育毛剤と発毛剤の違いは?薄毛対策には育毛剤と発毛剤のどちらがいいのか?

薄毛を改善させる方法はいくつか存在しますが、私たちにとって一番馴染みがあるのは育毛剤や発毛剤ではないでしょうか。

この二つにどういった違いがあるのか、具体的な特徴をご存じでしょうか。

そこで本記事では、育毛剤と発毛剤のそれぞれの特徴や、効果の高い薄毛治療法などをご紹介していくので、薄毛にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください!

育毛剤とは

育毛剤とは字のごとく、毛を育てる効果が期待できるものです。

分類上は、治療を目的とする「医薬品」ではなく、特定の症状の予防を目的とする「医薬部外品」に属します。

頭皮に塗るタイプのものが一般的で、ドラッグストアで購入することが可能です。

育毛剤には、頭皮の血行を促す効果や、育毛の効果のある栄養を与える成分が含まれており、毛髪を健康的にすることで薄毛や抜け毛を予防する役割があります。

ただ、注意が必要なのは、育毛剤は「今現在生えている髪の毛を強くして維持する」ことを目的として作られているという点です。

そのため、すでに頭の毛量が少なくなっている場合や、髪の毛がまったくない部分がある場合は、効果があまり期待できません。

あくまでも、頭皮に栄養を与えることで毛髪の健康を維持するためのものだということを覚えておきましょう。

発毛剤とは

発毛剤とは、薄毛の治療・改善を目的として作られている「医薬品」です。

塗り薬や飲み薬があり、医師の指示に従って適切に服用することで、薄毛が気になる部分から髪の毛が生えてくる効果が期待できます。

発毛剤の場合は、すでに起きてしまった症状の改善を目的としているため、今現在薄毛の症状にお悩みの方が服用するものです。

また、自分で購入することはできず、医師が必要だと判断した場合に処方されます。

発毛剤の成分

以下に、発毛剤に含まれる代表的な成分をまとめました。

発毛剤の代表的な成分とその効果

  • ミノキシジル:塗布した部位の毛細血管を拡張させることで毛髪を太くする
  • フィナステリド:薄毛の原因となるホルモンの生成を抑制する
  • デュタステリド:フィナステリドよりも強力に薄毛ホルモンの生成を抑制する

ここで注意が必要なのは、女性の場合はフィナステリドやデュタステリドの服用ができないという点です。

なぜなら、これらの成分は男性ホルモンに作用するものであり、女性に対する安全性と有効性が確認されていない為、女性の使用禁忌となっています。

そのため、男性の薄毛治療においては症状に応じて上記2種類の内服薬のうちいずれか1種と、外用薬1種が処方されますが、女性の場合は外用薬ミノキシジルのみが処方されます。

育毛剤と発毛剤の違い

育毛剤と発毛剤それぞれの概要がわかったところで、両者には具体的にどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

違い①分類

先ほども少し触れたように、育毛剤と発毛剤は法律上での分類が異なります。

育毛剤は「医薬部外品」、発毛剤は「医薬品」に分類されるものです。

医薬部外品とは、特定の効果があることを厚生労働省が認めた成分が、一定の濃度で配合されているものをさします。

次に紹介する医薬品よりも人体への作用は弱く、また特定の症状の治療・改善よりも予防を目的とされている傾向にあります。

対し、医薬品とは、特定の症状の治療を目的としているものです。

医薬部外品と同様に、厚生労働省が効果を認めた成分が配合されていますが、医薬部外品よりも人体に及ぼす作用は大きい傾向にあります。

違い②効果・目的

育毛剤と発毛剤は、それぞれ分類が違うため、目的もまた異なります。

「育毛剤は現在の髪の毛の維持するためのもの」、そして「発毛剤は生えていない髪の毛を増やすためのもの」と覚えておきましょう。

また、そもそもの目的が異なるため、仮にまだ薄毛の症状が出ていない人が、高い効果を期待して将来の薄毛の予防のために発毛剤を使用しても、効果はあまり期待できません。

同様に、既に薄毛の症状が出ている人が発毛剤を使っても、薄毛が改善されるということは考えにくいでしょう。

今現在の症状によって育毛剤と発毛剤どちらを選ぶべきなのかは異なりますので、症状によって適切なものを選ぶことが大切です。

違い③副作用

育毛剤は、大きな副作用は基本的にはないと考えて問題ありません。

ただし、体質によっては肌のかぶれや炎症といった症状が出ることは考えられますので、注意書きをよく読んだうえで使用しましょう。

一方で、発毛剤は成分ごとにいくつかの副作用が認められています。

以下に発毛剤で使用される代表的な成分ごとに主な副作用をまとめました。

発毛剤の成分でみられる副作用

  • ミノキシジル:頭皮のかゆみ・炎症
  • フィナステリド:男性機能の低下
  • デュタステリド:男性機能の低下

ミノキシジルには、塗った部分の血流を促進させることで発毛を促すという効果があります。

その結果、一時的に頭皮にかゆみを感じる場合があるのです。

また、フィナステリドやデュタステリドは、男性ホルモンに作用する成分のため、場合によっては男性機能の低下を招くという副作用があります。

先ほども紹介しましたが、そもそも女性は服用してはいけないため、女性に対し処方されることはありません。

育毛剤や発毛剤の正しい使い方

育毛剤や発毛剤で最も効果を得るための使い方は、用法・用量を守って適切に使うということです。

早く効果を得たいからといって、指示された回数よりも多く使っても、すぐに効果が出るわけではありません。

それどころか、かえって症状を悪化させてしまうおそれもあります。

育毛剤と発毛剤どちらを使うべきか迷ったときは?

「今の自分の状態だと育毛剤と発毛剤どちらを使えばいいのかわからない」

「市販の育毛剤を使っているけどあまり効果を感じられない……」

このようにお悩みの方は、お気軽に薄毛治療クリニックにご相談ください。

医師が症状をみて適切な処方や施術の提案をいたしますので、一人で悩まずにご相談されることをおすすめします。

育毛剤や発毛剤以外の薄毛治療法は?

育毛剤と発毛剤のそれぞれの特徴や違いをご紹介しましたが、薄毛の治療として最も高い効果が期待されているのが「自毛植毛」です。

自毛植毛とは、後頭部や側頭部の皮膚組織を採取して、髪の毛が薄くなっている部分に植え替えることで薄毛を目立ちにくくするという治療方法です。

この治療を通して髪全体の皮膚組織を健康な状態にできるため、効果を実感しやすく、また失敗やリスクが比較的少ないことから、効果や満足度が高い治療法として知られています。

育毛剤や発毛剤ではなかなか効果がみられないという場合は、自毛植毛も視野に入れて検討しましょう。

親和クリニックforレディースの自毛植毛について

育毛剤と発毛剤の大きな違いは「予防と改善どちらを目的としているか」

以上、育毛剤と発毛剤の違いを紹介しました。

まだ髪の毛が健康的な状態ではあるものの、将来薄毛になってしまうリスクを少しでも抑えたいという方は、育毛剤を使って予防しましょう。

すでに薄毛の症状が出ているという方は、医師に発毛剤を処方してもらうことをおすすめします。

また、薄毛の症状が極度に進行している場合においては、発毛剤では対応できないという可能性もあります。

どうしても改善させたい、という場合は思い切って自毛植毛もご検討ください。

親和クリニックでは、自毛植毛をお一人お一人にあった施術で行っております。
まずはカウンセリング予約から、お気軽にご相談ください。

また、当院ではヘアライン矯正のご相談も受けて付けております。

女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

【経歴】

医学博士。福島県立医科大学大学院修了後、米国留学、日本医科大学老人病研究所等で一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約十数年従事したのち、植毛手術を開始。
最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は1000例超、その後はFUE手術にて症例数2,000例以上の実績を持つ。平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。
得意な自毛植毛手術は、ハイスピードメガセッション、Super Dense Packingによる高密度移植、女性型脱毛症の治療、フェイスリフト傷跡への毛髪移植手術、フェイスリフト後のもみあげ変形の修正術。
タイトルとURLをコピーしました