過度なダイエットで薄毛になる?適切なダイエット方法も紹介

「きれいになりたい!」という気持ちから、ダイエットに力を入れている女性の方も多いのではないでしょうか。
しかし、過度なダイエットを行ってしまうと、薄毛につながってしまう可能性もあるため注意が必要です。

今回は、過度なダイエットと薄毛の関係性や、薄毛になるリスクを抑えつつ効果が期待できる健康的なダイエット方法を紹介します。
健康的に痩せながら、薄毛にならないように気をつけたいとお考えの方はご一読ください。

過度なダイエットが薄毛につながる理由

少しでも早く痩せたいと考えた際に、過度な食事制限によるダイエットを行ってしまうという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、過度な方法でダイエットを行った場合、生理不順や不妊といった健康上の問題につながるだけではなく、薄毛につながってしまうおそれもあるのです。

そこでここからは、過度なダイエットが薄毛につながる2つの理由を解説します。

理由①栄養素が髪の毛まで届かないため

本来必要な栄養素が髪の毛まで届かないことは、過度なダイエットが薄毛につながる理由の1つです。
なぜなら、過度な食事制限によるダイエットを行うと、摂取できる栄養素が減ってしまうためです。

身体に取り込まれた栄養素は血液が流れることによって、全身に運ばれます。
栄養素が心臓や肺などの、生命活動の維持にかかわる臓器に最初に届けられるため、髪の毛や爪などの生命活動の維持にはかかわりが少ない部分には、最後に届きます。

食事を極端に制限すると、摂取できる栄養素が減ってしまうことから、本来必要な栄養素が髪の毛まで届かずに、薄毛につながる可能性があるというわけです。

また、髪の毛の主な成分であるタンパク質が不足した場合、髪の毛の生成や成長にも悪影響をもたらすため、十分な量の髪の毛が生えにくくなり、薄毛が進行するおそれがあります。

【関連記事】
プロテインを飲むことで薄毛が改善されるというのは本当?

理由②ストレスで血液の流れが悪くなるため

過度なダイエットが薄毛につながる理由として、ストレスで血液の流れが悪くなることも考えられます。
なぜなら、痩せるために食事を極端に制限することで、好きなものや食欲を我慢すると、ストレスが溜まってしまうことがあるためです。

ストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れて、血管が収縮してしまいます。
血管が収縮すると血液の流れが悪くなることから、髪の毛に必要な栄養素が届かなくなり、薄毛を引き起こす可能性があります。

薄毛の防止にもつながるダイエットを行うための5つのポイント

薄毛を引き起こさないためにも、ダイエットは健康的な方法で行うことが望ましいです。
ここからは、薄毛の防止にもつながる、健康的な5つのダイエット方法を紹介します。

ポイント①栄養バランスのとれた食事を心がける

髪の毛は、タンパク質やミネラルなどの栄養素をもとに体内で作られます。
そのため、ダイエット中であっても、タンパク質を多く含んでいる鶏むね肉や、ミネラルを多く含んでいるわかめなどを中心に摂取することを心がけましょう。

特に、タンパク質は、健康的な身体づくりのためにも、髪の毛を生成するためにも欠かせない栄養素です。

ほかにも、ほうれん草やかぼちゃ、にんじんなどの緑黄色野菜や、豆腐や味噌なども積極的に摂取することをおすすめします。
なぜなら、タンパク質の吸収を高めるためにはビタミンが、抜け毛を防ぐためには大豆イソフラボンがそれぞれ必要だとされているためです。

ダイエットによる食事制限で、毎日の食事で必要な栄養素が不足してしまう場合は、サプリメントで栄養素を補うこともよいでしょう。
ただし、サプリメントはあくまでも補助的なものであるため、基本的には、普段の食生活で栄養バランスのとれた食事を心がけることが重要です。

【関連記事】
女性の薄毛対策におすすめの食べ物や飲み物について紹介

ポイント②適度に運動する

ダイエット中は、食事で摂取したカロリーを消費するためにも、適度に運動することが大切です。

さらに、適度に運動することによって、薄毛を引き起こす原因と考えられるストレスを軽減する効果も期待できます。
理由としては、身体を動かすことによって、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促進して、ストレスを軽減すると考えられているためです。

最初は、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使うことや、歩ける範囲であれば車を使わずに歩くことなど、日常の生活に軽い運動を取り入れる方法がおすすめです。

また、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動を習慣化することもよいでしょう。
有酸素運動は、酸素によって脂肪や糖質をエネルギーに変えながら運動を行えるため、脂肪燃焼の効果が期待できます。

適度に運動すると血液の流れもよくなることから、髪の毛や頭皮に必要な栄養素がきちんと届くため、薄毛の防止にも効果があるといえます。

ポイント③質のよい睡眠をとる

十分な睡眠を取ることでも、カロリーは消費されます。
大人が6~8時間程度の十分な睡眠を取った場合、約300キロカロリーが消費されるといわれており、これは約40分間のランニングに相当します。

さらに、髪の毛の成長を促すといわれる成長ホルモンは、深い眠りであるノンレム睡眠の最中に多く分泌されるため、薄毛を予防するためにも質のよい睡眠をとることが大切です。
質のよい睡眠を取るためには、寝心地のよい寝具を用意することや、寝る前のスマートフォンの使用を控えることなどがおすすめです。

ダイエットのためだけではなく、健康な髪の毛を育てるためにも質のよい睡眠を取れるような環境を整えると、薄毛の予防にも効果が期待できるでしょう。

ポイント④チートデイを定期的に設ける

ダイエットには停滞期という体重が減りづらくなる時期があることから、チートデイという好きなものを食べてよい日を設けることで、効率よく痩せられるといわれています。

また、ダイエット中は、好きなものや食欲を我慢してしまうことにより、ストレスが溜まっているかもしれません。
ストレスが溜まると、血液の流れが悪くなってしまい、髪の毛の生成や成長に悪影響をもたらす可能性があります。

そこで、チートデイを定期的に設けることで、ダイエットの停滞期を突破できるだけではなく、我慢によるストレスも緩和できて、薄毛の防止にもつながるでしょう。

ポイント⑤時間をかけてダイエットする

短期間での過度なダイエットは身体に負担をかけてしまうため、太りやすい体質になる危険性があります。
なぜなら、過度な食事制限によるダイエットは、水分が減ることで一時的に体重が減るものの、脂肪は燃焼されないままであることが多く、結果的にリバウンドしてしまうからです。

さらに、短期間でダイエットを行うと、成長途中の髪の毛が抜けやすくなることや、髪の毛が細くなることが発生し、薄毛につながる可能性も高まってしまいます。

健康的な身体づくりと薄毛の防止のためにも、少なくとも半年から1年程度の時間をかけてダイエットを行うことが理想的です。

ダイエット中の生活で薄毛を防止するためにできること

ダイエット中に栄養バランスのとれた食事を心がけたとしても、血液の流れが悪いと、髪の毛や頭皮に必要な栄養素が届かずに、薄毛につながってしまう可能性があります。

そのような問題を解決するためには、ダイエット期間中に頭皮マッサージを行うことがおすすめです。
なぜなら、頭皮マッサージを行うと頭皮の血液の流れがよくなり、髪の毛や頭皮に必要な栄養素が届くようになることから、薄毛の防止に効果が期待できるためです。

頭皮マッサージは、シャンプーの際に少し頭皮を揉み込むように指圧して行うとよいでしょう。

過度なダイエットによって薄毛の症状が疑われる場合の対処方法

過度なダイエットを行ってしまったことによって、薄毛の症状が疑われる場合には、薄毛治療クリニックにできるだけ早く相談することをおすすめします。
理由としては、薄毛の症状は専門的な知識がなければ、適切な治療を行うことが難しいからです。

適切なタイミングで治療を行うことで薄毛の改善や対策ができるため、少しでも薄毛の症状が気になる場合は不安を抱え込まずに相談してみましょう。

過度なダイエットは薄毛につながる可能性もあるため健康的な方法で痩せることを目指そう

いかがでしたでしょうか?

過度な食事制限によるダイエットを行うと、摂取できる栄養素が減ることから、髪の毛まで栄養素が届かずに薄毛につながる可能性があります。
食欲の我慢によるストレスで血管が収縮してしまい、血液の流れが悪くなるため、薄毛につながるともいわれています。

薄毛を防止するためにも、ダイエットは健康的な方法で行うことが望ましいです。
食事と運動、睡眠のバランスがとれた規則正しい生活を送ることが、ダイエットだけではなく、薄毛の防止にも効果が期待できます。

もし、薄毛の症状が疑われる場合は、親和クリニックforレディースにご相談ください。
丁寧なカウンセリングを行い、適切な治療方法をご提案いたします。
女性の自毛植毛なら親和クリニックforレディースまで

また、当院ではヘアライン矯正のご相談も受けて付けております。

タイトルとURLをコピーしました