方や、薄毛にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

自毛植毛に向いていない人とは?

自毛植毛は、健康な毛根(皮膚)をドナーとして採取し、そのドナーを毛が薄くなっている部分に移植する施術です。
安全性や効果の高さに定評がありますが、自毛植毛ができない場合や、避けた方が良い場合もあります。
代表的な例を、いくつかご紹介します。

毛量が少ない人・ドナーの採取ができない人

上記した通り、自毛植毛は、髪の毛が成長する皮膚(毛根)を採取し、その皮膚を髪の毛が薄い部分に移植します。
移植元は、主に側頭部や後頭部になっていますが、こちらに毛(毛根)が残っていない場合や、毛量が少ない場合は、必要な株数を移植出来ない可能性があります。

円形脱毛症の人

円形脱毛症は、髪の毛の免疫機能に問題が生じることで、部分的に脱毛症になってしまう状態です。
自毛植毛を受けるのがNGという訳ではありませんが、円形脱毛症の場合は、自毛植毛をしなくても改善するケースが多いので脱毛症の経過を見てから自毛植毛がおすすめです。

円形脱毛症については詳しくはこちらをご覧ください。

【関連記事】女性の円形脱毛症とは?特徴や治療法

心身に病気を患っている人

心身に病気を患っている場合は、自毛植毛を避けた方が良いと言われています。
代表的な例をご紹介します。

【糖尿病の人】
傷の治癒速度が遅く、化膿しやすい傾向があります。痛みや腫れが酷くなる可能性が高いので、避けておいた方が良いとされています。
また、糖尿病以外の持病をお持ちの方も避けておいた方が良い場合もあります。

【心臓が弱い人・精神的な疾患がある人】
手術時には麻酔を使用するので、心臓にも少なからず負担がかかります。
心臓病などで心臓が弱い人は、避けておいた方が良いとされています。
治療を受けている場合には主治医と相談の上手術の可否が決まります。

また、精神的な疾患を患っている人の場合は、施術後の強い不安感や、ストレスなどから、髪の毛がうまく生えず、髪の毛が抜け落ちてしまうことがあります。
髪の毛が抜け落ちてしまうことで、より強いストレスを感じてしまうことで、精神的な疾患を更に悪化させてしまうことがあるので、注意しておくようにしましょう。

自毛植毛ができない際の薄毛治療は?

自毛植毛ができない場合の薄毛治療は、「育毛剤」などがあげられます。
育毛剤は、髪の毛の「育てる」効果があり、髪の毛を抜けにくくする効果が期待されています。
内服薬・外用薬で髪の毛を「生やす」ことは出来ません。
ただし、既に毛根がAGAの影響により細く薄い産毛の様な場合は、あまり効果を出すことはできないので、注意が必要です。
自毛植毛ができない場合には、ウィッグなどでカバーするのも検討の一つでしょう。

【関連記事】育毛剤と発毛剤の違いは?薄毛対策には育毛剤と発毛剤のどちらがいいのか? 

まずはカウンセリングを

自毛植毛は、数ある薄毛治療の中でも、特に効果が高いことで知られています。
しかし、希望すれば必ず受けられるという訳ではないので、気を付けておかないと、かえって逆効果になってしまう可能性もあります。
自分の頭皮の状態や、最適な治療法を確認する為にも、まずはクリニックでカウンセリングを受けるのがおすすめです。

親和クリニックでは、自毛植毛をお一人お一人にあった施術で行っております。
まずはカウンセリング予約から、お気軽にご相談ください。
女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

【経歴】

医学博士。福島県立医科大学大学院修了後、米国留学、日本医科大学老人病研究所等で一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事したのち、植毛手術を開始。
最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は1000例超、その後はFUE手術にて症例数2,000例以上の実績を持つ。平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。
得意な自毛植毛手術は、ハイスピードメガセッション、Super Dense Packingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷跡への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形の修正術。
タイトルとURLをコピーしました