更年期と薄毛の関係性とは?症状が現れる原因や治療法も紹介

「髪全体のボリュームが減ったように感じる」「髪の毛のコシがなくなった」などの症状がある女性の方の場合、更年期による薄毛が進行している可能性があります。
このような場合は薄毛の対策をするために、原因を把握して適切に対応することが大切です。

今回は、更年期と薄毛の関係性と、薄毛の症状が疑われる際の治療法を紹介します。
薄毛の進行が気になっており、更年期による薄毛の治療法を知りたいとお考えの方はご一読ください。

更年期とは

更年期とは、閉経前後の各5年間を合わせた、10年間のことです。
閉経を迎える年齢には個人差があるものの、50歳前後で閉経を迎える女性の方が多くいらっしゃいます。

更年期では、心身にさまざまな症状が現れます。
なぜなら、閉経にともなって卵巣の働きが衰えると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が急激に減少するためです。
エストロゲンの分泌量が急激に減ると、ホルモンバランスが以前と変わることで、自律神経の乱れや心身の不調が起こりやすい状態になります。

そのため、40~50代の女性の方には、更年期特有のさまざまな症状が現れる可能性があるというわけです。
そのなかでも、更年期の女性の方が悩まれていることが多い症状を、以下の表にまとめました。

【更年期の女性の方に現れる主な症状】

症状 具体的な症状
精神的な症状 意欲の低下、気分の落ち込み、イライラ感、不安感、うつの症状
身体的な症状 頭痛、肩こり、腰痛、関節痛、めまい、動悸、吐き気、胸やけ、胃もたれ、下痢、便秘
血管に関係する症状 ほてり、発汗、むくみ

なお、上記の症状の感じ方は、個人差が大きいとされています。
また、更年期では、このような症状で日常生活に支障が出る場合があるだけではなく、髪の毛への影響が出る場合もあるため注意が必要です。

更年期の女性の方に薄毛の症状が現れやすいということは本当か?

結論から申し上げますと、個人差はあるものの、更年期の女性の方と薄毛に関係性があるということは事実です。

当院に薄毛治療の相談にいらっしゃる患者様のなかにも、カウンセリングを行ったところ、更年期の症状と薄毛の症状が現れた時期が重なっていたという方もいらっしゃいます。

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減るだけではなく、加齢によって髪の毛の質にも変化が起こるという点も、更年期の特徴です。
そのため、更年期による薄毛の症状が現れた場合は、エストロゲンの減少によるホルモンバランスの乱れと、加齢による髪の毛の変化の2つが、薄毛の症状に影響を与えています。

更年期に現れる薄毛の症状

ひと口に、薄毛の症状といってもさまざまな種類があります。
そのなかでも、更年期に現れる薄毛の症状は以下のとおりです。

【更年期に現れる薄毛の主な症状】

  • 抜け毛が増える
  • 髪の毛が細くなる
  • 1つの毛穴から生える髪の毛の本数が減る
  • 地肌が透けて見える
  • 髪の分け目が目立つ
  • 頭皮が乾燥している
  • 髪全体のボリュームが減る
  • 髪の毛のハリやコシがなくなる
  • 髪の毛がうねる

髪の毛は、女性の見た目の印象において影響を与える要素の1つであるため、普段から髪の毛のケアを行っているという方も多くいらっしゃるでしょう。

そんな女性の方にとって、薄毛の症状が進行してしまうと、容姿の変化にともなって精神状態にまで悪影響を及ぼすおそれがあります。
くわえて、更年期の症状で情緒不安定になることもあるため、更年期に現れる薄毛の症状は、女性の方をさらに悩ませてしまうかもしれません。

ただし、女性の薄毛は更年期以外にも、円形脱毛症や牽引性(けんいんせい)脱毛症、脂漏性(しろうせい)脱毛症といったほかの脱毛症が原因である場合もあります。
薄毛の初期症状だけでは、更年期が影響したことによる薄毛という判断が難しいため、薄毛治療クリニックに相談して、薄毛の原因を把握することをおすすめします。

更年期に薄毛の症状が現れる原因

ここからは、更年期の女性の方に、薄毛の症状が現れる主な2つの原因を紹介します。

原因①ヘアサイクルの乱れ

ヘアサイクルが乱れることは、更年期に薄毛の症状が現れる原因の1つです。

ヘアサイクルとは、髪の毛が生えてから抜けるまでの周期のことであり、成長期と退行期、そして休止期の3つの段階に分けられます。

成長期は新しい髪の毛が成長する時期のことであり、この期間に髪の毛は約4~6年かけて成長します。
その後、髪の毛が成長するスピードが段々と遅くなり、成長が止まりかけている時期が退行期です。
そして休止期は、退行期のあとに髪の毛の成長が完全に止まる時期のことであり、休止期に入った髪の毛は、通常3~4か月かけて日常生活のなかで自然と抜け落ちます。

このヘアサイクルを正常に保つ働きを担っているものが、女性ホルモンのエストロゲンです。

しかし、更年期によってエストロゲンの分泌量が急激に減ると、ヘアサイクルが乱れてしまい、髪の毛の成長期が短くなるだけではなく、休止期が長くなります。
ヘアサイクルが乱れると、生えている髪の毛は細く短い状態で、抜け落ちる髪の毛は多い状態になるため、薄毛になるというわけです。

原因②新陳代謝の低下

新陳代謝の低下も、更年期に薄毛の症状が現れる原因です。

女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛や肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進する働きも担っています。

更年期にエストロゲンの分泌量が減少すると、髪の毛の成長に以前よりも時間がかかるようになります。
くわえて、エストロゲンの減少によって、頭皮の修復にも時間がかかるため、紫外線やドライヤーの熱でダメージを受けている場合は、抜け毛の増加につながるため注意が必要です。

更年期に薄毛の症状が現れやすい女性の方の5つの特徴

若いときから髪の毛や身体にとってよくない習慣を続けていた場合、更年期に薄毛の症状が現れやすい体質になっている可能性があります。
更年期に薄毛の症状が現れやすい女性の方の5つの特徴をまとめたので、思いあたる習慣があるかどうかを確認してみてください。

特徴①ブリーチ剤や市販のヘアカラー剤を使用したことがある

髪の色を脱色するためのブリーチ剤や、ヘアカラー剤は、髪の毛を保護しているキューティクルや、髪の毛の内部にまでダメージを与えます。
髪の毛がダメージを受けると、髪の毛が細くなるだけではなく、髪の毛のコシやハリもなくなることから、結果として髪全体のボリュームが減ってしまいます。

また、髪の毛を脱色したり簡単に染めたりするために、刺激が強い成分が含まれているという点も、ブリーチ剤や市販のヘアカラー剤を使用した場合のデメリットです。
そのため、ブリーチ剤や市販のヘアカラー剤が頭皮についてしまうと、頭皮がダメージを受けて髪の毛の成長に悪影響が現れ、薄毛につながる可能性があります。

特徴②無理なダイエットを行ったことがある

過度な食事制限を行うような無理なダイエットを行ったことがあるという方も、更年期に薄毛の症状が現れる可能性があります。
なぜなら、食事を極端に制限すると、髪の毛が成長するために必要な、タンパク質やミネラルといった栄養素が不足してしまうためです。

その結果、本来必要な栄養素が髪の毛まで届かなくなり、薄毛につながる可能性があるというわけです。

【関連記事】
過度なダイエットで薄毛になる?適切なダイエット方法も紹介

特徴③髪の毛を洗わない日がある

頭皮は、身体のなかでも皮脂の分泌がさかんな場所の1つです。
そのため、髪の毛を洗わない日があると、皮脂やフケが毛穴につまることで、髪の毛の成長が妨げられてしまうおそれがあります。

さらに、髪の毛を洗わないことで皮脂の分泌量が増えると、頭皮に存在している常在菌が繁殖する可能性が高まります。
頭皮の常在菌が繁殖することで頭皮にかゆみや炎症が生じ、頭皮の環境が悪化すると、髪の毛の成長に悪影響となり、薄毛につながるため注意が必要です。

特徴④アルコールを過剰に飲んでいる

アルコールには血管を拡張して血液の流れをよくするという作用があるため、適量のアルコールの摂取であればあまり問題はありません。

しかし、アルコールを過剰に摂取すると、薄毛につながる可能性が高まります。
なぜなら、髪の毛の成長に必要なアミノ酸や亜鉛、ビタミンBが、アルコールの分解過程で生成されるアセトアルデヒドを無害化することで消費されるためです。

特徴⑤日常的に喫煙している

タバコを吸うと、タバコに含まれているニコチンが自律神経のバランスを崩して、血管を収縮させます。
血管が収縮すると血液の流れが悪くなることから、髪の毛の成長に必要な栄養素が届きにくくなるため、髪の毛の成長が妨げられます。

さらに、ニコチンには、髪の毛の成長に必要なビタミンCを破壊する作用があるため、日常的に喫煙している場合は、薄毛の症状が現れるリスクが高まるというわけです。

更年期による薄毛を対策するために日常生活でできること

更年期による薄毛の発症を対策するためにも、髪の毛の成長を促進することや、心身の健康を保つことを常日頃から行うとよいでしょう。
更年期による薄毛の対策をするために普段からできることをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

【更年期による薄毛の対策をするために日常生活でできること】

  • 生活習慣を改善する
  • 適切な方法でシャンプーを行う
  • ストレスを発散する

生活習慣を改善するためには、栄養バランスのとれた食事と適度な運動、そして質のよい睡眠を心がけましょう。

栄養バランスのとれた食事から髪の毛に必要な栄養素を摂取し、適度な運動を行うと、血液の流れがよくなるため、髪の毛の成長に必要な栄養素を髪の毛に届けられます。
さらに、髪の毛の成長を促す成長ホルモンの分泌は、睡眠の質と睡眠時間の影響が大きいため、6~7時間程度の時間を確保したうえで、質のよい睡眠をとることが大切です。

くわえて、適切な方法でシャンプーを行えていない場合、毛穴がつまることで薄毛につながる可能性があります。
シャンプーを手のひらで泡立てたうえで、頭皮をマッサージするようにやさしく洗いましょう。

また、ストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れることで血管が収縮してしまいます。
髪の毛の成長や質にも悪影響をもたらすため、旅行や読書といった気分転換や、親しい友人や家族とのコミュニケーションなどで、ストレスを発散することをおすすめします。

更年期による薄毛の症状が疑われる際の治療法

更年期による薄毛の症状が疑われる場合は、薄毛治療クリニックに相談して、適切なタイミングで治療を行うことが望ましいです。
女性の方が薄毛を発症する原因は更年期以外にも存在するうえに、原因によって適切な治療は異なるためです。

薄毛の治療法のなかでも、当院で行っている主な治療法を以下で紹介します。

【当院で行っている薄毛の主な治療法】

  • パントガールを服用する
  • ミノキシジルを使用する
  • 発毛メソセラピーを行う
  • 自毛植毛を行う

パントガール」は、女性向けの内服薬であり、服用することで薄毛や抜け毛を改善する効果が期待できます。
一方で、「ミノキシジル」は、発毛と脱毛を抑制する効果が期待できる外用薬です。

そして、発毛メソセラピーでは、特殊な電圧を使用して毛穴を広げることで、有効成分を直接頭皮の奥まで投薬します。
発毛メソセラピーは内服薬の服用と併用しながら、月に1~2回程度のペースで継続的に行うことで、髪の毛が育ちやすい頭皮の環境を整えます。

最後に、「自毛植毛」は、患者様ご自身の後頭部あるいは側頭部の髪の毛を、薄毛の部分に移植する治療法です。
もともと患者様ご自身に生えていた髪の毛を移植することから、自然な仕上がりになるだけではなく、拒絶反応も起こりにくいため安心して治療を受けられます。

更年期による薄毛の症状が現れた場合は薄毛治療クリニックに相談することが大切

いかがでしたでしょうか?

更年期とは、閉経前後の各5年間を合わせた、10年間のことです。
そして、個人差はあるものの、更年期の女性の方と薄毛には関係性があります。

更年期に、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少すると、ヘアサイクルの乱れや新陳代謝の低下が発生するため、薄毛につながります。

更年期による薄毛の発症を対策するためにも、生活習慣を改善することや適切な方法でシャンプーを行うことを心がけましょう。

ただし、更年期による薄毛の症状が疑われる場合は、薄毛治療クリニックに相談することが望ましいです。
親和クリニックforレディースでは、丁寧なカウンセリングを行い、適切な治療法をご提案いたします。
薄毛にお悩みの方はぜひ無料カウンセリングまでお越しください。
また、当院ではヘアライン矯正のご相談も受けて付けております。
女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

タイトルとURLをコピーしました