薄毛対策として、自毛植毛とかつらはどちらがおすすめ?


薄毛対策として高い人気を集めているのが、自毛植毛とかつら・ウィッグです。
かつら・(ウィッグ)はイメージをしやすいかと思いますが、自毛植毛がどういったものなのかを具体的に把握している人は、そこまで多くありません。
この記事では、自毛植毛とかつら・(ウィッグ)の概要・メリット・デメリットについてご紹介していきます。
薄毛対策をご検討されている方や、自毛植毛とかつらのどちらにしようか悩んでいる方は、是非ご参考下さい。

かつら・(ウィッグ)の特徴・メリット・デメリット

かつら・(ウィッグ)は、薄毛対策として最も有名な方法であり、着用するだけですぐに効果を実感できるのが最大の特徴です。
頭部全体をカバーするタイプや、薄毛が気になる頭頂部・生え際などに使用するタイプなどがあり、色やデザインも自由に変えることができます。

かつら・(ウィッグ)のメリット

かつら・(ウィッグ)のメリットとして、下記のようなものが挙げられます。

・着用するだけで効果をすぐに実感することができる
・髪の色、長さ、毛質が自由に選べる
・定期的なメンテナンス必要だが、手術や通院が不要

様々なヘアスタイルを気軽に試すことができるのが特徴だと言えます。

かつら・(ウィッグ)のデメリット

かつら・(ウィッグ)のデメリットとして、下記のようなものが挙げられます。

・通気性や固定方式によって頭皮にダメージがある
・ブラッシングや洗浄といったメンテナンスが必要
・耐用年数がある
・強風や引っ張った際にとれることがある

あくまでも人工的な毛髪を着用するため、メンテナンスの時間や維持費がかかることも覚えておきましょう。

自毛植毛の特徴・メリット・デメリット

自毛植毛とは、後頭部の毛穴採取して、薄毛が気になる部分に移植をする治療のことを指します。
かつら・(ウィッグ)と違って即効性はありませんが、「自分の髪の毛」を頭部毛穴の引っ越しなので全体の毛量は増えません。薄毛が気になる部位に発毛させることが出来るのが特徴です。できるのが最大の特徴です。

自毛植毛の特徴のメリット

自毛植毛のメリットとして、下記のようなものが挙げられます。

・自分の毛髪を毛量の多いい後頭部から少ない部位へ毛穴を移動させる
・メンテナンスが不要
・ヘアアレンジが楽しめる
・半永久的に生え変わる

自分の毛髪を髪全体に増やすことができるのは、自毛植毛の最大のメリットです。
髪の毛が定着すれば、髪型も髪色も自由にできるのが嬉しいところです。

自毛植毛の特徴のデメリット

自毛植毛のデメリットとして、下記のようなものが挙げられます。

・個人差はあるが、施術で痛みを感じることがある
・ある程度の費用がかかる

手術当日と翌日の2日間のみで終了しますので通院は必要ないです。
また、施術料金も数十万円~数百万円が相場となっているので、かつら(・ウィッグ)は1回あたりの費用が抑えられえますが、メンテナンスごとに費用がかかります。比較すると一時的なコストはかかりますが、トータルで見たらお安くなることも覚えておきましょう。

自毛植毛とかつら・(ウィッグ)の特徴を理解することが重要

自毛植毛とかつら・(ウィッグ)は薄毛対策として高い人気がありますが、その性質・特徴は全く異なります。
かつら・(ウィッグ)は即効性がありますが、周囲にすぐにばれてしまうことなどにも注意が必要になってきます。
自毛植毛は高い効果が期待できますが、通院・施術は、カウンセリング、施術時、検診時(半年後と1年後)の最低4回位です。

気軽かつ一時的なコストが比較的抑えられて、効果をすぐに実感することができるかつら・(ウィッグ)が良いのか、コストや手間はかかっても、本物の自分の髪の毛を薄毛の部位に発毛させます。頭部全体の毛量は変わりません。自然な仕上がりが期待できる自毛植毛が良いのか、両方の特徴をよく理解した上で検討してみるのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました