女性の薄毛は遺伝する?薄毛になる要因や治療方法も紹介

女性の方のなかには「薄毛になるかどうかは遺伝で決まる」という話を聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
髪の毛の状態を保つためにも、薄毛と遺伝の関係性は把握しておきたいですよね。

そこで本記事では、薄毛と遺伝の関係性とあわせて、薄毛が進行するとされている要因や治療方法などを詳しく紹介します。
薄毛にお悩みの女性の方は、ぜひ参考にしてみてください。

女性の薄毛と遺伝の関係性

結論から申し上げますと、薄毛は遺伝する可能性が高いとされています。

前頭部や頭頂部、前立腺などに存在する「5αリダクターゼ」という酵素に「テストステロン」という男性ホルモンが結びつくと「DHT」という物質が生成されます。
DHTが男性ホルモンの受容体に結びつくと、発毛にかかわる遺伝子群に作用をおよぼし、薄毛を進行させてしまうのです。
この5αリダクターゼは、優性遺伝によって伝わり、父方あるいは母方の家族に薄毛の人がいるという場合は、その子どもも薄毛の体質を受け継ぐとされています。

このように、薄毛と遺伝には一定の関係性があるとされています。

女性の薄毛が進行するとされている遺伝以外の要因

女性の薄毛が進行する要因は、必ずしも遺伝によるものだけとは限りません。

ここからは、女性の薄毛が進行するとされている、遺伝以外の主な要因を紹介します。

要因①生活習慣が乱れている

生活習慣の乱れは、薄毛の進行に関係があるとされているため注意しなければなりません。
たとえば、睡眠不足や偏った食生活などは、体内のホルモンバランスを乱し、発毛に悪影響を与えます。

また、頭皮の健康を維持するためには、過度な喫煙や飲酒なども控えたほうがよいとされています。
なぜなら、タバコに含まれているニコチンや、お酒に含まれているアルコールは、血管を収縮させて頭皮の血行不良を引き起こし、結果的に髪の成長を阻害するからです。

薄毛の症状を進行させないためにも、十分な睡眠時間を確保することや栄養バランスのとれた食事をとることを心がけ、過度な喫煙や飲酒は控えることをおすすめします。

要因②強いストレスを抱えている

強いストレスを抱えることは、自律神経の乱れや頭皮の血行不良などを引き起こし、髪の成長を妨げるとされています。

そのため、ストレスは抱え込まずに、すぐに発散することをおすすめします。
ただし、ストレスを発散させるために、喫煙や飲酒、暴飲暴食などを繰り返すと、体内のホルモンバランスが乱れ、かえって薄毛を進行させてしまうこともあるため注意が必要です。

また、「ストレスが発散できない」「憂うつな気分が続いている」という場合は、精神状態が不安定である可能性が考えられるため、心療内科を受診することも視野に入れましょう。

要因③頭皮に負担をかける習慣や行動を繰り返している

頭皮に負担をかける習慣や行動を繰り返すと、髪が正常に成長しなくなることがあります。

薄毛を進行させる可能性があるとされている習慣や行動には、以下のようなものがあるため、確認してみてください。

薄毛を進行させる可能性があるとされている習慣や行動

  • いつも帽子をかぶる
  • つねに髪を結ぶ
  • ヘアカラーを繰り返す
  • シャンプーのすすぎ残しがある
  • ワックスを洗い流さない
  • ヘアブラシで頭皮を繰り返し叩く
  • 大量の育毛剤や発毛剤を使用する

薄毛の症状を進行させないためにも「なるべく帽子をかぶらないようにする」「カラーリングの回数を控える」といったことを心がけましょう。

薄毛の治療方法

ここからは、薄毛の改善に効果が期待できるとされている治療方法を紹介します。

方法①自毛植毛の施術

自毛植毛とは、髪の毛が生えている後頭部や側頭部の頭皮を採取して、髪の毛が薄い部分に移植する手術のことです。
移植先の毛根が死滅しているという場合であっても、髪のボリュームを増やすことができるという点が特徴です。
また、自分自身の髪の毛を移植するため、拒絶反応が起こりにくく、仕上がりにもほとんど違和感がありません。

自毛植毛は、数ある薄毛治療のなかでも発毛する可能性が高い方法とされているため、薄毛治療に確実性を求めているという方や、仕上がりを重視しているという方におすすめです。

方法②発毛剤の塗布

発毛剤とは、発毛を促すことを目的とした医薬品のことです。
発毛剤には、ミノキシジルをはじめとした発毛に効果が期待できる成分が含まれており、薄毛が気になる部分に使うことで髪の毛が生えてくる効果が期待できます。

ただし、発毛剤は毛根の活動をサポートするために作られている商品であるため、すでに毛根が死滅しているという場合は、発毛の効果が期待できないという点には注意が必要です。

女性の薄毛と遺伝には関係性があるため薄毛が気になったら早急に治療しましょう

いかがでしたでしょうか。

女性の薄毛と遺伝には関係があり、父方あるいは母方の家族に薄毛の人がいる場合、その子どもも薄毛の体質を受け継ぐとされています。

また、遺伝だけではなく、生活習慣の乱れやストレスなども薄毛の要因とされているため、食生活を見直すことやストレスを発散することを心がけましょう。

薄毛にお困りの女性の方は、親和クリニックforレディースにお問い合わせください。
最高水準の設備と技術で薄毛治療を行いますので、まずは無料カウンセリングまでお越しください。
また、当院ではヘアライン矯正のご相談も受けて付けております。
女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました